【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2021年1月〜3月新製品情報更新117-7000系電車(WEST EXPRESS 銀河)セット製品化決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2020.09.10 Thursday
  • 16:33

皆様こんばんは(^^)

本日は久々に曇り空でやや過ごしやすくなりました@横浜です。

TOMIXさんより2021年1月〜3月期発売予定品案内がリリースされましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

2021年3月予定
 新製品
 ●98714 117-7000系電車(WEST EXPRESS 銀河)セット(6両) 27,200円+税
 ●97928 <特企>九州新幹線800-1000系

(JR九州 WAKU WAKU ADVENTURE 新幹線)セット(6両) 30,000円+税

2021年1月予定
 新製品
 ●98088 キハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セット(2両) 9,800円+税
 ●2243 DE10-1000形(暖地型) 7,500円+税
 ●2244 DE10-1000形(暖地型・JR貨物新更新車) 7,800円+税

2021年2月予定
 新製品
 ●98405 キハ185系特急ディーゼルカー(JR四国色)基本セット(4両) 16,700円+税
 ●98406 キハ185系特急ディーゼルカー(JR四国色)増結セット(2両) 6,600円+税
 ●98733 117-300系近郊電車(福知山色)セット(6両) 23,000円+税
 ●7145 EF81-400形(JR九州仕様) 7,500円+税
 ●98725 24系25形(あさかぜ・JR東日本仕様)基本セット(7両) 17,400円+税
 ●98726 24系25形(あさかぜ・JR東日本仕様)増結セット(8両) 15,000円+税
 ●98718 251系(スーパービュー踊り子・2次車・旧塗装)基本セット(6両) 27,900円+税
 ●98719 251系(スーパービュー踊り子・2次車・旧塗装)増結セット(4両) 17,000円+税
 ●97923 <特企>113-2000系(横須賀色・幕張車両センター114編成)セット(4両) 

15,600円+税
 ●98389 223-5000系・5000系(マリンライナー)セットE(5両) 20,700円+税
 ●98390 223-5000系・5000系(マリンライナー)セットF(6両) 22,700円+税
 ●98715 205系通勤電車(京阪神緩行線)セット(7両) 21,200円+税
 ●98090 キハ58系ディーゼルカー(盛岡色)セット(2両) 10,700円+税
 ●98416 キハ58系急行ディーゼルカー(陸中・盛岡色)セット(3両) 16,200円+税
 ●98089 キハ100形ディーゼルカー(試作車・登場時)セット(2両) 10,700円+税

★管理人より

今回発表の目玉??といえるにが117系7000番台(WEST EXPRESS 銀河)6両ですかね〜

東日本は251系旧塗装と113系マリ車ですが・・・今更感が_| ̄|○ il||li
24系金帯あさかぜよりふじぶさのリニューが先でしょう?
今回はKATOもTOMIXも何も買うモノは無いです。

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2021年1月〜3月新製品発表!C62東海道形リニューアルや飯田線ED19告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2020.09.04 Friday
  • 14:14

皆様こんにちは(^^)

本日は暑い日差しが眩しい@横浜です。

さてさて・・・KATOさんより恒例の新製品発表がありました。

 

2021年1月分
新製品
●10-1659 スハ44系 特急「はと」 7両基本セット 12,400円+税
●10-1660 スハ44系 特急「はと」 6両増結セット 10,000円+税
再生産
●3020-4 EF58 初期形大窓 茶 6,200円+税 (仕様変更)
 
2021年2月分
新製品
●2017-7 C62 東海道形 13,000円+税
 
2021年3月分
新製品
●2017-8 C62 2 東海道形 14,200円+税
 
2021年1月分
新製品
●3078-2 ED19(省形ヨロイ戸) 7,500円+税
●8067 タキ10600 明星セメント 2両入 2,200円+税
●8072 タキ25000 日本石油輸送 1,700円+税
●8072-1 タキ25000 日本陸運産業 1,600円+税
●10-1655 レーティッシュ鉄道 <ベルニナ急行(新ロゴ)>

基本セット(3両) 6,500円+税
●10-1656 レーティッシュ鉄道 <ベルニナ急行(新ロゴ)>

増結セット(4両) 9,000円+税
●5253 レーティッシュ鉄道 オープンパノラマ客車 B2097 1,700円+税
再生産
●10-1273 レーティッシュ鉄道 ABe8/12 <アレグラ> 3両セット 

14,800円+税 (仕様変更)
新製品
●3037-3 EH500 3次形 新塗装 10,200円+税
再生産
●3076-1 ED79 シングルアームパンタグラフ 7,000円+税
●5152-9 オリエント急行 プルマン4158 箱根ラリック美術館保存車 3,000円+税

★管理人より

う〜ん今回はオール着弾なしですね〜ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

今回のリリース発表はちょいと大衆向けというよりマニアック過ぎですね(泣)

ブルトレ世代やJR世代の琴線に触れる商材が無いです_| ̄|○ il||li

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2020年12月〜2021年1月新製品情報更新E235系1000番台横須賀・総武快速線キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 16:39

皆様こんばんは(^^)

TOMIXさんの2020年12月〜2021年1月新製品の発表がありました(*^_^*)

 

2020年12月予定
新製品
●98414 103系通勤電車(新製冷房車・カナリア)基本セット(4両) 16,800円+税
●98415 103系通勤電車(ユニットサッシ・カナリア)増結セット(3両) 8,300円+税
●98728 189系電車(田町車両センター)基本セット(6両) 22,200円+税
●98729 189系電車(田町車両センター)増結セット(4両) 13,000円+税


●98083 キハ26形ディーゼルカー(首都圏色・バス窓)セット(2両) 9,700円+税
●98084 キハ26形ディーゼルカー(首都圏色・一段窓)セット(2両) 9,700円+税
●9449 キハ26形(首都圏色・一段窓)(T) 3,600円+税
●9450 キハ26-400形(首都圏色) 3,600円+税
●7144 EF81-500形 7,700円+税
 
2021年1月予定
新製品
●98402 E235-1000系(横須賀・総武快速線)基本セットA(4両) 14,600円+税
●98403 E235-1000系(横須賀・総武快速線)基本セットB(4両) 15,800円+税
●98404 E235-1000系(横須賀・総武快速線)増結セット(7両) 17,400円+税
●98730 0系新幹線(大窓初期型・ひかり・博多開業時編成)基本セット(8両) 

22,800円+税
●98731 0系新幹線(大窓初期型・こだま)基本セット(8両) 22,400円+税
●98732 0系新幹線(大窓初期型)増結セット(8両) 20,000円+税
●97933 <特企>287系

(パンダくろしお・Smaileアドベンチャートレイン・新ロゴ)セット(6両) 24,200円+税
●98085 キハ40-2000形ディーゼルカー(姫新線)セット(2両) 12,000円+税
●98086 キハ47-0形ディーゼルカー(姫新線)セット(2両) 10,500円+税
●98409 E233-5000系電車(京葉線)基本セット(4両) 15,400円+税
●98410 E233-5000系電車(京葉線)増結セット(6両) 14,800円+税
●98411 E233-6000系電車(横浜線)基本セット(4両) 15,400円+税
●98412 E233-6000系電車(横浜線)増結セット(4両) 10,200円+税


●98407 485系特急電車(はくたか)基本セット(4両) 17,800円+税
●98408 485系特急電車(はくたか)増結セット(4両) 13,000円+税
●8603 仙台臨海鉄道SD55形(105号機) 7,200円+税
●98727 12系客車(シュプール大山号用)セット(6両) 13,600円+税
再生産
●2773 シキ1000形 1,700円+税
●8710 タキ1000形(日本石油輸送・テールライト付) 2,800円+税
●8711 タキ1000形(日本石油輸送) 1,800円+税
●8712 タキ1000形(日本石油輸送・米タン) 1,800円+税
●8713 タキ1000形(日本石油輸送・ENEOS) 1,800円+税

★管理人より

E235系1000番台横須賀線色早くも製品化発表来ましたね〜!〜♪

しかし実車の方がまだ運用に入っていないのと今後もしかしたら実車の仕様変更も

あり得ますのでKATOさんの発表も待ちたいと思います。

189系田町車ですがこの編成で修学旅行へ行った世代が30代くらいでしょうか?

個人的には団臨専用というイメージなので触手が動かないですね〜_| ̄|○ il||li

ジモ電E233系6000番台横浜線ですがE235系に置き換えが決定しておりますので

今回はスルー致します。

今回TOMIXさんは様子見という感じでしょうか?

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2021年春新製品発表!E257系2000番台「踊り子」とE261系「サフィール踊り子」告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2020.08.07 Friday
  • 16:25

皆様こんばんは(^^)

本日は猛暑の中マイナンバーカードを受け取りに役所へしかし三密_| ̄|○ il||li

イマドキやはり個人情報だからでしょうがわざわざ役所に行ってコロナじゃ

しゃれにならないです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

さてさて・・・KATOさんよりなんと( ゚д゚)ハッ!

2021年春の新製品予告が発表になりましたヽ(=´▽`=)ノ

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

発売予定品情報
2021年春
 
企画進行中!
 
New
■E257系2000番台「踊り子」
●品番未定 価格未定
・転用改造され「踊り子」へ投入されたE257系2000番台を製品化
・ライト類が変更された前面、特徴的なカラーリングを的確に再現
・機器更新・ブレーキ抵抗器撤去の姿を新規作製
JR東日本商品化許諾済
 
New
■E261系「サフィール踊り子」
●品番未定 価格未定
・美しい伊豆の海と空をイメージした観光特急列車「サフィール踊り子」を製品化
・特徴的な先頭形状、開放感のある天窓、光沢感のある美しい塗装やグラデーション帯を、的確に再現
・食堂車の特徴的なテーブルランプ・壁面下部照明をリアルに点灯
JR東日本商品化許諾済

〜引用ここまで〜

管理人より

きぃぃぃ地元キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

E257系2000番台とE261系同時攻撃とは!!(≧∇≦)b見事被弾しました(笑)

当然両方とも予約確定です!

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2020年12月新製品発表!EF81北斗星色と24系北斗星DX編成リニューアル告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2020.07.31 Friday
  • 12:07

皆様こんにちは(^^)

7月もいよいよ本日最終日〜♪油断していたら_| ̄|○ il||li

KATOさまより12月の御触れが発令されました(≧∇≦)b

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

新製品 N-GAUGE
12月期発売
●10-1647 東武鉄道8000系(更新車) 4両基本セット 17,000円+税
●10-1648 東武鉄道8000系(更新車) 4両増結セット 12,200円+税
●10-1649 東武鉄道8000系(更新車) 先頭車2両増結セット 7,000円+税
東武鉄道商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●東武鉄道で一大勢力を誇った、東武8000系の更新車を製品化いたします。
8000系はそれまで同路線で運用されていた通勤電車のサービス向上を目的として

登場した車両です。昭和38〜58年(1963〜1983)にかけて私鉄では最多となる

計712両が製造された車両で、製造年次による形態差に加え、後年の冷房改造・

修繕工事を経て数多くのバリエーションが存在します。非電化路線・貨物線を除く

東武線の全線にわたり2・4・6・8両固定編成を組み合わせた2〜10両編成の多彩な

編成での活躍が見られました。現在も一部の路線で活躍が続いています。
 
◆東武鉄道の中でも人気の高い8000系が登場です。
東武本線(伊勢崎線)系統の編成をお楽しみいただけるほか、

ホビーセンターカトー扱いで同時発売予定の28242-1 東武鉄道8000系

グレードアップシール1(更新車・幕式表示)を用いることで、車番を変えて

東上線や野田線で見られた編成を再現可能です。
 
■製品特長
(1)平成20年(2008)前後の、南栗橋車両管区春日部支所所属の2次車

(修繕工事施工車)がプロトタイプ。平成7年度(1995)前後に修繕工事が

施工されたグループで、原形とは大きく異なる前面スタイルが特徴。

旧来の社紋入りの平成20年(2008)前後の姿で製品化。
(2)修繕工事が施工された2次車の特徴を再現。
  →側窓Rなし、FS356/FS056形台車装備、C-2000形コンプレッサー装備

(8639はHB-2000CA形)、冷房改造車、更新顔(シールドビーム前照灯・幕表示)、

スカート付、乗務員扉下部の手掛けあり、屋根上通風器あり
(3)ジャスミンホワイトにロイヤルブルーとリフレッシュブルーの帯を巻いた外観を美しく表現。
(4)8400形、8600形は前面ホロ取付済。
(5)8100形前面のジャンパ栓、ホースは別パーツで再現。
(6)各セットの組み合わせで4〜10両の編成パターンが再現可能。
(7)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能。
(8)先頭車は各車両ともヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。

ヘッドライトは電球色、前面表示は白色に点灯。
(9)カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密自連形カプラー採用。
(10)基本セットは10両ブックケース入。4両増結セット、

先頭車2両増結セットの車両を収納可能。
(11)行先表示、前面表示を収録したシールを付属。
(12)別売の28242-1 東武鉄道8000系

グレードアップシール1(更新車・幕式表示)を用いることで、

車番を変えて東上線や野田線で見られた編成を再現可能。
(13)DCCフレンドリー。

 
■東武鉄道8000系(更新車) セット構成
 ←浅草・池袋・柏  新栃木・伊勢崎・小川町・大宮・船橋→
 ・4両基本セット
  8144 + 8244-M-P + 8344 + 8444
 ・4両増結セット
  8147 + 8247P + 8347 + 8447
 ・2両増結セット
  8539P + 8639

 

 

 

 

新製品 N-GAUGE
12月期発売
●3066-8 EF81 北斗星色 7,500円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●リニューアルEF81のバリエーション展開として、現在も人気の高い

北斗星色を製品化いたします。
EF81は3種類の電化区間を通し運転可能な電気機関車として昭和43年(1968)

以降に新製され、日本海縦貫線、常磐線、関門地区などで活躍しました。

昭和63年(1988)には寝台特急「北斗星」運転開始に伴い上野〜青森間の牽引機に抜擢、

同年10月には「北斗星」のさらなるイメージアップとして特急運用機は

赤2号に銀の流れ星が入った塗色になり、EF510と交代する平成22年(2010)

夏まで「北斗星」牽引機として活躍しました。現在も一部が残存し

「カシオペアクルーズ」牽引などに使用されるなど、EF81シリーズとしては欠かせない存在です。
 
◆24系「北斗星」DX編成の牽引機の他、カシオペアクルーズや常磐線で

見られたコンテナ列車との牽引機としておすすめです。
 
■製品特長
(1)製品は平成12〜21年(2000〜2009)の車両がプロトタイプ。
(2)赤2号のボディ(側窓を含む)に流れ星マークの付いた外観を美しく再現。
(3)縦長の電暖表示灯、屋根上の常磐無線アンテナ撤去跡も忠実に再現。
(4)碍子の色は緑色で再現。
(5)フライホイール搭載動力ユニットで、安定したパワフルな牽引力を発揮。
(6)アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラーが付属。
(7)ヘッドライト点灯。ライトユニットのLEDは電球色を採用。
(8)車体各部のHゴムは黒色で再現。
(9)選択式メーカーズプレート:「日立」「三菱電機+三菱重工」
(10)クイックマーク対応。「北斗星」「エルム」のヘッドマークを付属。
(11)選択式ナンバープレート:「86」「93」「96」「98」。

 

新製品 N-GAUGE
12月期発売
●7008-F DD51 後期耐寒形 北斗星 7,300円+税
JR北海道商品化許諾済 JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●北海道を走る寝台特急に欠かせない、DD51 後期 耐寒形 北斗星を製品化いたします。

DD51は国鉄動力近代化の旗手として旅客用C59、貨物用D51の各蒸気機関車に匹敵する、

性能を満たすディーゼル機関車として製作されました。

JR北海道に承継されたのち昭和63年(1988)の青函トンネル開業により

誕生した寝台特急「北斗星」のイメージを取り入れ、同年夏以降に

全機が青20号に金帯をまとった姿に塗色変更されました。

客車列車の縮小により徐々に廃車が進み、平成28年(2016)3月の

「カシオペア」通常運行終了に伴い最後の5両が引退しました。
 
◆外観をより実車に準じたディテールへとアップデートいたします。

既存製品とは異なる車番を設定しますので、既存製品をお持ちの方にもおすすめです。

同時再生産予定の10-831/832 24系寝台特急「北斗星」

<デラックス編成>の牽引機としてお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)複雑な外観を持つ実車のイメージをよく捉えた外観、良好な走行性能、

美しい塗装と車体表記、手すり・ランボード・エンドビームをはじめ、

JR列車無線アンテナなどの細部のディテールを再現。
(2)キャブの前面窓を実感的な形状に改良の上、

タブレットキャッチャーおよび同保護板を撤去後の姿を再現。
(3)JR北海道のブルートレイン牽引機(A寒地仕様)をプロトタイプに製品化。

スノープロウ・旋回窓・ホイッスルカバー装備、タブレットキャッチャー・

同保護板・縦雨樋はなしの実車どおりの形態を再現。
(4)特徴的な形状のヘッドマークステーを別パーツで再現。
(5)ヘッドマークは「北斗星」「カシオペア」付属。
(6)ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用。
(7)アーノルドカプラー標準搭載。交換用ナックルカプラーが付属。
(8)フライホイール搭載動力ユニットで、安定した走行と力強い牽引力を発揮。
(9)付属ナンバープレート:「1137」「1138」「1140」「1142」。
(10)ホビーセンターカトー扱いで、

重連運転に適した26-260-1 DD51動力台車(タイヤ無)を同時発売予定。
 

再生産品 N-GAUGE
12月期発売
●10-831 24系寝台特急「北斗星」<デラックス編成>6両基本セット 13,000円+税
●10-832 24系寝台特急「北斗星」<デラックス編成>6両増結セット 11,500円+税
JR北海道商品化許諾済 JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●24系寝台特急「北斗星」を再生産いたします。
昭和63年(1988)に本州と北海道を結ぶ青函トンネルの開通に合わせ、

上野-札幌間に寝台特急「北斗星」の運行が開始されました。豪華寝台特急の走りとして

デラックス指向のサービスが行なわれて好評を博しました。
本製品はJR北海道とJR東日本に所属する車両の混結編成で、

ロビーや個室B寝台などの1〜6号車がJR北海道車、食堂車(グランシャリオ)

と個室A寝台を中心とした7〜11号車・電源車がJR東日本車で構成された編成です。

平成27年(2015)3月で定期運行を終え臨時列車化され、同年8月まで運行されました。
 
◆同時発売予定の3066-8 EF81北斗星色と

7008-F DD51後期耐寒形北斗星が牽引機にお勧めです。

往年の名列車をリニューアルした機関車とともにお楽しみください。
 
■製品特長
(1)JR北海道所属車両とJR東日本所属車両で混成されている編成

(平成22年<2010>頃)をプロトタイプに模型化。
(2)個室寝台特有の窓配置や、種車の違いによる手すり位置の違い、

車体側面のエンブレムや様々な金帯パターンをリアルに再現。
(3)食堂車スシ24のランプシェードが美しく点灯(標準装備)。
(4)中間連結部はボディマウントカプラー標準装備。
(5)機関車連結面側はアーノルドカプラー標準装備。

交換用ナックルカプラー付属。中間連結部はボディマウントカプラー標準装備。
(6)収納は基本/増結セットともに7両ブックケース入。それぞれに機関車1台を収納可能。
(7)オハネフ25-2とカニ24-505の機関車連結面側はアーノルドカプラー装備

(ナックルカプラー付属)。
(8)オハネ25 2とカニ24 505はテールライト、トレインマーク点灯。
 
■24系寝台特急「北斗星」<デラックス編成> 編成例
 ←上野  (青森〜函館間逆編成)  札幌→
 牽引機 + 1号車 オハネフ25 2 B寝台 コンパートメント +

2号車 オハネ25 562 デュエット + 3号車 オハネ25 563 デュエット +

4号車 オハネ25 566 デュエット + 5号車 オハネ25 552 ソロ +

 6号車 スハネ25 503 ソロ ロビー + 7号車 スシ24 505 グランシャリオ 食堂車 + 

8号車 オロネ24 553 ツインDX A寝台 + 9号車 オロハネ25 502 ロイヤル ソロ +

 10号車 オロハネ24 553 ロイヤル デュエット + 11号車 オハネフ25 215 B寝台 開放式 + 

カニ24 505 電源車
 太字下線部:6両基本セット
 下線部:6両増結セット
 牽引機は、各区間ごとに下記の機関車が担当しています。
 上野-青森間 EF81 北斗星色/カシオペア色、EF510-500 北斗星色/カシオペア色、

青森-函館間 ED79、函館-札幌 DD51北斗星×2 が担当。
 

新製品 N-GAUGE
12月期発売
●10-1538 415系100番代(九州色) 4両基本セット 14,200円+税
●10-1539 415系100番代(九州色) 4両増結セット 9,900円+税
JR九州承認申請中
 
■商品紹介
●現在も九州で活躍中の415系100番代を製品化いたします。
九州地区の415系100番代は国鉄時代に新製されてからJR移行後の現在まで

普通/快速列車を中心に活躍を続けています。平成9年(1997)から

車両の延命工事が施工され、施工時期や編成により、側窓の固定化やロングシート化が

実施されました。大分車両センターに配置される100番代は、

現在は本州西端の下関から鹿児島本線の八代、日豊本線の佐伯までの広い地域で

活躍しており、最大8両編成で運転される姿が見られます。
 
◆現代に残る九州の国鉄形交直流電車415系100番代がNゲージに登場です。

現行の編成に見られる延命工事が行われた外観を再現しており、813系や787系、

883系、885系など九州地区で活躍する他の車両とともに運転をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)大分車両センター所属のFo122(4両基本セット)、Fo103(4両増結セット)編成がプロトタイプ。
(2)側面行先サボ枠・妻面キャンバス抑え撤去、屋根上ベンチレーター撤去、

パンタ下の側面ルーバーが閉塞された外観を再現。
(3)4両基本セットは原形の側窓、4両増結セットは一部側窓が固定窓化された形態の特徴を再現。
(4)クリーム10号の車体に青23号の帯が入った、九州の415系ならではの塗装を再現。
(5)クーラーは日立製のAU75BHを新規に製作。九州独特の色の濃いクーラーを再現。
(6)碍子の色は緑色で再現。
(7)車内のイスは青色のロングシートを再現。
(8)フライホイール付動力ユニット搭載で、安定した走行が可能。
(9)カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密連カプラー採用。

先頭部に取付可能な胴受が付属。
(10)各先頭車ともヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。
(11)前面表示は無地のものを取付済。交換用前面表示(無地)付属。
(12)行先表示シール付属。
(13)DCCフレンドリー。
(14)ホビーセンターカトー扱いで、

増結セットに組み込める28-243 415系九州色増結セット用動力装置を同時発売予定。
 
■415系100番代(九州色) セット構成
 ←直方・大分・佐伯・八代  下関・門司港→
 クハ411 222 + モハ414 122-M-P + モハ415 122 + クハ411 122 

+ クハ411 203 + モハ414 103P + モハ415 103 + クハ411 103
 太字下線部:4両基本セット
 下線部:4両増結セット

★管理人より

今回は久々に゚キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じですね〜♬

しかしながら全部北斗星は所有しておりますのでリニューアルがどの程度でしかも

Assyより購入した方が得策なのか?かなり悩ましい。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とりあえずよーく考えてから予約します(^^)

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2020年12月新製品情報更新185系湘南色や223系前面ホロ付などキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ

  • 2020.07.09 Thursday
  • 16:42

皆様こんばんは(^^)

今週はTOMIXさんより12月期の新製品製品化予定が発表になりましたヽ(=´▽`=)ノ

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

223-2000系 新快速 快速
  
 2020年12月発売予定
 ●98391 JR 223 2000系近郊電車(新快速)基本セット(4両) 14,600円+税
 ●98392 JR 223 2000系近郊電車増結セット(4両) 9,400円+税
 ●98393 JR 223 2000系近郊電車(快速・6両編成)セット(6両) 20,000円+税
 ●6220 車両ケース(8両用・20m級) 1,800円+税
 JR西日本商品化許諾申請中
  
 ◆実車ガイド
 ・223-2000系は1999年に登場したグループで東海道・山陽本線の新快速から

普通列車まで活躍しています
 ・同系は製造された時期により1次車から7次車まで製造され、1次車では側面窓が

スモークガラスでしたが、2次車以降はグリーンガラスに変更となりました
 ・編成は4・6・8両編成があり、最大12両編成で、様々な組み合わせで北陸本線の

敦賀から赤穂線の播州赤穂間の長距離運用を中心に活躍しています
 ・2011年よりJR西日本の車両では中間に連結される先頭車には

ヘッドライト点灯が行われるようになりました
 ・2015年より先頭車運転台側に転落防止幌が取り付けられました
 【文責:トミーテック】
  
 ◆ここがポイント
  POINT:1
   先頭車運転台側には専用の転落防止幌を新規製作で再現
   ・カーブレールC243通過時の3Dシミュレーション
  POINT:2
   281系はるかで採用した先頭車同士を連結した際に進行方向に関係なく

ヘッドライトが光る機能を223系に
   ・車内のスイッチで連結時のヘッドライト点灯を再現可能に
    ※ON/OFF機能は床下のスイッチで行います
  
 ◆製品化特徴
 ・クハ222・クモハ223の運転台側前面に転落防止幌のある姿を新規製作で再現
 ・転落防止幌は新規製作による別パーツで再現
 ・先頭車同士の連結時用として進行方向に関わらず点灯するヘッドライト点灯機能装備
 ・クハ222・クモハ223はスカート下部が延長された姿で再現
 ・妻面にビードの無い車両を再現
 ・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
 ・前面表示は<98391>には印刷済みパーツ「A 新快速 姫路」装着済み、

<98393>には印刷済みパーツ「A 快速 米原」装着済み、両セットには交換用パーツ付属
 ・車番は選択式で転写シート付属(<98392>増結セットを除く)
 ・先頭車の運転台側はTNカプラー装着済み
 ・フライホイール付動力、新集電システム、銀色車輪採用
 ・M-13モーター採用
 ・<98391>基本セットはウインド付紙箱吊り下げ式パッケージ採用

185系新塗装
  
 2020年12月発売予定
 HighGrade
 ●98395 JR 185 0系特急電車(踊り子・新塗装・強化型スカート)基本セットA(5両) 

19,100円+税
 ●98396 JR 185 0系特急電車(踊り子・新塗装・強化型スカート)基本セットB(5両) 

19,000円+税
 ●98397 JR 185 0系特急電車(踊り子・新塗装・強化型スカート)増結セット(5両) 

15,500円+税
 ●98398 JR 185 200系特急電車(踊り子・新塗装・強化型スカート)セット(7両) 

24,800円+税
 JR東日本商品化許諾申請中
  
 ◆実車ガイド
 ・185系は1981年に運用を開始した直流特急形電車です
 ・1999年頃から田町電車区所属の車両はリニューアル工事が行われ、

車体の塗装もホワイトをベースに湘南色のグリーンとオレンジをブロックパターンで

配した新塗装に変更され、2017年頃まで活躍しました
 ・2010年頃からはスカートが強化型に変更されました
 ・特急「踊り子」のほか通勤特急「おはようとちぎ」「ホームタウンとちぎ」

座席定員制列車「湘南ライナー」「おはようライナー」など汎用性を生かして

様々な列車に運用されました
 【文責:トミーテック】
  
 ◆ここがポイント
  POINT:1
   153・117系で採用したATS車上子を185系でも採用、より床下が実感的になります
  POINT:2
   付属のトレインマークは0番代と200番代で異なる内容を収録予定
   ・0番代…湘南ライナー・普通・おはようライナー・特急あかぎ
   ・200番代…湘南ライナー・普通・おはようとちぎ・ホームタウンとちぎ
  
 ◆製品化特徴
 <98395・98396・98398共通>
 ・ハイグレード(HG)仕様
 ・ATS車上子は別パーツで付属
 ・スカートは強化型の姿を再現
 ・車番は選択式で転写シート付属、運行番号部は運用番号シール付属
 ・JRマーク・グリーンカーマークは印刷済み
 ・ヘッド・テールライト、トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
 ・ヘッド・テールライト、トレインマークは白色LEDによる点灯
 ・ヘッドライトはカラープリズムの採用により電球色に近い色で点灯
 ・トレインマークは印刷済みで、イラストの「踊り子」装着
 ・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
 ・M-13モーター採用
 ・TNカプラー(SP)標準装備
  
 <98395><98396>について
 ・パンタグラフはPS16を装着
 ・サロはトイレ窓のない姿を再現
 ・付属のトレインマークはイラストの「湘南ライナー」「特急あかぎ」、文字の

「おはようライナー」「普通」付属(<98397>増結セットを除く)
 ・<98395・98397>で10両編成、<98396>で5両編成が再現できます
  
 <98397>について
 ・ハイグレード(HG)仕様
 ・パンタグラフはPS16を装着
 ・サロはトイレ窓のない姿を再現
 ・JRマーク・グリーンカーマークは印刷済み
 ・TNカプラー(SP)標準装備
  
 <98398>について
 ・パンタグラフはPS24を装着
 ・クハは前面のタイフォン部分にカバーが付いている姿を再現
 ・サロはトイレ窓がある200番代特有の姿を再現
 ・付属のトレインマークはイラストの「湘南ライナー」「おはようとちぎ」

「ホームタウンとちぎ」、文字の「普通」付属
  
 【原産国:日本】

115系湘南色冷房準備車
  
 2020年12月発売予定
 ●98082 国鉄 115 1000系近郊電車(湘南色・クモハ114 1500)セット(2両) 

10,000円+税
 ●98401 国鉄 115 1000系近郊電車(湘南色・冷房準備車)セット(3両) 

13,000円+税
 JR東日本商品化許諾済
  
 ◆実車ガイド
 ・115系は113系近郊電車を元に、勾配線区向けとして登場しました
 ・1000番代はシートピッチ拡大や、耐寒耐雪構造を強化したグループで

1977年に登場しました
 ・1000番代が初めに投入された信州、新潟地区の車両は冷房準備車として

屋根上のクーラー取付部を蓋でカバーした姿が特徴でした
 ・115系はクモハ115形・モハ114形・クハ115形の3両編成が最短編成でしたが、

2両編成が組めるよう改造でモハ114形に運転台を接合したクモハ114が誕生、

2両編成による単独運用から3両編成などと連結しての運用にも使用されました
 ・クモハ115形+クモハ114形の編成も登場時は冷房準備車の状態で湘南色を纏っていました
 【文責:トミーテック】
  
 ◆製品化特徴
 <共通>
 ・屋根はクーラー搭載部分に蓋がされた冷房準備車の姿で再現
 ・クモハ115形とクハ115形の前頭部側ベンチレーターは大型の箱型を取付
 ・パンタグラフはPS23装着
 ・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付き
 ・ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDによる点灯
 ・車番とJRマークは選択式で転写シート対応
 ・前面表示部は選択式でシール付属
 ・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
 ・M-13モーター採用
 ・運転台側はTNカプラー(SP)装備
  
 <98082>について
 ・クモハ114形とクモハ115形の2両編成セット
 ・パンタグラフ付のクモハ114形に動力ユニット搭載
 ・クモハ115形はオリジナルの1000番代で再現
  
 <98401>について
 ・クモハ115形とモハ114形とクハ115形の3両編成セット
 ・パンタグラフ付のモハ114形に動力ユニット搭載
  
 <特記事項>
 ・<92407>は生産中止となります
  
 【原産国:日本】

E217系 リニューアル
 
2020年12月発売予定
 ●98720 JR E217系近郊電車(4次車・更新車)基本セットA(7両) 

23,000円+税
 ●98721 JR E217系近郊電車(4次車・更新車)基本セットB(4両) 

15,800円+税
 ●98722 JR E217系近郊電車(4次車・更新車)増結セット(4両)

 9,000円+税
 JR東日本商品化許諾申請中
  
 ◆実車ガイド
 ・E217系は横須賀、総武快速線の113系置き換え用として1994年に登場しました
 ・近郊形では初の4扉車で、209系をベースに設計開発されました
 ・4次形は当初より基本11両編成の1号車をバリアフリー対策のクハにしていた編成

で6次形までは同じ仕様で、基本、増結各16編成が在籍していました
 ・更新工事により帯のカラー、パターンが変更されました
 【文責:トミーテック】
  
 ◆ここがポイント
  POINT
   交換用印刷済み前面表示「エアポート成田」を付属予定!
   ※交換には遮光ケースの分解が必要です
  
 ◆製品化特徴
 ・JRマーク・前面ロゴは印刷済み
 ・車番は選択式で転写シート付属
 ・サロのシートは2階青系、1階赤系のカラーシートで再現
 ・サロのグリーンカーマーク印刷済み
 ・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
 ・前面表示部はカラープリズムの採用により白色に近い色で点灯
 ・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
 ・M-13モーター採用
 ・先頭車運転台側はTNカプラー(SP)装備
  
 <特記事項>
 ・<92504><92505><92506><92507>は生産中止となります
  
 【原産国:日本】
  
 <別売りオプション>
  室内灯:<0733>LC(白色)
  TNカプラー:<0336>密連形
  
 ●並べて楽しめるお薦め商品●
  E231系 中央・総武線各駅停車 9月発売予定
  
 ■セット内容・編成例
  ←成田空港・上総一ノ宮・君津・千葉・東京  大船・逗子・横須賀→
  (11)クハE217 0 + (10)サハE217 0 + (9)モハE217 0(T)P + 

(8)モハE216 1000 + (7)サハE217 2000 + (6)サハE217 2000 + 

(5)サロE217 + (4)サロE216 + (3)モハE217 2000(M)P + 

(2)モハE216 2000 + (1)クハE216 2000 + 増(4)クハE217 2000 + 

増(3)モハE217 2000(M)P + 増(2)モハE216 2000 + 増(1)クハE216 2000
  太字下線部:基SetA<98720>
  下線部:増Set<98722>
  太字:基SetB<98721>
  

103系非冷房スカイブルー
  
 2020年12月発売予定
 HighGrade
 ●98399 国鉄 103系通勤電車(初期型非冷房車・スカイブルー)基本セット(3両) 

13,800円+税
 ●98400 国鉄 103系通勤電車(初期型非冷房車・スカイブルー)増結セット(2両) 

5,300円+税
 ●9008 国鉄電車 サハ103形(初期型非冷房車・スカイブルー) 2,600円+税
 JR東日本商品化許諾申請中 JR東海承認申請中 JR西日本商品化許諾申請中
  
 ◆実車ガイド
 ・京浜東北線には従来の72・73形の置き換えのため、1965年より103系が投入され

10両編成を組んで活躍しました
 ・1970年代のATC化準備に伴い、初期に投入された車両は中央本線の名古屋口や

阪和線に活躍の場を移していきました
 【文責:トミーテック】
  
  POINT:1
   先頭部のTNカプラーは開口部の狭いものを採用
  POINT:2
   中間車端部にも空気配管を再現
  POINT:3
   72・73形で採用したATS車上子のパーツを付属
  
 ◆製品化特徴
 <共通>
 ・ハイグレード(HG)仕様
 ・車端部の空気配管を立体的に再現
 ・JRマーク・車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属)
 ・TNカプラー(SP)標準装備
  
 <98399について>
 ・前面下部に通風口のある姿で再現
 ・クハ103はジャンパ栓受けのない500番代を再現
 ・ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDによる点灯
 ・前面表示部はカラープリズムにより白色に近い色で点灯
 ・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ付属
 ・ATS車上子は別パーツで再現
 ・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
 ・M-13モーター採用
  
 <98400について>
 ・モハ102は動力なしのトレーラー仕様
  
 <特記事項>
 ・<92514><92515><8961>は生産中止となります
  
 【原産国:日本】
  〜引用ここまで〜

★管理人より

横浜界隈の車両としては185系湘南色(ブロックパターン塗装)が注目ですね(≧∇≦)b

217系リニューアル車はKATO製品が所属していますのでスルーします(^^;

115系は高崎に配置された新製冷房準備車ですがこちらもKATO製品がありますので

同じくスルーします。

う〜ん今回はビミョウですね・・・とりあえず185系7連かな?

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2020年11月新製品発表!JR四国N2000系発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2020.07.03 Friday
  • 11:37

皆様こんにちは(^^)

相変わらず梅雨空の@横浜です_| ̄|○ il||li

7月に入りなかなか梅雨時は工作意欲も減退気味なんですが本日KATOさまより

期待されていた新製品が発表になりましたヽ(=´▽`=)ノ

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜


新製品 N-GAUGE
11月期発売
●10-1627 JR四国N2000系 3両セット 13,600円+税
●10-1628 JR四国N2000系 特急「うずしお4号」 5両セット【特別企画品】 

20,700円+税
JR四国承認申請中
 
■商品紹介
●高徳線向けに平成9年(1997)から量産が開始された、2000系の出力増強形である

N2000系を製品化いたします。量産先行車を経て登場した量産車は、

精悍な前面形態とカラーリングでイメージを一新しています。特急「うずしお」の

運用が主ですが、「しまんと」にも充当されます。
近年の新形式増備に伴う転配により、予讃線の「宇和海」でも見られるようになりました。
また、2000系との共通運用もあるため他の列車においても2000系との混結で

様々な編成パターンが見られることが特徴です。先頭車(下り向き・上り向き2種)

と中間車の計3種のシンプルな車種構成で、その他2000系とほぼ同様の外観を持つ

量産先行車も存在します。
 
◆2000系に引き続き、出力増強形であるN2000系が登場です。

従来車との違い・進化の過程を模型でお楽しみいただけます。

「うずしお」に見られるN2000系のみの整った編成はもちろん、

「南風」+「うずしお」の併結のほか、N2000系と2000系を混結した

気動車ならではの多様な編成が再現可能です。

特急「うずしお4号」5両セットは量産先行車(2458)を含んだ構成です。
 
■製品特長
(1)製品はN2000系の近年の仕様がプロトタイプ。側窓支持金属押え、

先頭車ドア窓が大窓、中間車ドア窓が小窓の外観を再現。
(2)2500形は2200形(既存製品)と異なる車側表示灯を再現。
(3)2000系よりも排気口のつき出しが長い特徴的な排気管を再現。
(4)2450形と中間に入る2400形には前面ホロ付。
(5)屋根色や車体における銀色の質感の違いを再現。
(6)「うずしお4号」5両セットは、2000系同様の外観を持つ

量産先行車2458を含んだ編成でリリース。
(7)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
(8)2000系との併結を考慮して動力車のトラクションタイヤは無し。
(9)実車同様に曲線区間に入ると車体が曲線内側へ傾斜する

KATO独自の車体振り子機構を搭載。
(10)車輪はディスクブレーキを表現した車輪を採用。
(11)各セットとも、中間連結部と中間に入る貫通先頭車先頭部は

フック無しボディマウント密連形カプラー採用。編成の端につく先頭車先頭部は

電連付ダミーカプラー採用。
(12)ダミーカプラー装備時の外観重視のスカートと、

連結用カプラー装備時のスカートの2種類が付属。
(13)各先頭車ともヘッド/テールライト、ヘッドマーク点灯(消灯スイッチ付)。
(14)各ヘッドマークは「うずしお」印刷済、交換用ヘッドマークが付属

(3両セット:「しまんと」「宇和海」「あしずり」「(無地)」 

5両セット:「しまんと」「宇和海」「南風」「あしずり」「(無地)」)。
(15)各列車を再現できる行先表示シール付属。
 
■JR四国N2000系 セット構成
 ●3両セット
  ←2459 + 2520 + 2427(M)→
 ●特急「うずしお4号」 5両セット
  ←2458 + 2522 + 2428(M)→ + ←2460 + 2425→

新製品 N-GAUGE
11月期発売
●6127 キハ58 1100(M) 5,800円+税
●6128 キハ58 1100 3,200円+税
●6129 キハ28 3000 3,200円+税
●6130 キロ28 2500 2,200円+税
●10-1600 キハ58系(パノラミックウインドウ) 4両セット 16,000円+税
JR西日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●ご好評をいただいておりますKATOのキハ58系シリーズに、

パノラミックウインドウを備えた後期車を製品化いたします。
昭和42年度(1967)以降に製造された8次車と呼ばれるグループは、

キハ58・28の前面窓が側面まで回り込むパノラミックウインドウと、

スカートを備えた外観が大きな特徴です。キロ28は昭和43年度(1968)

製造の最終増備グループで、キハ65と同じ車体断面、雨トイの位置が下げられるなど、

それまでのキロ28とは大きく異なることが特徴です。国鉄時代からJR後まで、

各地で活躍する姿を見ることができました。
 
◆2両からお楽しみいただける製品なので、お手軽にNゲージの

運転を楽しみたい方にもおすすめです。

組み合わせで様々な編成を作ることができ、思い入れのある列車をNゲージで再現可能です。
さらに既存製品のキハ58系各種と合わせれば、再現できる編成のバリエーションが広がります。
 
■製品特長
(1)昭和42〜43年(1967〜1968)に製造された8次車がプロトタイプ。

製品の設定時期はキハ58・28は昭和58年(1983)以降の国鉄時代の福知山機関区所属車、

キロ28は昭和53年(1978)頃までの米子機関区所属車。
(2)モデルチェンジ車として区分される、後期に製造されたグループの外観を再現。
  〇キハ58、キハ28
   ・前面のパノラミックウインドウ、スカートとスノープロウを装備した

先頭部連結器まわりを再現。タイフォンはスリット式。
   ・側面は運転席窓点検蓋なし、強制換気口あり、トイレ窓は横長の形状を再現。

屋根まわりは客室部にベンチレーターがなく、デッキ部にベンチレーターを備えた形態。
   ・キハ58の屋根上水タンク、キハ28の床下水タンクは丸みのあるFRP製の形態のものを再現。
   ・キハ28の冷房発電吸気口は、右側面後方の窓間に設置、

側面給水口は中央寄りに設置された姿を再現。
  〇キロ28
   ・キハ65と同様の車体断面、雨トイの位置が異なり、

トイレと洗面所がデッキ外側に設置された姿を再現。
   ・床下水タンクは丸みのあるFRP製の形態のものを再現。
   ・4両セットはグリーン帯なし、単品はグリーン帯ありの姿を再現。
(3)先頭車の前面貫通扉部はホロ枠の姿で再現、お好みで貫通ホロを取付可能。
(4)車内の椅子は普通車が濃青、キロ28はえんじ色で普通車とグリーン車の違いを再現。
(5)クーラーは単品のキロ28以外はAU13E。単品のキロ28はAU13角形のクーラーを搭載。
(6)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
(7)カプラーはボディマウント密自連。付属部品としてエアホースを再現した胴受も付属。
(8)キロ28を除く全車ヘッド/テールライト、前面表示幕点灯(消灯スイッチ付)。

電球色LEDを採用。
(9)前面表示は「急行」を印刷済。交換用の無地の前面表示を付属。

サボ類、行先表示などを収録したシールを付属。
(10)4両セットは7両ブックケース入。単品3両を追加で収納可能。
 
■キハ58系単品/キハ58系(パノラミックウインドウ) 4両セット セット構成
 ・単品
  キハ58 1116-M-
  キハ58 1119
  キハ28 3018
  キロ28 2518
 ・4両セット
  キハ58 1117 + キハ58 1118-M- + キロ28 2512 + キハ28 3016

★管理人より

JR四国の車両ではN2000系の要望はかなり以前より多数ネット上でも見られました。

今回待望の製品化ということで嬉しい限りですヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

管理人は3両セットで以前発売の2000系と繋げて楽しもうか?と画策中です(^。^)

量産先行車2458はAssy確保が大変そうですね〜。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あっ!( ̄∀ ̄;『特別企画品』だからAssy設定ないじゃん!_| ̄|○ il||li

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2020年10月度新製品E233系中央線H編成・トイレ設置車やEF64-0 1次形・43系夜行急行「きそ」製品化発表ヽ(=´▽`=)ノ【ポスター画像あり】

  • 2020.06.05 Friday
  • 12:00

皆様こんにちは(^^)

KATOさまより10月期の新製品製品化発表がされましたヽ(=´▽`=)ノ

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

新製品 N-GAUGE
10月期発売
●10-1621 E233系中央線(H編成・トイレ設置車)6両基本セット 17,300円+税
●10-1622 E233系中央線(H編成)4両増結セット 9,500円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●令和5年(2023)より開始されるグリーン車連結を見据え、注目を集める中央線快速の

E233系。グリーン車連結と長距離走行の観点からサービス向上としてトイレの

設置工事が順次施工されています。 KATOでは既存編成の4号車にトイレが設置

されたE233系のH編成を製品化いたします。
埋められた車端部の窓やホーム位置検知装置を追設した先頭部などを的確に再現いたします。
 
E353系「あずさ・かいじ」や211系長野色、中央緩行線のE231系、EH200などと

組み合わて現在の中央線のシーンをお楽しみいただけます。


 中央線豊田〜八王子間にてE233系中央線 管理人撮影 イメージ画像です


■製品特長
(1)プロトタイプは豊田車両センター所属のH43編成
(2)トイレが設置されたモハE233-843、補助電源装置(SIV)が追設されたモハE232-243、

ホーム位置検知装置を追設した先頭車を的確に再現。
(3)中間連結面のカプラーはフック付密連カプラー、中間の先頭車はフックなしカプラーとし、

各セットに電連(1段)が付属。
(4)モハE233-843:トイレ部分の窓が閉塞されたボディ、タンク表現のカプラー取付台、

SIV断流器箱の入った床下機器を新規設定。
(5)モハE232-243:補助電源装置(SIV)を再現。
(6)先頭車ボディ新規設定。前面に追設されたホーム位置検知装置の欠き取りを再現。
(7)フライホイール搭載動力ユニットを採用、各台車には サスペンション機構搭載。

DCCフレンドリー。
(8)車体表記など印刷は4号車に車イス、ベビーカーマーク、1号車・10号車に

ベビーカーマークなどを追加。
(9)前面表示は「1519H 中央特快 高尾」を印刷済、側面表示は「中央特快 高尾」

交換用前面表示「1024H 快速 東京」及び無地×各2付属。
(10)パッケージは基本・増結とも6両ブックケース、増結セットには

将来的な2階建てグリーン車2両分の収納も可能な中敷構成。
 
■E233系中央線(H編成・トイレ設置車)セット構成
 ←東京  高尾・青梅・奥多摩・大月・河口湖→
 1号車 クハE233-43 AU726 + 2号車 モハE233-43P AU726 +

3号車 モハE232-43 AU726B + 4号車 モハE233-843 -M-P AU726B +

5号車 モハE233-243 AU726 + 6号車 クハE232-501 AU726B + 

7号車 クハE233-501 AU726 + 8号車 モハE233-601P AU726 +

9号車 モハE232-601 AU726 + 10号車 クハE232-43 AU726

 

新製品 N-GAUGE
10月期発売
●10-1619 731系<いしかりライナー> 3両セット 12,300円+税
JR北海道商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●札幌圏の通勤・近郊輸送を担う731系<いしかりライナー>を製品化いたします。
731系は平成9年(1997)に登場した通勤形交流電車です。21m級3扉のステンレス車体に、

北海道初のデッキを廃したオールロングシートの室内設備を備えます。

兄弟車のキハ201と協調運転が可能な、電車と気動車を総括制御運転するための

機器を備えているのが大きな特徴です。
最近ではシングルアームパンタ化、自動幌装置の撤去などが行われたほか、

平成28年(2016)からは重要機器更新に伴い主変換装置などの取り換えや

シートモケットの貼り換えが実施されました。
 
◆現在活躍する731系交流電車をお楽しみいただける製品です。
各所の機器が取り替えられた外観の再現はもちろん、内容を見直した

行先表示シールが付属します。
同時発売予定のキハ201<ニセコライナー>との併結運転も再現可能です。
■製品特長
(1)札幌運転所所属のG113編成の現在の姿がプロトタイプ。
(2)自動幌装置撤去、床下機器更新が行われた外観を的確に再現。
(3)前面ホロはJR北海道の車両に見られる、ホロ部がふくらんだ形態を再現。
(4)カプラーは先頭部・中間部ともフック無しの密連カプラー採用。

先頭部の連結器には脱着可能なカプラーカバーを装備。
(5)開口部形状を見直したスカートを新規部品で再現。
(6)クハ731-200の車椅子マークの下にベビーカーマークが追加された側面表記を再現。
(7)屋根上機器取付済。
(8)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能。
(9)ヘッド/テールライト点灯(消灯スイッチ付)。
(10)付属の行先表示シールは収録内容を見直して新規に製作

(キハ201系<ニセコライナー>と共通)。
   前面種別表示:「普通」「区間快速」
   側面行先表示:「普通 小樽」「普通 手稲」「普通 札幌」「普通 江別」

「普通 滝川」「普通 千歳」「普通 苫小牧」「普通 あいの里公園」

「普通 小樽(札幌から区間快速 いしかりライナー)」

「いしかりライナー 小樽(手稲から普通)」「いしかりライナー ほしみ(札幌から普通)」

「いしかりライナー 岩見沢(札幌から普通)」「いしかりライナー 江別」 

※現在「いしかりライナー」は運行されていません。
(11)DCCフレンドリー。
 
■731系<いしかりライナー> セット構成
 ←滝川・苫小牧  札幌・小樽・北海道医療大学→
 1号車 クハ731-113 + 2号車 モハ731-113 -M-P + 3号車 クハ731-213

以前当鉄道に所属していたKATO731系(旧製品)売却済 イメージ画像です。

新製品 N-GAUGE
10月期発売
●10-1620 キハ201系<ニセコライナー> 3両セット 12,200円+税
JR北海道商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●札幌圏の通勤・近郊輸送を担うキハ201系を現行の姿で製品化いたします。
キハ201は札幌圏内の高速運転のダイヤに支障なく運転可能な気動車として、

平成9年(1997)に登場した通勤形気動車です。最高速度130km/h走行が可能な4

50psの機関を1両に2基搭載しており、現在は使用されていませんが曲線通過性向上

のための車体傾斜装置も備えています。同時に設計された731系電車と室内設備が

共通の設計となっているほか、731系電車と協調運転可能な構造が大きな特徴です。
 
◆自動幌装置撤去によりすっきりした前面や、機器更新が行われた下まわり、

現行の運行に合わせた行先表示シールなど、キハ201の現在の姿を楽しめる製品です。
同時発売予定の731系<いしかりライナー>との併結運転もお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)苗補運転所所属のD101編成の現在の姿がプロトタイプ。
(2)自動幌装置撤去、床下機器更新が行われた外観を的確に再現。
(3)前面ホロはJR北海道の車両に見られる、ホロ部がふくらんだ形態を再現。
(4)カプラーは先頭部・中間部ともフック無しの密連カプラー採用。

先頭部の連結器には脱着可能なカプラーカバーを装備。
(5)開口部形状を見直したスカートを再現。
(6)キハ201-200の車椅子マークの下にベビーカーマークが追加された側面表記を再現。
(7)屋根上機器取付済。
(8)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能。
(9)ヘッド/テールライト点灯(消灯スイッチ付)。
(10)付属の行先表示シールは収録内容を見直して新規に製作

(731系<いしかりライナー>と共通)。
   前面種別表示:「普通」「区間快速」「快速」
   側面行先表示:「普通 小樽」「普通 手稲」「普通 札幌」「普通 江別」「

普通 苫小牧」「普通 小樽(札幌から区間快速 いしかりライナー)」

「いしかりライナー ほしみ(札幌から普通)」「いしかりライナー 江別」

「普通 俱知安」「快速ニセコライナー 俱知安(小樽から普通)」

「快速ニセコライナー 小樽」「快速ニセコライナー 札幌」
(11)DCCフレンドリー。
 
■キハ201<ニセコライナー> 3両セット
 ←江別・札幌  小樽・俱知安・蘭越→
 1号車 キハ201-101 + 2号車 キハ201-201 -M- + 3号車 キハ201-301
 
新製品 N-GAUGE
10月期発売
●3091-1 EF64 0 1次形 7,200円+税
JR貨物承認申請中

 

中央線甲府駅留置線に並ぶEF64-38(5次形)管理人撮影 イメージ画像です。
■商品紹介
●EF64 0番台を外観・動力部を含めたフルリニューアルでして製品化いたします。
EF64 0番台はEF62/EF63をベースとした勾配線区用の標準機関車として登場しました。

平坦線区用のEF65などと出力は同じですが、急勾配で安定したブレーキ力を得られる

発電ブレーキを備えており、そのために大形化された側面フィルターが特徴です。

1次形は客貨両用として電気暖房を装備しています。試作および1次形は

福島〜山形間(当時は直流電化)に投入され、以後の量産機は

主に中央本線・篠ノ井線へと投入され活躍しました。
 
◆同時発売予定の10-1623/1624 43系 夜行急行「きそ」の牽引機としてもおすすめです。

貨物列車の牽引機としてももちろんお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)人気の高いEF64 0番台の1次形をフルリニューアルで製品化。
(2)前面の保護柵取付ボルトや通風口、側面の大形フィルターなどの迫力ある外観を再現。
(3)青15号と前面部のクリーム1号で構成されたカラーリングを美しく再現。
(4)前面窓はデフロスターありの姿を再現。
(5)側面の抵抗器排風口カバーは側面網ありで再現。
(6)電暖あり、反射板座付テールライトの外観を再現。
(7)各部のHゴムは灰色で再現。
(8)近年の製品同様のフライホイール付動力ユニットにフルリニューアル。

より安定した走行が可能。
(9)ヘッドライト点灯(電球色LED採用)。
(10)選択式ナンバープレート「5」「7」「8」「11」 

選択式メーカーズプレート:「東芝」「川崎」
 

新製品 N-GAUGE
10月期発売
●10-1623 43系夜行急行「きそ」 6両基本セット 12,400円+税
●10-1624 43系夜行急行「きそ」 4両増結セット 9,100円+税
 
■商品紹介
●かつて名古屋〜長野を中央線経由で結んだ43系夜行急行「きそ」を製品化いたします。
急行「きそ」は準急時代を経て昭和41年(1966)に急行列車化され、

43年(1968)の愛称整理で同系統の列車が「きそ」にまとめられました。

昼行列車は気動車、夜行列車は客車列車での運転が行われ、

昭和57年(1982)まで座席車・寝台車・荷物車で構成された旧形客車の編成で運行されました。
 
◆オハ47を緩急車化したオハフ46や、10系軽量客車の試作車である

ナハ10 900など特徴的な車両で構成された夜行客車列車をお楽しみいただけます。

牽引機には同時発売予定の3091-1 EF64 0 1次形がおすすめです。
 

当鉄道所属荷物レ画像です。※あくまでイメージ画像です。
■製品特長
(1)昭和50〜57年(1975〜1982)頃の名古屋客貨車区所属車がプロトタイプ。

マニ36、スユニ61は長野客貨車区所属車がプロトタイプ。
(2)オハフ46は元中間車ならではの外観を再現。
(3)ナハ10 900は特徴的な妻面のリブの表現や、

TR50X台車を装備した近代化改造後の姿を再現。
(4)スユニ61、オハフ46、マニ36、オハフ45はテールライト点灯

(消灯スイッチ付)。
(5)ガーランドベンチレーターは別パーツで再現

(オハネフ12・スハネ16・ナハ10は除く)。
(6)各車両とも号車、行先、種別、愛称サボ印刷済。

行先はオハネフ12、スハネ16のみ「長野」、ほかの客車は「直江津」。
(7)各車両のカプラーは以下の通り。詳細は編成図をご覧ください。

各セットとも交換用ナックルカプラー付属。
   ●両側アーノルドカプラー:スユニ61、マニ36
   ●アーノルドカプラー/KATOカプラーNJP B:オハネフ12、オハフ46、スハネ16、オハフ45
   ●両側KATOカプラーNJP B:オハ46、ナハ10
 
■43系夜行急行「きそ」 セット構成
 ・急行「きそ」7号 長野行
  ←長野  塩尻〜長野(直江津)間逆編成  名古屋→
  EF64 0 1次形 + ◎スユニ61 2033◎ + ◎マニ36 2145◎ +

 1号車 ◎オハネフ12 2034▲ + 2号車 ▲スハネ16 2101◎(名古屋〜長野) +

 3号車 ◎オハフ45 2013▲ + 4号車 ▲ナハ10 2901▲ + 5号車 ▲オハ46 2023▲ +

6号車 ▲オハ46 2669▲ + 7号車 ▲オハ46 2673▲ + 8号車 ▲オハフ46 2026◎(

名古屋〜直江津)
  太字下線部:6両基本セット
  下線部:4両増結セット
  ◎・・・アーノルドカプラー
  ▲・・・KATOカプラーNJP B

〜引用ここまで〜

★管理人より

今回の目玉はEF64-01次と43系でしょうかね〜?E233系中央線に関してはG車が入る

前の過渡期の姿なのでG車投入後製品化されたら検討します。

関東民の管理人にとっては急行「きそ」は馴染みがないので単品Assyもしくは43系単品

増備に留まりそうです。

北海道系列は733系の製品化希望です(≧∇≦)b

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIXTwitter公式サイト2020年7月〜11月新製品情報更新国鉄 ED75 0形電気機関車(ひさし付・前期型)(ひさしなし・後期型)国鉄 旧型客車(東北本線普通列車)国鉄 東北本線一般貨物列車セット製品化決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり

  • 2020.05.14 Thursday
  • 20:12

皆様こんばんは(^^)

TOMIXさんから7月〜11月期の新製品製品化告知が出ましたヽ(=´▽`=)ノ

 

〜ポスター画像トーミーテック公式Twitterより引用〜

URL⇛https://twitter.com/tateishi_ayame

〜商品詳細N-Gauge Informationサイトより引用〜

相鉄11000系、先頭車車体を新規製作してリニューアル
 
2020年10月発売予定
●98381 相模鉄道 11000系基本セット(4両) 15,000円+税
●98382 相模鉄道 11000系増結セット(6両) 15,000円+税
相模鉄道株式会社商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・相模鉄道は神奈川県 横浜〜海老名間の本線と二俣川〜湘南台間のいずみ野線を

旅客営業する鉄道です
・2019年には西谷〜羽沢横浜国大間が開通し、JR線との直通運転を開始しました
・同社の11000系は2009年に登場した通勤電車で、JRのE233系をベースに先頭部は

独自のデザインとなりました
・車体には相鉄グループのグループカラーであるブルーとオレンジの帯が配されています
・本形式はJR線への直通運転は行っていませんが、本線およびいずみ野線全線で活躍しています
【文責:トミーテック】
 
◆製品化特徴
・先頭車車体を新規製作で再現
・「SOTETSU」ロゴは印刷済み
・新モーター(M-13)採用
・<98381>基本セットと<98382>増結セットで10両フル編成が再現可能
・先頭車スカートは専用パーツで再現
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「特急 横浜」装着、交換用印刷済みパーツ付属
・車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属)
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板採用
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・先頭車運転台側のみダミーカプラー装備
・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
<特記事項>
・<92382><92383>は生産中止となります


 ※画像は管理人撮影相鉄11000系    相鉄線西谷にて 

リニューアル相鉄11000系はどこが変わる?
POINT:1
先頭車車体を新規製作し相鉄独自のデザインを再現
POINT:2
先頭車運転台側はダミーカプラーに変更し、より実感的に再現
POINT:3
2019年発売の商品から採用した新モーター(M-13)を本製品でも採用
 
【原産国:日本】
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
 TNカプラー:<0374>密自連形
 
●並べて楽しめるお薦め商品●
 相模鉄道 12000系 5月発売予定
 JR E233系(埼京・川越線) 7月発売予定
 
■セット内容・編成例
 ←海老名・湘南台  横浜→
 (10)11900 + (9)11800 + (8)11700P + (7)11600 + (6)1150

(5)11400 + (4)11300(M)P + (3)11200 + (2)11100P + (1)11000
 太字下線部:基Set
 下線部:増Set

東北本線などで活躍したED75形リニューアル開始
 
2020年10月発売予定
●7139 国鉄 ED75 0形電気機関車(ひさし付・前期型) 7,400円+税
●7140 国鉄 ED75 0形電気機関車(ひさしなし・後期型) 7,400円+税
JR貨物承認申請中
 
◆実車ガイド
・ED75形は1963年に登場した交流用電気機関車です
・50〜100号機は盛岡電化に際して登場し寒冷地対策でひさしが追加され、

特徴ある形状となりました
・101〜160号機はひさし無しとなり、スカートなど細部の形状が変更されました
・JR化以降は一部の車両がJR貨物に引き継がれ活躍しましたが現在では

全車両引退しています
【文責:トミーテック】
 
※画像はKATOED75-1000(参考画像)

◆製品化特徴
<共通>
・新モーター(M-13)採用
・ナンバープレートは別パーツ付属
・自連形ダミーカプラー・TNカプラー付属
・ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
・ヘッドライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・Hゴムはグレーで再現
・前面手すり(縦)は別パーツ付属
・解放テコは別パーツを装着済み
・ボックス輪心付車輪採用
・ミニカーブレール走行可能
・フライホイール付動力、黒色台車枠、黒色車輪採用
 
<7139>について
・ナンバープレートは別パーツ付属「ED75-58・64・75・83」
 
<7140>について
・ナンバープレートは別パーツ付属「ED75-105・122・128・131」
 
<特記事項>
・<9135>は生産中止となります
 
【原産国:日本】
 
●並べて楽しめるお薦め商品●
 機関区レールセット 9月発売予定

 東北本線を彩った客車と貨車をそれぞれセット化
 


2020年10月発売予定
●98712 国鉄 旧型客車(東北本線普通列車)セット(6両) 13,500円+税
2020年11月発売予定
●98713 国鉄 東北本線一般貨物列車セット(12両) 12,000円+税
JR貨物承認申請中
 
◆実車ガイド
・旧型客車は、戦前から戦後にかけて製造された客車の総称で20系客車以降の編成単位で

運行される車両とは異なり、1両単位で形式に関わらず自由に編成を組成することが出来ました
・東北本線では、1985年3月ダイヤ改正まで旧型客車を使用した普通列車が運行されていました
・国鉄時代の貨物列車は、操車場ごとに貨車の増解結を繰り返しながら走行する

「ヤード集結型輸送」が主流で、様々な種類の貨車を連結したバラエティ豊かな編成が特徴でした
【文責:トミーテック】
 
◆製品化特徴
<98712>について
・1980年頃の東北本線で見られた、旧型客車を使用した普通列車を再現できるさまざまな客車をセット
・全車両車番は印刷済み
・全車両電気暖房化改造を受けた姿を再現
・車体色はオハフ61・スハ33・オハフ33・オハ35は「茶色」、スハ43・スハフ42は「青色」で再現
・スハ33は、スハ32の台車をTR40Bに換装した車両を再現
・スハフ42-2260の窓枠はアルミサッシの姿を再現
・オハフ61・オハフ33・スハフ42の車掌室側はテールライト点灯式
・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・新集電システム、黒色車輪採用
 
※画像は当鉄道所有の貨物列車イメージ画像

<98713>について
・1980年頃に東北本線を走った一般貨物列車を再現できるさまざまな貨車をセット
・全車両車番・標記類は印刷済み
・ワム60000を新規製作で再現
・ワム91923は「仙台信号通信区」標記印刷済み
・ヨ5000のテールライト・室内灯は点灯式で常点灯基板装備
・銀色車輪採用
・操車場で貨車の制動に使用されたカーリターダーを再現できるパーツ付属
・ED75-0用ナンバープレート付属「ED75-54・61・70・78」
 
【原産国:日本】
 
<別売りオプション>
 <98712>用
  室内灯:<0733>LC(白色)
  室内灯:<0734>LC(電球色)
  TNカプラー:<0373>自連形
 <98713>用
  TNカプラー:<0396>自連形SC
 
●並べて楽しめるお薦め商品●
 国鉄 キハ40-500形
 
■セット内容・編成例
 ●東北本線(1980年頃)
  ED75(ひさしなし・後期)<7140> + オハフ61 + スハ33

+ オハフ33 + スハ43 + オハ35 + スハフ42-2260
  下線部:Set
  ※けん引機はED75形0番代の他、700・1000番代でした。また、

一般形客車は、1両単位で編成が組めるため、さまざまな編成が見られました。
 ●東北本線(1980年頃)
  ED75(ひさし付・前期)<7139> + ワラ1 + ワム60000

+ ワム60000 + トラ145000 + トラ70000 + トラ70000 + ワム80000

+ ワム80000 + ワム2000 + ワム91923 + レム5000 + ヨ5000
  下線部:Set
  ※国鉄時代の一般貨物列車は、さまざまな編成が見られました。お好みにより、

編成中に各種単品を組み込んで、お楽しみください。また、けん引機は一例です。
 道北・道東エリアで活躍中、タイフォンが撤去されたキハ40形
 
2020年10月発売予定
HighGrade
●9447 JRディーゼルカー キハ40 1700形

(タイフォン撤去車)(M) 7,300円+税
●9448 JRディーゼルカー キハ40 1700形

(タイフォン撤去車)(T) 4,600円+税
JR北海道商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・JR北海道のローカル線区で活躍するキハ40形は国鉄時代に登場した

極寒地向けキハ40-100のワンマン改造車700番代に延命対策が施され、

機器更新や水タンクの移設等により1700番代となりました
・旭川運転所と釧路運輸車両所に所属するキハ40形は、

動物などの接触対策で、テールライト下にあるタイフォンを撤去し、

屋根部にホイッスルを装備した姿で活躍しています
・釧路運輸車両所に所属車両は貫通ドア片側に票挿しを装備してます
【文責:トミーテック】
 
※画像は当鉄道所属JR北海道キハ40-1700(参考画像)

◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・新モーター(M-13)採用
・前面のタイフォンを撤去した形状を再現、運転台上部のホイッスルは別パーツ付属
・前面のジャンパ栓用の凹有りの姿を再現、側面ルーバーが埋められた姿を再現
・車番・貫通扉の票挿し枠は選択式で転写シート付属
・更新されたエンジンを再現、床下は黒色で再現
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・ヘッドライトはカラープリズムにより電球色に近い色で点灯
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「ワンマン」装着、「快速ワンマン」

「普通」付属
・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
 
【原産国:日本】
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)

 
●並べて楽しめるお薦め商品●
 キハ40(道北 流氷の恵み・道東 森の恵み) 7月発売予定
 
■編成例
 キハ40(M)<9447> + キハ40(T)<9448>
 キハ40流氷の恵み(M)<98077> + キハ40(T)<9448>
 キハ40(M)<9447> + キハ40森の恵み<98077>
 下線部:単品
 太字下線部:Set

 
 〜引用ここまで〜

★管理人より

今回管理人注目は何と言ってもED75前期型と後期型が揃って同時発売!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!という感じですね〜♪〜♬

東北本線旧客レと貨物列車セットも私世代80年代に10代〜20代には涙モノ(笑)

嬉しい製品化決定ですヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

とりあえずED75はKATOさんの1両しか所属していないので購入決定です!

相変わらずTOMIXさんマーケティグ上手いです(*^_^*)


 
 
 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2020年9月度新製品製品化発表!701系盛岡色と青い森仕様製品化ヽ(=´▽`=)ノ【ポスター画像あり】

  • 2020.05.01 Friday
  • 14:46

皆様こんにちは(^^)

KATOさんより9月度新製品の案内ポスターが発表になりましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

 

〜以下N-Gauge Informationより引用〜

新製品 N-GAUGE
9月期発売
●10-1556 701系1000番台 盛岡色 2両セット 9,800円+税
●10-1561 青い森鉄道 701系 2両セット 10,000円+税
JR東日本商品化許諾済 青い森鉄道株式会社商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●東北地方で活躍する701系のうち、JR東北本線一ノ関〜盛岡間で活躍する

701系1000番台盛岡色と、青い森鉄道線とIGRいわて銀河鉄道をまたがって

盛岡〜青森間を走る青い森鉄道の701系を製品化いたします。
701系盛岡色は紫のラインが特徴で幕板部にも別色の帯がある点が仙台色と異なります。

また青い森鉄道701系は愛らしいデザインの人気キャラクター「モーリー」

を配した第3セクター車両ならではの大胆なラッピングが特徴です。
 
盛岡色は東北新幹線と並走することもあり、E5系、E6系などと組み合わせて

走らせると面白いでしょう。また青い森鉄道車はHB-E300系「リゾートしらかみ」

「リゾートあすなろ」などとの組み合わせでもお楽しみいただけます。
また、本製品の製品化により、KATO製品で西は播州赤穂から北は青森まで、

普通列車を乗り継ぐような旅仕立てで模型を楽しむことが可能です。

2両から走らせられるコンパクトな701系で鉄道模型をお楽しみください。
 
■製品特長
●701系1000番台 盛岡色
(1)プロトタイプは盛岡車両センター所属、現在の姿がプロトタイプ。
(2)下回りは仙台色同様のグレーで設定。
(3)LED式行先表示車がプロトタイプ、前面表示は「ワンマン盛岡」を印刷済、

側面表示は黒ベタ、行先表示シール付属。
(4)各先頭車ともライトユニット装備(消灯スイッチ付)。ヘッド/テールライト・

前面表示点灯。電球色LED採用。
●青い森鉄道 701系
(1)青い森鉄道運輸管理所所属車のうち、JR東日本譲渡車でロングシート編成の

現在の形態がプロトタイプ。
(2)下回りはダークグレー、スノープロウ形状付きの強化型スカートを新規に設定。

クモハとクハで欠き取りの位置が違う姿を再現。
(3)幕式行先表示車がプロトタイプ、前面表示は「青森」を印刷済、

側面表示は白地、行先表示シール付属。
(4)キャラクター「モーリー」のラッピングを的確に表現、

1ドア後ろの側面ガラスにまでかかる大きいデザインを再現。
●動力車は両セットともクモハ701に設定。片台車駆動。

トラクションタイヤ装備。DCCフレンドリー。
 
■701系1000番台盛岡色 セット構成
 ←一ノ関  いわて沼宮内・盛岡→
 クハ700-1014 + クモハ701-1014 -M-P
 
■青い森鉄道701系セット構成
 ←目時・盛岡  青森→
 クハ700-8 + クモハ701-8 -M-P

〜引用ここまで〜

★管理人より

新型コロナ感染拡大に伴いKATOさんも工場の稼働が危ぶまれていますが既存品の

バリ展でなんとか頑張ってくれているのは頼もしいです。

TOMIXさんも同じですが鉄道模型業界自体大変苦しい状況下で新製品発表は希望

に繋がりますね(≧∇≦)b

ストラクチャーでは木造駅舎はTOMIXさんが有名ですがいよいよKATOさんも決定版

をリリースして8620などが似合う国鉄ローカル風景が楽しめそうですねヽ(=´▽`=)ノ

個人的には701系は秋田色が希望なのでKATOさんもさん是非製品化お願いします! 
 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

日本ブログ村鉄道模型カテゴリーランキング

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

鉄道コム

鉄道コム
アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【Nゲージレイアウト製作記】新レイアウト 江ノ電線 東和賀野駅ホームの制作.曄璽狹描編ヽ(=´▽`=)ノ
    くさたん (09/19)
  • 【Nゲージレイアウト製作記】新レイアウト 江ノ電線 東和賀野駅ホームの制作.曄璽狹描編ヽ(=´▽`=)ノ
    大佐 (09/19)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2021年1月〜3月新製品情報更新117-7000系電車(WEST EXPRESS 銀河)セット製品化決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    くさたん (09/10)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2021年1月〜3月新製品情報更新117-7000系電車(WEST EXPRESS 銀河)セット製品化決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    大佐 (09/10)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<入線報告>モデモ江ノ電10形(M)入線しました!新レイアウト江ノ電線にて試運転実施【You Tube動画あり】ヽ(=´▽`=)ノ
    くさたん (09/05)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<入線報告>モデモ江ノ電10形(M)入線しました!新レイアウト江ノ電線にて試運転実施【You Tube動画あり】ヽ(=´▽`=)ノ
    大佐 (09/05)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2021年1月〜3月新製品発表!C62東海道形リニューアルや飯田線ED19告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    くさたん (09/04)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2021年1月〜3月新製品発表!C62東海道形リニューアルや飯田線ED19告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    大佐 (09/04)
  • 【狂った国ニッポン】電車の運転士がペットボトルで水分補給を乗客がクレーム→結果電車運転士は熱中症脱水症状で救急搬送される!これで日本は素晴らしいとか??おかしくね?【過去記事再掲載】
    くさたん (08/31)
  • 【狂った国ニッポン】電車の運転士がペットボトルで水分補給を乗客がクレーム→結果電車運転士は熱中症脱水症状で救急搬送される!これで日本は素晴らしいとか??おかしくね?【過去記事再掲載】
    大佐 (08/31)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM