【新型車両情報】東急電鉄 田園都市線に新型車両2020系を2018年春より3編成導入発表!

  • 2017.03.17 Friday
  • 20:33

皆様こんばんは(^^)

本日は鉄道実車ネタになります。地元横浜でお世話になっている東急電鉄田園都市線に

2020系新型通勤車両を2018年より30両(3編成)導入する旨公式HPにて発表されました。

地元民としては突然の発表で驚きと嬉しい限りです。

私も田園都市線は年に何度か利用しています。(殆ど都内へは東横線です)

現在の5000系以来の新型車両導入は興味が湧きます。

以下 東急電鉄HPプレスリリースより引用〜

 

 

当社は2018年春、田園都市線に新型車両「2020系」(以下、本車両)を導入します。

本車両 は、2020年の東京オリンピック、さらに2022年の当社創業100周年に向けて、

田園都市線に より親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすることを目的に命名し、

導入するもの です。2018年春に30両(10両×3編成)、以降も順次導入を予定しています。 

 

 

 

 

新型車両「2020系」の概要 ■導入時期 2018年春 ■導入車両数 30両(10両×3編成)

(以降、順次導入予定) ■新型車両コンセプト 当社は多摩田園都市をはじめとした「街づくり」

を起源とし、沿線のお客さまへ「美しい生活環境」 を提供することを目指してきました。

今般、製作する新型車両は、ご利用されるお客さまのさらなる 安全性と快適性を追求します。

また、「沿線の街や駅との調和」や「美しい生活環境」といったキー ワードを大切にしながら、

沿線のお客さまに親しみをもっていただくとともに、これまでにない新し さを感じて

いただけるような外観、車内空間としました。 ■主な特徴 _適性の向上 ・

当社初となる空気清浄機「ナノイー(※1)」の設置と、冷房および暖房機能の向上により、

車 内環境を改善 ・座席はハイバック仕様を採用し、座り心地を改善 ・ドア上や座席上等に

液晶ディスプレイを配置し、多言語案内の充実化を図るとともに、ニュース や天気予報など

充実した情報サービスを提供(1両あたり36台(※2)) ・荷棚の高さを低い位置へ変更し、

荷物の積み下ろしをしやすい形状に変更 ・フリースペースを全車両に設置し、

車椅子やベビーカーをご利用のお客さまに配慮 環境性の向上 ・

低騒音型の主電動機や駆動装置を採用し、沿線環境および車内空間の騒音を低減(

旧型車両(※ 3)の車外騒音と比較して約10dB) ・次世代半導体素子を用いた

制御装置による主電動機の高効率駆動や、車内の全照明と前照灯・ 尾灯へのLED灯の採用

により、使用電力を削減(旧型車両(※3)と比較して約50%) 0汰汗の向上 ・

機器の状態監視が常時可能な大容量情報管理装置の採用により、車両故障の未然防止を図り、

運 行のさらなる安定化を実現 ・踏面ブレーキとディスクブレーキの併用によるブレーキ性能の向上 ・

車内防犯カメラ設置により、車内犯罪行為を未然に防止 ※イベント企画、営業開始日、

車両の製作状況などについては、順次、お知らせします。 ※1 「ナノイー」は

パナソニック株式会社の商標登録です ※2 中間車両を基準としています

※3 8500系と比較しています

車内には、空気清浄機を当社として初めて設置し、座席はハイバック仕様を採用することによって

車内 の快適性向上を図ります。また、デジタルサイネージをドア上と連結部、さらに座席上には

3連で配置し、 多言語案内の充実化を図るとともに、ニュースや天気予報など充実した情報

サービスを提供します。安全 面では、車両機器を常に監視できる大容量情報管理装置を採用することで、

車両故障の未然防止を図り、 運行のさらなる安定化を実現するほか、防犯カメラを設置し、

車内のセキュリティを向上させます。さら に環境面では、騒音や使用電力を低減することで、

沿線環境に優しい車両を目指します。 本車両は、当社が展開する沿線の商業施設などの

デザインを手掛ける株式会社丹青社がデザインを監修 し、沿線の駅や街との親和性を高めます。

沿線のお客さまに親しみと、これまでにない新しさを感じてい ただくことを目指し、

エクステリアは、コンセプトカラー「INCUBATION WHITE」(

美し い時代へ孵化していく色)を使用し、車両の先頭形状はまるみを帯びたやわからみのある顔を

イメージし ています。さらに、インテリアは、沿線の風景をイメージした座席や照明も含めた

室内全体のカラーコー ディネートにこだわり、親しみやすさと心地良さを感じていただけるような

デザインとしました。 田園都市線は、1966年4月の溝の口〜長津田間が開通し、

本年度で開業50周年を迎えました。開 通以来、1979年に地下鉄半蔵門線との

相互直通運転開始、2003年の東武伊勢崎線、日光線との相 互直通運転開始など

鉄道ネットワークの拡充により、利便性の向上を図ってきました。

当社は、今後もいつでもどこでも安全で安心・快適な移動ができる

「いい電車」を実現し、魅力ある沿 線を目指します。

 

 

 

 

 

個人的には良い試みだと思います。

田園都市線の特に朝・夕の通勤ラッシュは慢性化しており、新型車両導入で少しでも

沿線イメージの向上を狙いたい東急電鉄側の意向もあったと思います。

田園都市線は一番混雑区間が地下区間で団子運転が問題であり、また、渋谷駅は

1面2線というメトロ仕様なので遅延が慢性的になっています。

東急電鉄としては大井町線の鷺沼延伸運転や東横線への振替という手段をとって

いますが根本的には解決に至っていません。

少子高齢化から混雑率は減少すると思われますが依然沿線は高い人気があり、

すぐには混雑緩和には繋がらないと思われます。

空気清浄機付き空調や新型シートの採用などで通勤時の評価を上げる試みだと

思います。

桜の咲くころ新型車両に乗車してみたいですね〜(^−^)

 

本日はココまで〜

では〜                またまた〜         (^^)v

 

 

 

コメント
東横線にも新車欲しいですね〜

後は、東横線の10両化です\(^o^)/
  • 大佐
  • 2017/03/18 1:03 AM
大佐さん こんばんは(^^)

東横線にも新車欲しいですね〜

もしかしたら、相鉄直通運転時に

導入かも知れませんね(^^)
  • くさたん
  • 2017/03/19 7:44 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

日本ブログ村鉄道模型カテゴリーランキング

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

現在の時刻

鉄道コム

鉄道コム
アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【速報】JR東日本「さようなら189系M50編成富士急行線・中央線ラストラン」いよいよ豊田区の189系が引退に!
    のぶ (11/23)
  • 【速報】JR東日本「さようなら189系M50編成富士急行線・中央線ラストラン」いよいよ豊田区の189系が引退に!
    くさたん (11/22)
  • 【速報】JR東日本「さようなら189系M50編成富士急行線・中央線ラストラン」いよいよ豊田区の189系が引退に!
    くさたん (11/22)
  • 【速報】JR東日本「さようなら189系M50編成富士急行線・中央線ラストラン」いよいよ豊田区の189系が引退に!
    横濱模型 (11/22)
  • 【速報】JR東日本「さようなら189系M50編成富士急行線・中央線ラストラン」いよいよ豊田区の189系が引退に!
    大佐 (11/22)
  • 【西武鉄道】西武40000系による西武新宿〜拝島間座席指定列車「拝島ライナー」を2018年春より運転開始!
    くさたん (11/22)
  • 【西武鉄道】西武40000系による西武新宿〜拝島間座席指定列車「拝島ライナー」を2018年春より運転開始!
    くさたん (11/22)
  • 【西武鉄道】西武40000系による西武新宿〜拝島間座席指定列車「拝島ライナー」を2018年春より運転開始!
    のぶ (11/21)
  • 【西武鉄道】西武40000系による西武新宿〜拝島間座席指定列車「拝島ライナー」を2018年春より運転開始!
    大佐 (11/21)
  • 【西武鉄道】西武40000系による西武新宿〜拝島間座席指定列車「拝島ライナー」を2018年春より運転開始!
    のぶ (11/21)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM