【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年4月度新製品製品化発表!管理人注目はワキ50000ほか【ポスター画像あり】

  • 2018.12.06 Thursday
  • 14:00

皆様こんにちは(^^)

KATOさんより2019年4月期の新製品・再生産品の案内が発表されました。

 

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

新製品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1510 えちごトキめき鉄道<日本海ひすいライン> ET122系 2両セット 11,000円+税
えちごトキめき鉄道商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●えちごトキめき鉄道の「日本海ひすいライン」で活躍中のET122系を製品化いたします。
ET122系はえちごトキめき鉄道に所属する新形気動車です。車両の両端に運転台を持ち、

単行運転や2両編成での運転が可能な車両です。泊(あいの風とやま鉄道)〜

直江津間で主に運行されており、一部列車は妙高はねうまラインの新井まで乗り入れる

こともあります。運転区間の全区間とも架線で結ばれていますが、

デッドセクション区間があることから、気動車であるET122系によって運転されています。
 
◆えちごトキめき鉄道のET127系、同じ地域で活躍する第3セクターのあいの風とやま鉄道

やIRいしかわ鉄道の521系など、

カラフルで個性的な車両たちと共に運転をお楽しみいただけます。
 
◆ホビーセンターカトーより、ET122系のイベント用車両である16011-9

えちごトキめき鉄道「3市の花号」(ET122-8)も同時発売予定です。

通常のET122系と併結しての運転も実車では見られるので、

本製品と組み合わせて混色2両編成をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)直江津運転センターに所属するET122系の、現在の姿がプロトタイプ。
(2)ステンレスの車体に描かれた青のカラーリングを美しく再現。
(3)車内の椅子は、海側に2人掛けシートがある形態を再現。
(4)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。

トラクションタイヤは非装備。
(5)車両の片側は電連を表現したダミーカプラーを装備。もう一方は2両編成が組めるよう、

ボディマウント密連形(フック無)を採用。電連を表現したパーツが付属。

交換用ダミーカプラー付属。
(6)ヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。
(7)台車にはスノープロウ取付済。
(8)車両のトイレ側の先頭部は幌付。
(9)ドアスイッチは印刷で表現。
(10)各表記類、社章、車イスマーク、銘板印刷済。
(11)行先表示シール付属。交換用前面表示(無地)付属。
(12)DCC非対応。
 
■えちごトキめき鉄道<日本海ひすいライン> ET122系 2両セット セット構成
 ←泊・市振  直江津→
 ET122 3 -M- + ET122 5
 
■えちごトキめき鉄道<日本海ひすいライン> ET122系 2両セット 編成例
 ←泊・市振  直江津→
 ET122 3 -M- + ET122 5

 ET122 3 -M-

 

新製品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1520 E231系0番台 中央・総武緩行線 6両基本セット 15,500円+税
●10-1521 E231系0番台 中央・総武緩行線 4両増結セット 7,100円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●中央・総武緩行線で活躍を続けているE231系0番台を製品化いたします。
平成12年(2000)に登場したE231系0番台が最初に投入されたのが中央・総武緩行線で、

それまで活躍していた103系、201系を置き替えました。前面スカートの交換、

ホーム位置検知装置などの取付を経て現在も活躍しています。
中間の5号車には6扉車のサハE230を連結しており、

現在唯一6扉車を備える車両でもあります。
 
◆中央・総武緩行線を楽しむ上では欠かせない車両です。同じ路線を活躍する

209系500番台やE231系500番台、中央線のE233系や総武線のE217系など

多くの車両との共演をお楽しみいただけます。
中央線の沿線に見られる、桜の景色を再現可能な「日本のさくら」シリーズもおすすめです。
 
■製品特長
(1)三鷹車両センター所属のB15編成がプロトタイプ。
(2)先頭車に追設されたホーム位置検知装置、強化形スカ―トを再現。
(3)E231系0番台初期車の特徴である、側面スピーカー準備蓋がなく、

幕板の帯が繋がる車体を再現。
(4)制御機器が未更新の床下機器を再現。
(5)6扉車サハE230 0番台を新規に製作。屋根上のAU726クーラー、

グレーのラジオアンテナを再現。
(6)各車で異なる屋根上のクーラーを再現。
(7)フライホイール付動力ユニット採用により、安定した走行を実現。
(8)中間連結部はKATOカプラー伸縮密連形(ボディマウント)を装備。

先頭車の先頭部はダミーカプラーを装備。
(9)ヘッド/テールライト、前面行先表示、運番表示点灯。電球色LEDを採用。
(10)クハE230、クハE231の先頭部とサハE230客扉上部の「6DOORS」表記印刷済。
(11)車番表記、車イスマーク、ベビーカーマーク印刷済。
(12)基本セットに行先表示シール付属。行先表示、前面編成番号札のほか、

女性専用車表示、優先席表示を収録。
(13)DCCフレンドリー。
 
■E231系0番台 中央・総武緩行線 セット構成
 ←三鷹・中野  西船橋・千葉→
 10号車 クハE230 15 + 9号車 モハE230 30 + 8号車 モハE231 30 -M-P + 

7号車 サハE231 45 + 6号車 サハE231 44 + 5号車 サハE230 15 6扉車 + 

4号車 モハE230 29 + 3号車 モハE231 29P + 2号車 サハE231 43 +

1号車 クハE231 15
 太字下線部:6両基本セット
 下線部:4両増結セット

 

新製品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1546 43系 急行「みちのく」 7両基本セット 【特別企画品】 14,200円+税
●10-1547 43系 急行「みちのく」 6両増結セット 【特別企画品】 12,100円+税
 
■商品紹介
●かつて上野〜青森間を結んだ、東北の名門急行列車「みちのく」を製品化いたします。
急行「みちのく」のルーツは戦後復活した上野と東北方面を結ぶ急行列車です。昭和25年

(1950)に「みちのく」の名前が与えられ、当時貴重だった食堂車を半室ながらも

編成に備えており、名門列車ならではの風格漂う列車でした。

昭和30年代半ばには43系や10系で構成される編成になり、

電気暖房付のオロ61の他、スシ48などの食堂車が特徴でした。
昭和40年(1965)に上野と青森を常磐線経由で結ぶ急行列車の愛称が「十和田」に

統合された後も「みちのく」は昭和43年(1968)まで存続し、一時期は上り列車をC62が

重連で牽引する姿も見られました。
 
◆牽引機には2017-6 C62 常磐形(ゆうづる牽引機)、3064-2 EF80 1次形(ヒサシなし)、

7008-7 DD51 500 中期 耐寒形がおすすめです。仙台〜平間を牽引したC62の

重連運転の再現も、もちろん可能です。
迫力あるC62重連による「みちのく」をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)昭和40年(1965)頃の青森客車区・盛岡客貨車区所属車をプロトタイプに製品化。

オロ61、スシ48、オハフ45を新規に設定。
(2)オロ61は便洗面所が全てHゴム窓、後位側(客扉側)

妻面に配電盤突起のある形態を再現。

妻面雨ドイは丸い断面で再現。
(3)スシ48は原形の丸屋根で、ウィンドシル・ヘッダーリベットありの姿を再現。

特徴的な3軸台車を再現。
(4)オハフ45は鋼板屋根車を製品化。側面窓は非アルミサッシの形態を再現。
(5)スハ43、オハ47、スハフ42は近代化改造車のタイプを再現。側面客室窓は原形窓。
(6)スシ48はぶどう色2号、その他の車両は青15号の塗装で再現。
(7)種別、愛称、号車、行先「上野行」の各サボ類は印刷済。
(8)台車はビス止めのものを採用。
(9)台車マウントタイプのカプラーを採用。
(10)DCC非対応。
 
■43系 急行「みちのく」 セット構成
 ←上野  青森→
 牽引機 + 1号車 スハフ42 2294 + 2号車 スハ43 2452 + 3号車 オロ61 2072+

 4号車 オロ61 2044 + 5号車 スシ48 2012 + 6号車 ナハ11 2101 +

7号車 ナハ11 2085 + 8号車 スハ43 2449 + 9号車 スハ43 2462 +

10号車 スハ43 2463 + 11号車 スハフ42 2244(上野〜青森) + 

12号車 オハ47 2093 + 13号車 オハフ45 2018(上野〜盛岡)
 太字下線部:7両基本セット
 下線部:6両増結セット
 牽引機
  上野〜平間 EF80
  平〜仙台間(上りのみ) C62 + C62
  平〜仙台間(下り) C62
  仙台〜青森間 DD51 + DD51(盛岡〜一戸間は補機のDD51がつきます)

 

新製品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1211 ワキ50000 2両セット 1,700円+税
JR貨物承認申請中
 
■商品紹介
●かつて東京〜九州間をコキ50000とともに活躍した、ワキ50000を製品化いたします。
昭和53年(1978)10月のダイヤ改正で、東京〜九州間の高速貨物列車の主力が

コキ10000系からコキ50000系に移行するのに際し、コキ50000系と

併結運用可能な有蓋車として、ワキ50000が誕生しました。
ワキ10000をベースに改造が施された車両で、昭和52年(1977)〜55年(1980)

にかけて順次登場し、小荷物輸送を中心に活躍しました。
 
◆国鉄時代の貨物列車の再現に最適な車両です。
同時発売予定の3047-3 EF66 前期形やコキ50000、コキフ50000と組み合わせて、

往年の高速貨物列車をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)ワキ10000丸屋根車からの改造車で、昭和58年(1983)頃までの

TR203台車を装備した形態がプロトタイプ。
(2)とび色2号と銀色の塗色を的確に再現。
(3)TR203台車を装備した足回りを再現。
(4)車番はそれぞれ「59014」「59017」。所属表記「門」、

常備駅「東小倉駅常備」。各表記類印刷済。
(5)アーノルドカプラー装備。
 
■ワキ50000 セット構成
 ワキ59014 + ワキ59017

〜引用ここまで〜

 

★管理人より

今回4月期は下期に元号変更に伴う大型10連休などイベントが控えており、

やや控えめのランナップですが、43系みちのくのオハフ45などAssyで東北本線急行「津軽」

などの最後尾用に欲しいです。

東海道本線高速貨物のワキ50000系は待ち望んていた方も多いかと思います。

何気にキハ85系の再生産は尾久で高値だったので嬉しい再生産ですね〜!(≧∇≦)b

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX2019年4月〜秋季(新製品説明会場発表)新製品情報発表!管理人注目は・・・やはりあの列車キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!ですね〜!(^^ゞ

  • 2018.11.15 Thursday
  • 16:39

皆様こんばんは(^^)

今年もいよいよ1残すところ一ヶ月半となりまして・・・いゃいゃホント一年が

半年位の感覚ってやはり歳ですね〜(笑)f^^; 

さてさて年末商戦も楽しみなのですがここのところKATOさんに負けじと頑張る

TOMIXさんいよいよ例のアノ列車・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

会場新規発表新製品等
 
2019年秋発売予定
Progressive Grade
■JR 87系寝台ディーゼルカー(TWILIGHT EXPRESS 瑞風)
JR西日本商品化許諾申請中

 

つ・・・ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(≧∇≦)b

 

ついにトミックス初製品化!
製品化決定
■JR 223 2000系近郊電車
JR西日本商品化許諾申請中

 

たぶん西日本フアンは歓喜に湧いております!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(≧∇≦)b

 

2019年4月予定も凄いラインナップです〜(≧∇≦)b
新製品
●98322 489系特急電車(白山)基本セットB(5両) 19,000円+税
●98323 489系特急電車(白山)増結セットB(4両) 13,000円+税
●98321 209 3500系通勤電車(川越・八高線)セット(4両) 13,800円+税
●97910 <限定>209 0系通勤電車(7次車・京浜東北線)セット(10両) 26,100円+税
●8731 コキ107(増備型・西濃運輸コンテナ付) 2,200円+税
●97902 <限定>コキ107(増備型・西濃運輸コンテナ付)セット(4両) 10,200円+税
●8730 タキ1000(日本オイルターミナル・C) 1,800円+税
●97905 <限定>タキ1000(日本オイルターミナル・C)セット(2両) 5,000円+税
●7108 EF64 1000(JR貨物更新車・新塗装) 6,800円+税
●2241 DF200 50(新塗装) 6,500円+税
●2242 DF200 200 6,500円+税

●98667 700 0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)基本セット(8両) 21,600円+税
●98668 700 0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)増結セット(8両) 20,900円+税
再生産
●92373 E231 500系通勤電車(山手線)基本セット(3両) 9,600円+税
●92374 E231 500系通勤電車(山手線)増結セットA(2両) 3,400円+税
●92401 E231 500系通勤電車(山手線)増結セットB(6両) 12,800円+税​

 

〜引用ここまで〜

 

★管理人より

いやぁ〜いつか来るとは思っていましたが・・・来ましたね〜!!TWILIGHT EXPRESS 瑞風

223系2000番台も来るとは・・・なかなかやりますな〜TOMIXさん

JR西日本に関してはTOMIXさんの充実振りは流石のKATOさんより一枚上手ですね。
管理人が予約候補としてはJR貨物の話題の2059レ「西濃ライナー」専用コンテナ付き
コキ107ですね〜12両編成で組むにしても模型的短縮編成で組むのですが8〜9両は
欲しいですね(^^;う〜んそうなると限定品2点か・・・悩ましいがここは清水の舞台から
(*^_^*)
209系関連は管理人は購入しませんが東日本では沸き立つ商材になりそうです。

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年3月度新製品製品化・再生産情報発表!管理人注目はE353系特急「あずさ・かいじ」【ポスター画像あり】

  • 2018.11.08 Thursday
  • 12:00

皆様こんにちは(^^)

KATOさんより2019年3月新製品情報が発表になりました。

今回の目玉はやはり中央本線へ投入されたJR東日本のE353系ですね〜♪

国鉄時代はEF16+EF58-35長岡運転所の再販もあり尾久で高値になっていましたので嬉しい

再販決定です。

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

新製品 N-GAUGE
3月期発売
ベストセレクション
●10-1522 E353系「あずさ・かいじ」 基本セット(4両) 14,200円+税
●10-1523 E353系「あずさ・かいじ」 増結セット(5両) 13,100円+税
●10-1524 E353系「あずさ・かいじ」 付属編成セット(3両) 11,000円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●中央本線で活躍する最新の特急形電車E353系を製品化いたします。
平成29年(2017)12月より営業運転を開始したE353系は、従来「あずさ」「かいじ」

などで活躍していたE257系、E351系の後継車両です。空気ばね式車体傾斜装置を採用し、

E351系と同等の曲線通過性能を備えるのが大きな特徴です。
アルパインホワイトの車体にあずさバイオレットの帯を纏った、スピード感あふれる、

シンプルで力強いデザインは、まさに次世代の特急電車を象徴しています。
現在「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」にて活躍中です。
 
◆KATOオリジナルの車体傾斜機構を搭載し、実車に迫る実感的な曲線通過シーンをお楽しみいただけます。
10-1274/1275 E257系「あずさ・かいじ」も4月に再生産を予定しています。

新旧の中央本線特急列車を並べて、過渡期の雰囲気を再現してみるのはいかがでしょうか。
 
■製品特長
(1)平成30年(2018)現在の松本車両センター所属S203+S103編成がプロトタイプ。
(2)スピード感あふれる先頭形状、力強いデザインの塗装色を実車同様リアルに再現。
(3)KATOオリジナルの車体傾斜機構を採用。車体を傾斜し実車に迫る実感的な

曲線通過シーンをリアルに再現。
(4)屋根上のアンテナ類は取付済。
(5)クーラーは中央本体部がステンレス鋼無塗装、前後のカバーが銀塗装された姿を再現。
(6)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
(7)スナップオン台車採用。
(8)中間連結部はボディマウント密連カプラー(フック無)を採用。1、12号車の先頭部は

カバー付の姿を再現したダミーカプラーを採用。
   3、4号車の先頭部には、電連部分を再現したボディマウント密連カプラー(フック無)を採用。
(9)ヘッド/テールライト点灯。ヘッドライトは5灯全てが点灯。
(10)車内の椅子は普通車を青紫、グリーン車を茶色で再現。
(11)号車番号、禁煙表記、車椅子表記印刷済。
(12)行先表示シール付属。「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」など豊富な行先を収録予定。
(13)3セット全て揃えると、増結セットと付属編成セットのブックケースに12両全てを収納可能。
(14)DCCフレンドリー対応。
 
■E353系「あずさ・かいじ」 セット構成
 ←新宿・東京  松本・南小谷→
 1号車 クモハE353 3 + 2号車 モハE353 1003P + 3号車 クモハE352 3 + 

4号車 クハE353 3 + 5号車 モハE353 503P + 6号車 モハE352 503 +

 7号車 モハE353 2003 -M-P + 8号車 サハE353 3 + 9号車 サロE353 3 + 

10号車 モハE353 3P + 11号車 モハE352 3 + 12号車 クハE352 3
 

 

再生産品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1274 E257系「あずさ・かいじ」 7両基本セット 17,400円+税
●10-1275 E257系「あずさ・かいじ」 4両増結セット 9,600円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●E257系は、183系と189系の置き換え用に平成13年(2000)に登場しました。

E653系・E751系の基本構造を母体に、5色の菱形模様が配された白い車体が特徴です。

現在、中央線の特急「あずさ」「かいじ」に使用され、首都圏と信濃路を結んで活躍しています。
車両の外観に見られる菱形模様はアルプスの山々やリンゴの花をイメージした白を基調に、

四季の彩りをあらわしており桃色(春の花)、碧色(夏の木の葉)、黄色(秋の紅葉)、

青紫(冬の山々)、銀色(八ヶ岳やアルプスの嶺)を表しています。
現在は修学旅行臨時列車としての活躍も見られます。
 
◆強化形スカートを装備した現行仕様のE257系をお楽しみいただけます。

特急運用だけではなく、「中央ライナー」「青梅ライナー」の再現も可能です。
 
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)E257系の車体形状を忠実に再現。また前面のスカートは現行の強化形の形態を再現。
(2)ホワイトの車体に配されたカラフルなストライプと表記類を美しく表現。
(3)車体と段差の少ない側面ガラスの形状を忠実に再現。前面ガラスには編成番号表示を再現。
(4)ヘッドライト・テールライト点灯。電球色LED採用。3号車は消灯スイッチ付。
(5)PS36シングルアームパンタグラフを繊細かつ忠実に再現。
(6)ヘッドマーク・行先表示シールに「あずさ」「かいじ」の他に「中央ライナー」

「青梅ライナー」を収録。
(7)定評ある動力ユニット(フライホイール非搭載)を装備。スムーズでパワフルな走行を実現。
(8)中間連結部は、ボディーマウント式KATOカプラー密連形を標準装備。

実感的な連結面とスムーズな走行を実現。
(9)DCCフレンドリー対応。
 
■E257系「あずさ・かいじ」 セット構成
 ●「あずさ」 新宿〜松本・南小谷
 ●「かいじ」 新宿〜甲府
  ←新宿  甲府・松本・南小谷→
  1号車 クハE257 4 + 2号車 クモハE257 4P + 3号車 クハE257 107 +

4号車 モハE257 7P + 5号車 モハE256 7 -M- + 6号車 モハE257 1007P +

7号車 サハE257 7 + 8号車 サロハE257 7 + 9号車 モハE257 107P +

10号車 モハE256 107 + 11号車 クハE256 7

 

再生産品 N-GAUGE
3月期発売
●10-1428 115系1000番台 長野色 3両基本セット 11,000円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●長野色をまとった115系1000番台が登場です。
外観は115系1000番台の特徴であるシールドビーム・ユニット窓・冷房装置搭載(準備)・

シートピッチ拡大車のために一部の窓配置が異なるほか、雪切室の設置など耐寒耐雪装備を

強化した姿が特徴的です。また平成4年(1992)以降順次爽やかな塗色に変更され

長野色と言われた塗色はファンからの人気も高く、現在も信州エリアで活躍している

211系に引き継がれています。
 
◆先月製品化の告知をさせていただきました10-1525/1526 189系<グレードアップあずさ>

や211系長野色の各製品と合わせると、かつての中央線のシーンをお楽しみいただけます。
 
◆今回は基本セットのみの再生産になります。
仕様については従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)プロトタイプは長野総合車両所所属のN15編成。平成6〜9年(1994〜1997)頃、

横軽区間でEF63との連結運転を行っていた末期を設定時期に、冷房改造、

循環式汚物処理装置取付、側面方向幕使用、列車無線アンテナ取付で製品化。
(2)先頭車の先頭部は連結可能、ヘッド/テールライト・前面表示幕点灯(消灯SW付)。

電球色LEDを採用。
(3)冷房装置はステンレスキセのAU75G、パンタグラフはPS23、長野所属車の特徴として

側面の行先サボは無い状態を再現。
(4)ジャンパ栓(ユーザー付部品)はKE76の形状を再現。
(5)フォギーグレーをベースに窓周りをアドバンスブルー、リフレッシュグリーンの

ストライプを巻いた爽やかな塗色を忠実に再現。
(6)動力車はトラクションタイヤ付で設定。
(7)前面表示は「普通(紺地に白字)」、側面表示は「長野行」を印刷済。
(8)行先表示シール付属。
(9)DCCフレンドリー
 
■115系1000番台 長野色 3両基本セット セット構成
 ←高崎・松本  長野・直江津→
 クモハ115 1036 + モハ114 1047 -M-P + クハ115 1037
 N15編成

 

新製品 N-GAUGE
3月期発売
ベストセレクション
●10-1379 313系5000番台 <新快速> 基本セット(3両) 10,800円+税
●10-1380 313系5000番台 <新快速> 増結セット(3両) 7,100円+税
●10-1381 313系5300番台 <新快速> 2両増結セット 6,000円+税
JR東海承認申請中
 
■商品紹介
●中京圏の東海道線輸送の要を担う、313系5000番台・5300番台を製品化いたします。
大垣電車区に所属し、中京圏で幅広く活躍する313系の中でも、中心的な活躍を見せるのが

この5000番台です。車内はオール転換クロスシート採用で、高速走行時の乗り心地向上のため、

車体間ダンパとセミアクティブ装置が導入されているのが大きな特徴です。313系5300番台は、

313系5000番台を2両編成化した車両です。「新快速」等の運用では、

8両という長大な編成での活躍も見られます。
 
◆313系5000番台は、中間連結部に見られる車体間ダンパを再現。
既存製品とは車番が異なるので、コレクションとしてもおすすめです。
 
◆313系5300番台は初の製品化です。
今回発売になる313系5000番台との連結はもちろん、既存製品の313系5000番台や、

実車で見られる313系0番台、3000番台との組み合わせの再現も楽しみ方の一つです。
 
■製品特長
(1)現行の大垣電車区所属Y109編成、Z4編成がプロトタイプ。
(2)各車の特徴を的確に再現。
   ●5000番台
   ・5000番台特有の車体間ダンパを再現。
   ・既存製品とは異なる車番で製品化。
   ●5300番台
   ・5000番台を踏襲しつつも、2両編成化された形態を再現。

実車同様に車体間ダンパは非装備。
(3)先頭・中間連結部ともボディマウントタイプのKATOカプラー密連形

(フック付)を採用。
(4)フライホイール付動力ユニット搭載で、安定した走行を実現。
(5)全ての先頭車のヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。

ヘッドライトは実車同様明るい白色を再現。
(6)行先表示は「新快速 大垣」が印刷済。「特別快速 豊橋」の前面行先表示付属。
(7)313系前面の特徴である、ステップ上面の滑り止めを再現できるシールが付属。
(8)優先席表示シール付属。
(9)313系5000番台 増結セットのパッケージに、313系5000番台 基本セット、

5300番台 2両増結セットの車両を収納可能。
(10)DCCフレンドリー対応。
(11)ホビーセンターカトーから、313系の種別表示・行先表示を収録した

「28-140N 313系グレードアップシール(LED車用)」を発売予定。
 
■313系5000番台 <新快速>、313系5300番台 <新快速> セット構成
 ←大垣・岐阜  豊橋→
 クハ312 5021 + クモハ313 5304P + クハ312 5009 + モハ313 5309P +

サハ313 5009 + モハ313 5009 -M-P + サハ313 5309 + クモハ313 5009P
 

新製品 N-GAUGE
3月期発売
●10-1530 313系8000番台(中央本線) 3両セット 12,000円+税
JR東海承認申請中
 
■商品紹介
●313系8000番台を、現在の姿で製品化いたします。
平成11年(1999)より「セントラルライナー」(中央本線の名古屋〜中津川間)

を中心に運用されていましたが、平成25年(2013)に同列車の運行が終了となり、

現在は他番台の313系と同様に普通列車、快速列車などで活躍しています。

名古屋〜中津川間の快速運用で主に活躍しており、夕ラッシュ時の

「ホームライナー瑞浪」としても運転されています。
 
◆他番台とは異なる、オレンジ色を配したメタリックフェイスが最大の特徴で、

313系の中でも個性の強い車両です。
実車では3+3の6両編成、1100番台と併結した3+3+4の10両編成などの運転も見られます。
他の313系をはじめとする中京地区で活躍する車両とともにお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)既存製品とは異なる車番で製品化。
(2)クハ312の車椅子マークの下に、現在見られるベビーカーマークを再現。
(3)ヘッドライト/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。

ライトユニットは電球色LEDを採用。
(4)313系前面の特徴である、ステップ上面の滑り止めを再現できるシールが付属。
(5)各側面に2個設置された座席表示窓(白地で印刷)を再現。
(6)3分割された側面を再現。
(7)運転台屋根上に設置された列車無線アンテナを表現。
(8)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。併結運転を考慮し、

トラクションタイヤなし。
(9)先頭・中間連結部ともボディマウントタイプのKATOカプラー密連形(フック付)を採用。
(10)前面表示は「快速 中津川」印刷済のパーツを取付済。
(11)現行の運用に合わせた行先表示・側面表示シール、優先席表示シール付属。
   前面種別表示:「普通」「快速」「セントラルライナー」「臨時」
   前面行先表示:「名古屋」「高蔵寺」「多治見」「瑞浪」「中津川」
   側面表示:「快速/名古屋」「快速/中津川」「ホームライナー瑞浪/瑞浪」

「セントラルライナー/名古屋」「セントラルライナー/中津川」「臨時/  」

「普通/名古屋」「普通/高蔵寺」「普通/多治見」
   側面座席表示:「1 指定」〜「6 指定」 「1 自由」〜「10 自由」
(12)DCCフレンドリー対応。
 
■313系8000番台(中央本線)3両セット セット構成
 ←名古屋  中津川→
 クハ312 8003 + モハ313 8503 -M-P + クモハ313 8503

 

新製品 N-GAUGE
3月期発売
●5242 スユニ61 2,200円+税
 
■商品紹介
●かつて全国で活躍した、郵便車スユニ61を製品化いたします。
昭和40(1965)〜43年(1968)にかけて、オハニ61等をベースに改造を施した

郵便荷物合造車です。改造前の種車の形式などにより番台が異なり、

北海道から九州に至る全国各地で活躍する姿が見られました。
今回製品化する0番台は、オハニ61の元客室部分を郵便室に改造したもので、

外観に客室時代の1000mm幅窓が残っているのが大きな特徴です。
 
◆旧形客車の編成にピッタリな郵便車です。
好評発売中の各旧形客車と組み合わせて、かつて各地で見られた普通列車を再現可能です。
同時期を活躍した特急列車、急行列車や貨物列車などと共にかつての情景をお楽しみいただけます。
同時再生産予定のオハ35系各種や2021 C11との組み合わせもおすすめです。
 
■製品特長
(1)TR11台車装備の0番台を、既存製品とは異なる車番で初の単品製品化。
(2)緩急室側の妻面はテールライト点灯(消灯スイッチ付)。
(3)妻面標記印刷済。
(4)旧形客車ならではの茶色の車体色を的確に再現。
(5)カプラーは台車マウントのアーノルドカプラー採用。
(6)車番:スユニ61 38  所属標記:「米イモ」

 

再生産品 N-GAUGE
3月期発売
●5127-3 オハ35 茶 戦後形 1,400円+税
●5127-4 オハ35 ブルー 戦後形 1,400円+税
●5128-3 オハフ33 茶 戦後形 1,700円+税
●5128-4 オハフ33 ブルー 戦後形 1,700円+税
 
■商品紹介
●オハ35系は戦前の国鉄を代表する客車形式のひとつで、実に2,000両以上が量産された、

国内の客車では最多両数を誇る系列です。
昭和14年(1939)に折妻・丸屋根、1メートル幅の客室窓、TR23形台車、

溶接を多用した構造で登場。戦前の生産は昭和17年(1942)に打ち切られましたが、

戦後になって製造が再開されると、資材の入手難や工法の進化などの事情が重なって、

戦後形と分類できるような独自の形態で登場しました。その特徴は折妻のまま丸屋根が直線化

(当初は絞り込みあり)したもので、ちょうど一般形のオハ35系と後に登場する切妻の

スハ43系の中間に位置する形態を備えていました。台車も中途から平軸受のTR23形を

国産のコロ軸受に改良したTR34形が採用されています。運用的には一般形のオハ35系

とまったく同様に使用されたので、その活躍範囲は全国の線区におよび、急行列車から

普通列車まで、いたる所でその活躍を見ることができました。
 
◆蒸気機関車からディーゼル機関車、電気機関車など様々な牽引機でお楽しみいただける車両です。

車両を組み合わせて往年の普通列車、急行列車を再現可能です。
 
◆今回の製品は再生産になります。仕様については従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)「きのこ、食パン」と形容された妻板をもつ戦後形のオハ35系の特徴を忠実に再現。
(2)今は懐かしいカラーリングとなった、国鉄旧一般形客車の標準塗色を美しく再現。
(3)茶色は原形車両のイメージで木製ドア。ブルーは更新車両のイメージでHゴムの

ついた金属製ドアの形状を採用。
(4)オハ35戦後形にはTR23台車(コロ軸受)をリアルに再現。
(5)オハフ33戦後形にはTR34台車を採用。
(6)オハフ33はテールライト点灯(消灯スイッチ付)。
(7)全車両アーノルドカプラー標準装備。

 

再生産品 N-GAUGE
3月期発売
●2021 C11 11,000円+税
 

■商品紹介

●C11は昭和7(1932)年から昭和22(1947)年にかけて381両も製造された

「1C2」の軸配置を持つタンク式蒸気機関車です。全国各地で活躍し、本線での旅客列車、

貨物列車の牽引から構内での入換までをこなしました。佐世保線で20系「さくら」

を牽引したのは有名な話です。現在も日本の各地で動態保存されています。
 
◆小振りな車体は小形レイアウトや小スペースでの運転に適し、タンク機ならではの

バック運転や小編成での運転をお楽しみいただけます。
好評発売中のオハ61系や、同時再生産予定のオハ35系をはじめとした客車、

貨車の牽引機としておすすめです。
 
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)昭和15(1940)〜18年(1943)に製造された、三次形がプロトタイプ。
(2)昭和40年半ば以降に見られた形態を製品化。LP42形前灯/スポーク先輪・

従輪/ATS発電機装備/増炭改造なし/回転式火の粉止めなし/バイパス弁点検窓なし

/CP排気管・マフラーは煙突の後部に搭載。
(3)コアレスモーター搭載で、室内灯付の旧形客車6両程度を牽引しての走行が可能。
(4)最少通過半径はR216で設定。
(5)前照灯点灯、前後とも進行方向側が点灯。
(6)炭庫側がアーノルドカプラー(交換用ナックルカプラー付属)、

前部がダミーカプラー(重連・バック運転用アーノルドカプラー及びナックルカプラー付属)で設定。
(7)選択式のナンバープレートは「174」「193」「223」「235」。
(8)別売のC12に付属するスノープロウを取り付けることも可能。

 

再生産品 N-GAUGE
3月期発売
●3056 EF58 35 長岡運転所 6,500円+税
 
■商品紹介
●EF58 35号機は昭和27年(1952)3月東芝で製造され、EF58としては

最初に流線形車体で登場した機関車です。旧車体に流線形の運転台を追加して製造されたため、

側面窓が小さな7つ窓であることや、屋根上の大きなベンチレーター台座や小さなモニターなど、

他のEF58とは一味違う変形機として昭和56年の廃車時まで注目された車両です。
 
◆今回の製品は再生産になります。
今回製品より、ヘッドライト用のLEDが電球色に変更になります。それ以外については、

従来製品からの変更はありません。
 
◆2019年2月に再生産予定の10-816/817 10系寝台急行「能登」の牽引機におすすめの機関車です。

そのほか、上越線で活躍した各列車の牽引機としてもお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)長岡運転所所属の昭和53年(1978)頃をプロトタイプに再現。
(2)35号機ならではの形態を専用車体により的確に再現。
  ・側面7つ窓を再現。左右両端の各2枚の窓には窓サッシを表現。
  ・取り付け角度が左右に開いた前面ツララ切りを再現。
  ・ナンバープレート、メーカーズプレートは車体一体表現。
  ・東芝製EF58の特徴である緩やかな前面屋根Rを再現。
  ・エッジの利いた前面中央の鼻筋を再現。
  ・白い誘導員手スリを再現。
  ・乗務員扉の手スリ/カバン掛けや短い昇降手すり、天地の短い乗務員窓を表現。
  ・屋根上の大きなベンチレーター台座と小さなモニターを再現。
  ・パイプ状のパンタシューをもつPS14パンタグラフを再現。
(3)運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)。
(4)車体表記をリアルに再現。
(5)フライホイール搭載動力ユニットで安定した走行を実現。
(6)ヘッドライト 点灯。今回生産分より電球色LED適用。
(7)アーノルドカプラー標準装備(KATOナックルカプラー付属)。

 

再生産品 N-GAUGE
3月期発売
●3063 EF16 6,800円+税
 
■商品紹介
●EF16は、昭和26年(1951)に奥羽本線の板谷峠用にEF15を改造して登場しました。

昭和33年(1958)には上越線に活躍の場を移し、上越国境水上〜石打間の前補機として

EF58、EF15、EF64、EF65-1000などとタッグを組み活躍しました。
 
◆今回の製品は再生産になります。
今回生産分より、ヘッドライト用のLEDが電球色に変更になります。

それ以外の仕様については、従来製品からの変更はありません。
 
◆同時再生産予定の3056 EF58-35 長岡運転所や、

2019年2月再生産予定の10-817/818 10系寝台急行「能登」を組み合わせて、

上越国境を越える寝台急行「能登」を再現できます。

そのほかのEF58が牽引する客車列車や、国鉄形電気機関車が牽く

貨物列車の前補機としてお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)峠越えに特化したEF15初期形改造車であるEF16のボディ形態を再現。
(2)ツララ切りの装備、モニターのない屋根上、形態や数の異なる各窓、

砂箱の少ない台車枠を再現。
(3)ベンチレーターにグローブベンチレーターを設定

(ガーランド形ベンチレーターを交換用部品として付属)。
(4)パイプ状のパンタシューをもつPS14パンタグラフを再現。
(5)運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)。
(6)車体表記をリアルに再現。
(7)フライホイール搭載動力ユニット採用で安定した走行を実現。

実物の補機という役割から、模型でも他の動力車との協調性を考慮してトラクションタイヤは無し。
(8)ヘッドライト 点灯。今回生産分より、電球色LEDを採用。
(9)アーノルドカプラー標準装備(KATOナックルカプラー付属)。
(10)選択式ナンバープレート:「20」「21」「22」「23」

 

〜引用ここまで〜

 

★管理人より

今回の目玉はやはりE353系と再生産となるE257系・115系など中央本線系統ですね〜!

313系ですが・・・是非とも1300番台も再生産して欲しいところです。

国鉄系列は再生産となりますがスユニ61を新規で出したり、中古市場で高値になっている

EF58-35長岡やC11などの再生産は嬉しいニュースです(≧∇≦)b

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX2019年3月新製品製品化情報発表!管理人注目はキハ81+82「くろしお」

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 15:20

皆様こんにちは(^^)

10月に入っても25℃前後の気温と20℃へ急降下の天候でやや調子を崩して

おります管理人でございますf^^;

さてさて先日KATOさんより2019年3月期の発表がございましたが本日は

TOMIXさんより新製品製品化発表がありました。

管理人が注目しているのはキハ81+82系特急「くろしお」ですね〜♪

53-10で381系特急電車に置き換え前まではキハ81最期の活躍の場であった

紀勢本線の特急「くろしお」がいよいよ発売になります。

KATOは「いなほ・はつかり」で昭和30年代に対してTOMIXさんは昭和50年頃

のブルトレ世代どストライク〜!ゾーン(笑)を狙ってきていますね〜(^^;

 

 

その他の発表品は以下の通りです。

 

98314 JR 167系電車(田町アコモ車)基本セット 16,500 2019年03月 PDF 2018.10.10
98315 JR 167系電車(田町アコモ車)増結セット 12,300 2019年03月 PDF 2018.10.10
98319 JR E5系東北・北海道新幹線(はやぶさ・増備型)基本セット 13,700 2019年03月 PDF 2018.10.10
98320 JR E5系東北・北海道新幹線(はやぶさ・増備型)増結セット 15,100 2019年03月 PDF 2018.10.10
98663 JR E6系秋田新幹線(こまち・後期型)セット 23,400 2019年03月 PDF 2018.10.10
98664 JR 209-500系通勤電車(武蔵野線・更新車)セット 20,800 2019年03月 PDF 2018.10.10
97903 限定品 JR EF81・24系(トワイライトエクスプレス・登場時)セット 28,000 2019年03月 PDF 2018.10.10
97909 限定品 JR E233 1000系通勤電車(京浜東北線 ・131編成)セット 25,500 2019年03月

 

全体的に全年齢層をターゲットにした戦略はなかなかやりますね〜

管理人は今回はスルー(KATOのキハ58とEF81は予約)しますが関西方面の
皆様にはトワイライトと並び待望の製品化かと思います。

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年2月期新製品キハ58系非冷房キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!急行「いいで・ざおう」【ポスター画像あり】

  • 2018.10.05 Friday
  • 14:08

皆様こんにちは(^^)

KATOさんより2019年2月期の新製品発表がありました。

今回の目玉はキハ58・28系列非冷房キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

しかも800番台修学旅行色混成キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

●10-1531 キハ58系(非冷房車) 急行「いいで」 7両セット 23,900円+税
●10-1532 キハ58系(非冷房車) 急行「ざおう」 5両セット 18,800円+税
□インフォメーション
KATOキハ58系リニューアル製品のラインナップに非冷房車が登場。 
昭和30年代後半〜40年代前半(1960年代)に都市部と各地の支線区を結ぶキハ58系

の気動車急行が続々と登場し、急行「いいで」「ざおう」は、上野を出て東北本線を下り、

郡山で分割して「いいで」は磐越西線を通って新潟へ、「ざおう」は東北本線を更に北上し、

福島から奥羽本線経由で山形を結んだ多層建ての急行列車です。「ざおう」の編成には

修学旅行色をまとったキハ58系800番台も含まれていました。キハ58系非冷房車の様々な

バリエーション(0番台、400番台、800番台)が混在する編成を再現可能です。

 

□主な特長
●昭和53年(1978)頃のキハ58系をプロトタイプに製品化。
●キハ28の0番台、キハ58は0番台と長大編成対応の400番台の非冷房車を新規に製作。
●キロ28は自車給電タイプの4DQエンジン搭載冷房改造車を製品化。
●「ざおう」には修学旅行用の800番台もキハ28、58共にラインナップ。特徴的な

洗面所部の窓配置や車体の修学旅行色を的確に再現。
●番台ごとで異なる形態を的確に製品化。
 ・キハ58 400番台:冷房用ジャンパ栓なし、妻面窓は2つの姿で再現。前面の

タイフォンはシャッター式のものを再現。
 ・キハ58/28 0番台:客扉下部の丸窓無し、運転室側窓点検蓋の無い姿を再現。

前面のタイフォンはスリット式のものを再現。
 ・キハ58/28 800番台:左側面の洗面窓の位置が0番台とは異なる姿を再現。

特徴的な修学旅行色をまとった姿を再現。
 ・キロ28 100番台:既存製品のキロ28(新製冷房車)と比べて、屋根の高さ、

冷房用のエンジン及び吸気口、クーラーなどが大きく異なる冷房改造車の形態を再現。
●キハ58/28はいずれも複線スノープロウを装備。
●車内のイスは普通車は濃青色、キロ28はえんじ色で再現。
●前面表示は、ライトユニットを組み込んである車両は「急行」が印刷済。

それ以外の車両は無地で設定。
●前面ホロは「いいで」の1号車、「ざおう」の8号車のみ非装備、

他の車両は全て前面ホロ取付。お好みで貫通ホロを取付/取り外し可能。
●保安装置表記:「S」
●フライホイール搭載動力ユニットを採用、安定した走行を実現。
●急行「いいで」はトラクションタイヤつき、急行「ざおう」は

併結を考慮しトラクションタイヤ無し。
●ヘッド/テールライト、前面表示幕点灯(消灯スイッチ付)。

電球色LEDを採用。急行「いいで」2、3号車と急行「ざおう」

9、10号車はライトユニット非装備。
●カプラーはボディマウント密自連形採用。
●付属部品としてエアホースを再現した胴受・ジャンパ栓が付属。
●側面サボ、号車サボ、種別サボを収録したシールが付属。

■キハ58系(非冷房車) 急行「いいで」/「ざおう」 セット構成
 ←上野  急行「いいで」7両セット  

新潟→ ←上野  

急行「ざおう」5両セット  山形→
 1号車 ←キハ58 159 急行色 + 2号車 キハ28 192→ 急行色 + 3号車 キハ58 580→

急行色 + 4号車 ←キハ58 206 急行色 + 5号車 キロ28 135 急行色 + 6号車

←キハ58 568 -M- 急行色 + 7号車 キハ58 225→ 急行色 + 8号車

←キハ58 813 修学旅行色 + 9号車 キハ28 807→ 修学旅行色 +

10号車 キハ58 603→ -M- 急行色 + 11号車 ←キハ28 150 急行色 +

12号車 キハ58 590→ 急行色
 太字下線部:急行「いいで」7両セット
 下線部:急行「ざおう」5両セット

 

●10-1525 189系<グレードアップあずさ>7両基本セット 20,700円+税
●10-1526 189系<グレードアップあずさ>4両増結セット 10,100円+税


□インフォメーション
平成9年(1997)に在来線の特急「あさま」廃止により、同列車で使用されていた

189系が特急「あずさ」へと転用されました。転用に際し、あずさ色への塗色変更、

編成のグリーン車と指定席車の位置を従来の「あずさ」に合わせる目的で

先頭車の方向転換などが行われました。
中央本線で活躍し、「あずさ」のほかに「かいじ」「かいじほたる祭り号」

「急行 アルプス」などの運用もありました。
189系の大窓車・小窓車が混在する特急「あずさ」をお楽しみいただけます。
フル編成の11両編成はもちろん、実車で見られた9両編成の再現も可能です。
□主な特長
●平成13年(2001)の長野総合車両所所属のN203編成がプロトタイプ。
●両先頭車は「あずさ」へ転用の際に行われた、方向転換によるジャンパ栓受の

移設などの特徴を的確に再現。
 ・クハ189 12:方向転換により先頭ジャンパ栓受が向かって左側へ

変更された形を再現。
 ・クハ189 502:方向転換により先頭ジャンパ栓が向かって右側のみ

残された姿を再現。
●フォギーグレーの車体にアルパインブルーの太い帯とファンタジーバイオレット

の細い帯をまとった姿を鮮やかに再現。
●長野総合車両所所属車に見られた、先頭車連結器カバーありの姿で製品化。
●モハ188の大窓車の前期形、小窓車の後期形を新規に用意。
 ・モハ188 大窓車 前期形:屋根ランボードに配管カバー無、妻面配管は

内部に引き込まれた姿を再現。
 ・モハ188 小窓車 後期形:屋根ランボードに配管カバー有、妻面配管が

露出された姿を再現。
●モハ188のパンタグラフ台枠は、耐雪カバー付の姿を再現。
●動力は定評あるフライホイール付動力ユニットを搭載。安定した走行が可能。
●床下車端部に、循環式汚物処理装置を再現。
●中間連結部には密連形カプラー#2(フックなし)を装備。
●イスの色はグリーン車は茶色、普通車は紫色で再現。
●ヘッド/テールライト、愛称表示点灯。ライトユニットは白色LEDを採用。
●保安装置表記:「P/SN」
●号車番号、禁煙車表示印刷済。側面行先表示は「特急 あずさ 松本」が印刷済。
●変換式トレインマークは「あずさ」「かいじ」「かいじほたる祭り号」

「急行 アルプス」を収録。 各列車の運用に対応した内容を収録した行先表示シールが付属。
 ■189系<グレードアップあずさ> セット構成
 ←新宿・東京  松本→
 1号車 クハ189 12 小窓車 +

2号車 モハ188 41P 小窓車 +

3号車 モハ189 41 小窓車 +

4号車 モハ188 48P 大窓車(グレードアップ車) +

5号車 モハ189 48 -M- 大窓車(グレードアップ車) +

6号車 サロ189 102 大窓車(グレードアップ車) + 

7号車 モハ188 46P 大窓車(グレードアップ車) +

8号車 モハ189 46 大窓車(グレードアップ車) +

9号車 モハ188 13P 大窓車(グレードアップ車) +

10号車 モハ189 13 大窓車(グレードアップ車) + 

11号車 クハ189 502 大窓車(グレードアップ車)

 

 

●10-1212 211系3000番台 長野色(スカート強化形) 3両セット 

10,200円+税


□インフォメーション
国鉄末期の昭和60年(1985)に登場した211系は、国鉄の新系列近郊形電車

として初めてのステンレスボディーで誕生しました。中でも1000・

3000番台は勾配・寒冷地線区向けの車両で、セミクロスシート仕様の1000番台と、

ロングシート仕様の3000番台が、115系の後継車として活躍が始まりました。

ステンレス車体に湘南色の塗色をイメージした帯が貼られ、高崎線・東北本線などで

活躍していましたがE231系の増備に伴い、短編成化されて房総地区に転出した後、

老朽化した長野地区の115系の置き替えのため、平成25年(2013)より短編成化・

塗装変更された211系が順次投入されました。
現在はスカートが強化形のものに換装され、中央本線・篠ノ井線の高尾〜長野間、

大糸線松本〜信濃大町間、飯田線辰野〜飯田間や富士急行線大月〜河口湖間などで

幅広く活躍を続けています。
スカートが強化形になった211系3000番台長野色は3両編成のほか、

3+3両の6両編成での運転も見られます。
□主な特長(抜粋)
●211系3000番台 長野色(スカート強化形)
 ・平成30年(2018)の長野総合車両センター所属のN306編成がプロトタイプ。
 ・電気連結器部分に切欠きのある、スノープロウ一体形の

強化形スカートを新規パーツで再現。
 ・長野色と呼ばれるカラーリングに準じた、アルパインブルーと

フレッシュグリーンの帯を再現。
 ・中央線・篠ノ井線の狭小トンネルに対応した

、PS33シングルアームパンタグラフを搭載した姿を再現。
 ・先頭部はKATOカプラー伸縮密連形、中間連結部には

ジャンパ管付KATOカプラー密連形を標準装備。
 ・クハ210の中間連結部側の台車に、台車マウントタイプの

汚物処理装置を装備。
 ・ヘッド/テールライト、前面種別表示点灯(消灯スイッチ付)。

ライトユニットはLEDを採用し、既存製品に比べて良好な点灯状態を確保。
・前面種別表示はLED式、幕式を選択可能。既存製品に新たな行先を加えた

行先表示シールが付属。
・2編成併結の運転を考慮し、トラクションタイヤ非装備。
 
■211系3000番台長野色 セット構成
 ←高尾・飯田  長野・信濃大町→
 1号車 クモハ211 3001P + 2号車 モハ210 3001 -M- + 3号車 クハ210 3001
 
■211系3000番台長野色 編成例
 ←高尾・飯田  長野・信濃大町→
 クモハ211 3001P + モハ210 3001 -M- + クハ210 3001 + 

クモハ211P + モハ210 -M- + クハ210

 

●3066-1 EF81 一般色 7,400円+税
□インフォメーション
国鉄形の電気機関車EF81。JR無線アンテナ、常磐無線アンテナ非装備の

原形のEF81一般色を製品化。
大阪〜青森間のいわゆる日本海縦貫線の全線電化を機に、同区間内に存在する

3種類の電化区間(直流1500V、交流20000V 50Hz/60Hz)を通し運転可能な

電気機関車として昭和43年(1968)から新製されました。EF65に匹敵する出力で、

本州〜九州の幅広い地域で旅客・貨物の牽引機として活躍しました。
□主な特長(抜粋)
●EF81 一般色
 ・新製時〜昭和62年(1986)までの47〜126号機の形態がプロトタイプ。
 ・大形の電暖表示灯、外バメ式テールライト、赤13号の通称ローズピンクと

呼ばれる車体塗装などの外観を的確に再現。
 ・Hゴムはグレーで再現。解放テコは黒色で再現。
 ・碍子の色は緑色で再現。
 ・フライホイール搭載の動力ユニットで、安定したパワフルな牽引力を発揮。
 ・アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラーが付属。
 ・ヘッドライト点灯。ライトユニットのLEDは電球色を採用。
 ・製造銘板は「日立」「三菱電機+三菱重工」の2種類を収録。
 ・選択式ナンバープレート:「57」「74」「88」「102」
 ・ATS表記:「S」
 ・クイックヘッドマーク対応。
 ・「ゆうづる」「日本海」のヘッドマークが付属。

〜引用ここまで〜

★管理人より

いやぁ〜キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってかんじですね!キハ58新規で発売になった時

から待望の非冷房しかも800番台も!こりゃ〜予約したいですね〜!

中央線関連も189系のリニューアルや211系長野色など管理人どストライクゾーン(笑)

ですね〜♪(^^;

EF81ローピンも来ましたね!常磐線や水戸線客レ用にこちらも購入したいです。

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX2019年1月~3月新製品情報発表!2月予定に185系完全新規で登場!200番台も!

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 16:19

皆様こんにちは(^^)

TOMIXさんTOMYTECさんの2019年1月〜3月製品化予定が発表になりました〜♪

管理人注目はやはり185系0番台と200番台ですね!

これは2月に向けて予算確保して置きたいところです。欲を言えば「湘南ブロック」

塗装も製品化して欲しかったですが次回発表に期待しましょう(^^)

〜以下http://N-Gauge Informationさんより引用〜

※記事中の画像は全て管理人撮影(禁転載)

2018年10月予定
新製品
●5722 TCSホーム用サウンドユニットII 19,800円+税
 2018年11月予定
新製品
●97904 <限定>キハ58系ディーゼルカー(いさり火)セット(3両) 16,600円+税 (※既発表・受注開始済)
●90178 ベーシックセットSD E5系はやぶさ 19,800円+税 (※既発表・受注開始済)
●90179 ベーシックセットSD ブルートレイン 18,000円+税 (※既発表・受注開始済)
再生産
●98025 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-100形セット(2両) 9,800円+税
 
2019年1月予定
新製品
●98316 485系特急電車(ひたち)基本セットA(4両) 17,000円+税
●98317 485系特急電車(ひたち)基本セットB(4両) 17,000円+税
●98318 485系特急電車(ひたち)増結セット(3両) 8,800円+税


 ◆実車ガイド

・「ひたち」は1972年から485系が投入された特急電車です
・1992年からは「ひたち」専用塗装の485系が登場、窓周りを濃いグレ薄緑の帯をまとった姿となりました、1998年12月に全列車が他形式へ統一

されて引退するまで活躍しました
 ◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・1992年から登場した、ひたち専用塗装の姿を再現
・全車種別票挿しが撤去され、号車札挿しのみが残った姿を新規製作で再現
・モハユニットは初期型で再現
・Hゴムはグレーで再現
・JRマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート対応(基本セットA・Bに付属)
・無線アンテナなど別パーツ付属(基本セットA・Bに付属)
・ヘッド・テールライト・トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・トレインマークは印刷済みでイラストの「ひたち」装着済み
・トレインマークはカラープリズムの採用で白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力採用(増結セット除く)
・新集電システム・黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備

■基本セットAについて
・先頭車はクハ481 1100とクハ481 0をセット
・クハ481 1100は小窓が並ぶ特徴ある姿を新規製作で再現
・クハ481 0は特急シンボルマークが撤去され、ジャンパ栓を別パーツで

取り付けが出来る姿を新規製作で再現
・クハ481 0の先頭部はスカートを新規製作、密連形TNカプラー(SP)装備
■基本セットBについて
・先頭車はクハ481 300とクハ481 0をセット
・クハ481 300は特急シンボルマークが撤去され、ジャンパ栓を別パーツで

取り付けが出来る姿を新規製作で再現
・クハ481 0の先頭部はスカートを新規製作、密連形TNカプラー(SP)装備
・クハ481 0は特急シンボルマークの有る姿で再現、特急シンボルマークパーツ付属
■増結セットについて
・基本A・Bどちらにも共通で使用する増結セット
・サハ481 300はサロ481から改造された車両で種別票挿しが撤去された姿を

新規製作で再現
・サハ481 300はラジオアンテナ用穴ありの姿を再現

(パーツは基本セットに付属のものを使用)
・電話アンテナ別パーツ付属

2019年2月予定

 

新製品
●7105 EF65 2000(復活国鉄色) 6,400円+税

 

●7106 EH500(2次形・新塗装) 10,000円+税

 

●7107 EH500(3次形・門司機関区) 10,000円+税

●98056 キハ40 2000形ディーゼルカー

(ねずみ男列車・目玉おやじ列車)セット(2両) 14,100円+税
 

●98303 185 0系特急電車(踊り子・強化型スカート)

基本セットA(5両) 18,700円+税
●98304 185 0系特急電車(踊り子・強化型スカート)

基本セットB(5両) 18,600円+税
●98305 185 0系特急電車(踊り子・強化型スカート)

増結セット(5両) 15,500円+税
●98306 185 200系特急電車(踊り子・強化型スカート)セット(7両) 

24,400円+税

◆実車ガイド
・185系は1981年に運用を開始した直流特急形電車です
・カラーリングはクリーム4号に赤2号の帯の国鉄特急色ではなく、

クリーム10号に緑14号の帯で帯を斜めに配置するデザインで登場しました
・2010年頃からはスカートが強化型に変更されています
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・現在も活躍する185系を新規製作で再現
・スカートは強化型を新規製作で再現
・車体はクリーム10号に緑14号のストライプの帯の姿を再現
・車番は選択式で転写シート対応(基本A・B、185 200系セットに付属)
・無線アンテナなど別パーツ付属(増結セット除く)
・クハの運転室の運行番号表示器をライト点灯式で再現
・運行番号は選択式でシール付属
・クハはJRマーク印刷済み
・サロはグリーンカーマーク印刷済み
・ヘッド・テールライト・トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・トレインマークは印刷済みパーツ「踊り子」装着、「湘南ライナー」付属

(増結セット除く)
・トレインマークは白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力採用(増結セット除く)
・新集電システム・黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
■185 0系基本セットAについて
・<98305>増結セットと組み合わせて10両の基本編成が再現できます
・クハは前面のタイフォン部分が網状の姿を新規製作で再現
■185 0系基本セットBについて
・サハを含む5両の付属編成が再現できます
・クハは前面のタイフォン部分が網状の姿を新規製作で再現
■185 0系増結セットについて
・中間車のみのセットで、<98303>基本セットAと組み合わせて

10両の基本編成が再現できます


■185 200系セットについて
・200番代の7両編成が再現できます
・クハは前面のタイフォン部分にカバーが付いている姿を新規製作で再現
・サロはトイレ窓が有る200番代特有の姿を新規製作で再現


●98309 103 1000系通勤電車(三鷹電車区)基本セット(4両) 

16,000円+税
●98310 103 1000系通勤電車(三鷹電車区)増結セット(6両) 

16,800円+税
●98999 <限定>103 1000系電車(三鷹電車区・黄色帯)セット(10両) 

33,000円+税
●98656 24系25形(北斗星3・4号・JR北海道仕様)基本セット(6両)15,900円+税
●98657 24系25形(北斗星3・4号・JR北海道仕様)増結セット(6両)12,300円+税


 

 


再生産
●9126 EF81(北斗星色) 6,500円+税


●9145 EF81(95号機・レインボー塗装) 6,500円+税


新製品
●98665 485 1000系特急電車(上沼垂色)セット(6両) 23,000円+税
再生産
●2005 C57形蒸気機関車(180号機) 16,400円+税
●92877 12系客車(ばんえつ物語・オコジョ展望車)セット(7両) 16,800円+税
●92183 南海電鉄 キハ5501・キハ5551形セット(2両) 12,000円+税
 
2019年3月予定
新製品
●98997 <限定>169系電車(妙高・冷房準備車)セット(12両) 

49,600円+税
●98998 <限定>169系電車(妙高・冷房準備車)(室内灯入り)セット(12両) 

60,400円+税

〜引用ここまで〜

 

★管理人より

今回管理人注目新製品はやはり完全新規の185系0/200番台ですね〜♪
特に200番台は地元横浜線を走るはまかいじ号で馴染み深い車両ですから要予約です(^^;
JR貨物機EF65-2000(復活国鉄色)とEH500(2次形)も出来れば押さえておきたいです。
逆に485系ひたちカラーって旧製品も人気薄だったし、今更感が・・・f^^;(謎の製品化)
3月の169系妙高室内灯付き12両で65,232円〜!ひぇ〜ヽ(`Д´)ノプンプン(HO買える)
TOMIXさんいい線だったり??な製品化だったり迷走してますね〜(泣)
これからKATOさんの攻勢を見極めたいと思います。

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2018年12月期C62常磐/1月期横浜高速Y500系新製品発表!【ポスター画像あり】

  • 2018.08.03 Friday
  • 16:06

皆様こんばんは(^^)

KATOさんより2018年12月期C62常磐形・2019年1月期横浜高速鉄道Y500系・再生産品で

中古市場ではプレ値で手が出せなかった683系8000番台スノーラビットエクスプレス9両が

待望の再生産と結構管理人個人的にグッグっとくる商品発表となりました。

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

●2017-6 C62 常磐形 (ゆうづる牽引機) 13,000円+税
□インフォメーション
常磐線全線電化直前の昭和40年(1965)、上野と青森を結ぶ寝台特急「ゆうづる」が

新設された際、平(現:いわき)〜仙台間の牽引を担ったのが平機関区所属のC62です。

東北・常磐方面の列車で活躍したC62は比較的原形を保ったままの姿でした。常磐線の

交流電化が進んだ昭和38年(1963)以降は、ヘッドライトが切れた際に交流架線下での

電球交換は危険を伴うため、予備としてシールドビームの副灯が装備されました。
20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」を組み合わせて、20系ブルートレインを牽引した

C62の雄姿をお楽しみいただけます。


※画像は当鉄道所属のKATO C62-3北海道形です(既除籍車)

□主な特長
●昭和42年(1967)頃の平機関区所属の23号機(川崎車輛製)がプロトタイプ。
●常磐形の特徴である副灯や、カバーなしの逆転機、テンダーの増炭板、側面ナンバープレート

位置が高いキャブ、下部ステーありの煙室扉、ヘッドマークステー位置が低いシンダ受などを的確に再現。
●23号機の特徴である短い煙突を再現。交換用として、通常タイプの煙突が付属。
●煙室扉上のハンドレールは銀色で再現。
●22号機が冬季に装備していたスノープロウを新規パーツで再現。交換用として付属。
●走りに定評があるコアレスモーター搭載動力ユニット、もちろんフライホイール装着で

スムーズで安定した走行を実現。
●前部ヘッドライトはもちろん点灯。テンダーのライトはダミー。
●付属部品の重連用カプラーに交換することで重連牽引の再現が可能。
●製造銘板:「川崎車輛」 ATS表記:S 全検表記:40-7 郡山工 を印刷済。
●選択式ナンバープレート「19」「22」「23」「24」
●「ゆうづる」ヘッドマークが付属。

 

●10-1459 横浜高速鉄道Y500系 8両セット 22,000円+税


※画像は当鉄道所属のマイクロエース横浜高速Y500系です。

□インフォメーション
横浜高速鉄道は、横浜市や神奈川県などが出資する第三セクターで、横浜〜元町・中華街間 に

みなとみらい線の路線を持ちます。基本的な運行形態は東急東横線の車両と共通とされているため、

自社線内・東横線内はもとより、東京メトロ副都心線・東武東上線・西武池袋線(有楽町線)

への直通運用にも充当され、幅広い地域をカバーします。
Y500系は平成16年(2004)のみなとみらい線開業に合わせて投入された車両で、

外観は東急5000系列とほぼ同一ながら、「ヨコハマの海」の青と、「躍動感のある都市」

の黄色のグラデーション、前頭部は「伸び行く都市」をイメージしたメタリックブルー

の塗色をまとっています。
最大の見どころである大胆な車体塗装はもちろん、アンテナ台座を含め青く塗装された屋根、

先頭部屋根上の黄色帯も実車通りに再現するほか、乗務員室脇の赤い識別帯や車イスマーク部

に縦に入る青帯など、こだわりのデザインを精密に再現、お手元へお届け致します。
□主な特長
●プロトタイプは、日立製クーラーを搭載するY514編成を選定。
●副都心線対応の機器類を装備した先頭車の床下機器、元町・中華街向き/渋谷向き先頭車の

スカート形態違いを再現。
●メタリックブルーの先頭部、車端部のブルーとイエローのグラデーションのM字デザイン、

Mをモチーフとしたみなとみらい線のシンボルマークを忠実に再現。
●屋根上は側面のブルーの一番濃い箇所と同じ色味で再現。先頭車は屋根先端からクーラー部

まで2本入る、比較的幅広の黄色帯を再現。
●前面ガラスに掲げられた、8両編成を示す<8Cars>を印刷で再現。
●乗務員室脇の識別表示は赤色で再現。(東急5050系8両セットと同様)
●ヘッド/テールライト、前面表示点灯。白色LEDを採用。
●種別/行先表示は前面・側面とも無地で設定。側面の行先表示のみ黒地で設定。走行中に

非表示となる側面の行先表示の再現も可能。
●行先表示シール、交換用行先前面表示(無地)付属。
 
●横浜高速鉄道Y500系 セット構成
 ←志木、小手指、和光市、渋谷  元町・中華街→
 1号車 Y514 + 2号車 Y544 + 3号車 Y554 -M-P + 4号車 Y564 + 5号車 Y574 +

6号車 Y584 + 7号車 Y594 弱冷房車 P + 8号車 Y504

 

●10-1227 [特別企画品]E231系500番台「リラックマごゆるり号」 11両セット 

29,000円+税


□インフォメーション
人気キャラクター<リラックマ>誕生15周年を記念して山手線のE231系を使用して運行される

「リラックマごゆるり号」を製品化。*<リラックマ>はサンエックス社のキャラクターの

うち最も人気のあるキャラクターです。
2018年8月1日〜8月15日の期間限定で、山手線のE231系を使用して

「リラックマと山手線ごゆるりさんぽ」をテーマにしたラッピングトレインが運行されます

。KATOは、<リラックマ>のラッピングトレインをいち早く製品化。かわいらしい「リラックマ」

「コリラックマ」「キイロイトリ」「チャイロイコグマ」のデザインをそのままNゲージ化いたします。
※本製品は日本国内専用商品となり、諸外国への輸出販売は不可となります。
□主な特長
●プロトタイプは東京総合車両センター所属のE231系500番台。編成番号は545編成。
●<リラックマ>のキャラクターのラッピングを細部まで的確に再現。車両に合わせて

特製のスリーブも用意。
●行先表示シールは編成番号を該当の編成に、また優先席表示は現行の仕様で再現。
●前面ガラスに青色グラデーションを表現。
●フライホイール搭載動力ユニットを採用、各台車には サスペンション機構搭載。
●DCCフレンドリー。
●前面窓から見える乗務員室背面仕切りを表現。また、同時に仕切り窓を通して

室内を見ることができます。
●ヘッド/テールライト点灯(クハE231-500、クハE230-500)
●中間連結部にはKATOカプラー伸縮・密連形PAT.標準装備。
 
■E231系500番台「リラックマごゆるり号」 セット構成
 ←大崎(外回り)  大崎(内回り)→
 1号車 クハE230 500 + 2号車 モハE230 500 + 3号車 モハE231 500P +

4号車 サハE231 500 + 5号車 モハE230 500 + 6号車 モハE231 500 -M-P +

7号車 サハE231 600 + 8号車 モハE230 500 + 9号車 モハE231 500P +

10号車 サハE231 4600 + 11号車 クハE231 500
〜引用ここまで〜 

 

〜以下KATOさんHPより引用〜

12月期待望の再生産!

10-810 683系8000番台「スノーラビット エクスプレス」9両セット

 

683系8000番台「スノーラビット エクスプレス」は、首都圏から北陸方面へのバイパス線として機能している北越急行ほくほく線で、在来線最速の160km/hで運転しています。
雪国に映える「フロスティーホワイト」の車体に、「クリムゾンレッド」「アクアブルー」の帯が特徴です。

 

●  北越急行六日町運輸区所属のN03(6両)+N13(3両)編成をプロトタイプに模型化。
●  実車の持つスピード感あふれる流線形の車体形状を、余すことなく再現。
●  ヘッド/テールライトを標準装備。ヘッドライトの光色の違いも再現。上部はシールドビーム(電球色)、下部はHID灯(白色)
*7号車クハ682は非装備。
●  3、6、8号車はディスクブレーキ車輪を表現
●  車体ナンバー、各扉横の号車表示や、車体のスノーラビットマーク(2、4、5号車)、北越急行ロゴマーク(1、6、7、9号車)を美しい印刷で再現
●  実車同様、3、8号車はJR西日本683系とは異なる車輌を組成した、6両基本編成と3両増結編成を商品化。
クロ683-8001+サハ682-8002+モハ683-8301(M)+サハ683-8301+サハ682-8001+クモハ683-8501+クハ682-8501+モハ683-8001+クハ683-8701
●  ヘッド/テールライト消灯スイッチ → クモハ683・クハ683に採用
●  KATOカプラー密連形(ボディマウント)標準装備 → 中間車連結部
●  KATOカプラー伸縮密連形PAT.標準装備 → 中間先頭車運転台側に採用
●  避雷器やアンテナ類をはじめとする屋根上機器を別付パーツとして的確に再現。
●  付属部品
・行先表示シール(新規設定)・屋根上機器(ユーザー付部品)・消灯スイッチ用ドライバー
●  フライホイール搭載動力ユニットを採用
●  DCCフレンドリー
●  5両ブックケース×2

 

〜引用ここまで〜

 

★管理人より

まずは地元横浜の横浜高速Y500系はお布施決定です!マイクロ製品が当鉄道には所属しております

こちらも印刷が綺麗なので一旦予約を入れてそれから試作品画像をみてみたいと思います。

683系8000番台スノーラビットエクスプレスですが尾久で30K前後という高値でしたがようやく

再生産が決定してこちらも予約しようか?思案中です。

ポスターの内容からして続けての発表が見込まれますので年末アイテムに偏ると予算が・・・( ̄∀ ̄;

                                        たら〜(汗)

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX・TOMYTEC2018年12月〜冬季(新製品説明会場発表)新製品情報発表!

  • 2018.07.12 Thursday
  • 17:53

皆様こんばんは(^^)

本日TOMIXとTOYTECさんより2018年12月期〜の製品化予告が新製品発表会会場にて

発表となりました。今回は管理人注目の商品が多数発表されております。

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

TOMIX 公式サイト「製品化決定」更新

製品化決定
 
●JR キハ47 2000形ディーゼルカー(砂かけばばあ列車・こなきじじい列車)セット
詳細PDF
 
●JR キハ100形ディーゼルカー(2次車)セット
詳細PDF
 
●JR キハ183系特急ディーゼルカー(とかち)セット
詳細PDF
 
●小田急ロマンスカー70000形GSE(第1編成)セット
詳細PDF
 
●JR 500-7000系山陽新幹線(ハローキティ新幹線)セット
詳細PDF
 
1/80 16.5mm
●JR 683-0系特急電車(サンダーバード)セットA
●JR 683-0系特急電車(サンダーバード)セットB
詳細PDF
 
1/80 16.5mm
●限定品 北越急行 683系8000番代特急電車(はくたか・スノーラビット)セット
詳細PDF
 
●国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)セット
製品化決定PDF
 
●JR 300-3000系東海道・⼭陽新幹線(後期型)セット
製品化決定PDF
 
●東京臨海高速鉄道70-000形(りんかい線)セット
製品化決定PDF
 
【掲載先:公式サイト下記URL】
http://www.tomytec.co.jp/tomix/index.html#product_list0

 

TOMYTEC 鉄道コレクション各種製品化予告公式サイト掲載

鉄道コレクション「第27弾」「西武鉄道30000系ぐでたまスマイルトレイン基本3両セット」

「西武鉄道30000系ぐでたまスマイルトレイン増結5両セット」

「OsakaMetro一番列車(谷町線32607編成)6両セット」

「ニュルンベルクトラム1000タイプ」「マインツトラム200タイプ」の

製品化予告のPDFファイルが公式サイトに掲載されています。
 
【掲載先:公式サイト下記URL】
「第27弾」
https://www.tomytec.co.jp/diocolle/items/pdf/newitem_20180712_07.pdf
「西武鉄道30000系ぐでたまスマイルトレイン基本3両セット」

「西武鉄道30000系ぐでたまスマイルトレイン増結5両セット」
https://www.tomytec.co.jp/diocolle/items/pdf/newitem_20180712_09.pdf
「OsakaMetro一番列車(谷町線32607編成)6両セット」
https://www.tomytec.co.jp/diocolle/items/pdf/newitem_20180712_08.pdf
「ニュルンベルクトラム1000タイプ」「マインツトラム200タイプ」
https://www.tomytec.co.jp/diocolle/items/pdf/newitem_20180712_01.pdf

 

〜引用ここまで〜

 

★管理人より

今回の発表の目玉はやはり「小田急70000形GSE」ですね〜♪

当鉄道では小田急電鉄の車両はたぶん私鉄車両の中では最多になるかと思われますので

今秋〜今冬はやや予算繰りに苦労しそうで今から泣きそう(笑)ですf^^;

683系スノーラビットですがNサイズで発売したら良かったと思われるユーザーの皆様

多いかと・・・何故?HO??

鉄道コレクションでは西武のぐてたまトレインが人気となりそうです。

GMさんも製品化予告していますが価格面では鉄コレの方がまだリ-ズナブルです。

関西圏も大阪メトロが早くも製品化ということでこちらも人気になるかと思われます。

 

近年ちょいと失速気味?(笑)なTOMIXさんでしたがいよいよ反撃攻勢に回ってきたようです。

今回はワクワク感がある製品化予告でしたので今後も楽しみです(^^)

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2018年11月期新製品EF80+20系ゆうづる・はくつる他発表!【ポスター画像あり】

  • 2018.07.06 Friday
  • 11:32

皆様こんにちは(^^)

KATO様より11月期の新製品案内が・・・・常磐線20系「ゆうづる」!EF80!!C62常磐形!!!

=======キター!!==(゜∀゜)!!==================!!!!!

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

11月期発売
●3064-2 EF80 1次形(ヒサシなし) 7,500円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●常磐線などで活躍した、EF80を登場当時の姿で製品化いたします。
EF80は昭和37年(1962)〜昭和42年(1967)にかけて常磐線用として登場した交直流電気機関車で、

交直流機ならではの重量増対策として1台車1モーター方式を採用しています。
今回製品化するのは1次形の中でも貨客両用機として活躍した機関車になります。登場時は前面にヒサシ

がなく、また運転室側窓も原形のすっきりした姿が特徴です。
 
◆同時発売予定の10-1518 20系寝台特急「ゆうづる」の牽引機に最適な機関車です。
また、当時の常磐線で活躍した急行列車、普通列車、貨物列車の牽引機としてもおすすめです。
往年の常磐線で見られた客車列車、貨物列車をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)20系「ゆうづる」牽引機に指定された1〜12号機の、昭和41年(1966)〜昭和48年

(1973)頃までの田端機関区所属機がプロトタイプ
(2)原形であるヒサシなしの前面形状を新規ボディで再現。
(3)運転席側窓は、改造前の引き違い式のものを再現。
(4)裾が長く低重心の車体、手スリや解放テコや、軸バネが特徴の重厚な台車を的確に表現。
(5)スカート周りを的確に再現。交換用のスノープロウが付属。
(6)屋根上機器類は実車に忠実に再現。碍子類は白色。
(7)前面手スリ、解放テコ、信号炎管、ホイッスル、アンテナ取付済。
(8)アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。
(9)ヘッドライト点灯。ライトユニットは電球色LEDを採用。
(10)各所のHゴムはグレーで再現。
(11)製造銘板(ボディ彫込)は「日立」を印刷済。ATS表記「S」、全検表記「41-8 大宮工」
(12)選択式ナンバープレート「3」「6」「7」「9」
(13)クイックヘッドマーク対応。「ゆうづる」のヘッドマークが2個付属。
 11月期発売
新製品
●10-1518 20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」 8両基本セット 15,400円+税
再生産
●10-1353 20系寝台客車 ナハネ20 6両増結セット 11,200円+税
JR東日本商品化許諾申請中 JR西日本商品化許諾済
 
※画像は当鉄道所属KATO20系「あけぼの」(旧製品)です。

■商品紹介
●上野から青森を結んだ20系寝台特急「ゆうづる」「はくつる」を製品化いたします。
「ゆうづる」は昭和40年(1965)10月に上野駅発として2列車目の寝台特急です。当時は常磐線

で交流電化区間の延伸中だったため、平〜仙台の非電化区間ではC62による牽引が行われ、

これがC62に牽引された最後の20系客車となり話題になりました。
「はくつる」は「ゆうづる」の登場1年前の昭和39年(1964)10月にデビューした

上野駅発の列車の中で初の寝台特急で、編成には希少な座席車ナハ20が組み込まれ、

上野〜青森間を東北線経由で結びました。昭和43年(1968)に583系での運転がはじまり、

「はくつる」で使用されていた20系客車は「ゆうづる」へと転用され、

それまで使用されていた編成を置き換えました。
◆10-1353 「20系寝台客車ナハネ20 6両増結セット」と組み合わせ、基本セット内の車両の選択、

組成順の組み合わせで昭和40年代前半の「ゆうづる」「はくつる」をお好みの編成で

お楽しみいただけます。

牽引機には同時発売予定の3064-2 「EF80 1次形(ヒサシなし)」がお勧めです。
10-1353 「20系寝台客車 ナハネ20 6両増結セット」は再生産になります

。仕様については従来製品からの変更はありません。
◇また、20系「ゆうづる」の牽引を担った常磐線のC62も今冬発売予定です。

20系「ゆうづる」には欠かせない牽引機なのでそちらもおすすめです。ご期待ください。
 
■製品特長
(1)昭和40年(1965)〜43年(1968)頃の尾久客車区所属車がプロトタイプ。
(2)ナハ20末期の非常口改造後の形態を、新規金型で再現。
(3)ナハフ20の車掌室部分をよりリアルな形態で再現。
(4)カニ21、ナハフ20の機関車連結側は今回新たにボディマウントカプラーを採用。

よりリアルな外観を実現。アーノルドカプラー標準装備、交換用ナックルカプラー付。
(5)中間連結面はいずれも台車マウントのKATOカプラーJPBを採用。
(6)粉砕式汚物処理装置を再現。
(7)内装の座席部分はカニ21が黄緑、ナロネ21は緑、ナハ20・ナハフ20は青色で再現。
(8)バックサインは「ゆうづる」を取付済。交換用の「はくつる」が付属。
(9)7008-7 DD51 500 中期耐寒形用の「ゆうづる」「はくつる」ヘッドマークと

交換用ナンバープレート「560」「561」、ED71用「はくつる」ヘッドマークが付属。
(10)10-1353 「20系寝台特急ナハネ20 6両増結セット」と組み合わせ、

基本セット内の車両の選択、編成順序を変えることで

、昭和40年代前半の「ゆうづる」「はくつる」の編成をお好みで組成可能。
 
■20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」/20系寝台客車 ナハネ20 セット構成
  ←上野  青森→
 ・20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」 8両基本セット
 カニ21 12 + ナロネ21 117 + ナロネ21 115 + ナハネ20 118 + ナハネ20 133 +

ナシ20 11 + ナハ20 51 + ナハフ20 5
 ・20系寝台客車 ナハネ20 6両増結セット
 ナハネ20 114 + ナハネ20 110 + ナハネ20 129 + ナハネ20 137 + ナハネ20 147 +

ナハネ20 123
 11月期発売
●10-1491 221系リニューアル車<大和路快速> 基本セット(4両) 12,500円+税
●10-1492 221系リニューアル車<大和路快速> 増結セット(4両) 11,400円+税
JR西日本商品化許諾申請中
 
※画像は当鉄道所属のKATO221系(旧製品)です。

■商品紹介
●関西本線〜大阪環状線の大和路快速などで活躍を続けている、221系のリニューアル車

 

を完全新規金型にて製品化いたします。
221系は平成元年(1989)に登場した、東海道本線「新快速」用の直流近郊形電車で、

JR西日本初となる新設計・製造が行われた車両です。現在は東海道・山陽本線の快速運用のほか、

関西本線(大和路線)系統〜大阪環状線、奈良線、山陰本線(嵯峨野線)、草津線、湖西線など

幅広い地域で活躍しています。
平成25年(2013)より体質改善工事(リニューアル)が施され、前頭部に転落防止ホロを装備し、

前照灯もHID灯+フォグライトになりました。
 
◆初心者の方にもお求めやすい基本の4両セットと、組み合わせてフル編成を再現できる

増結セットでお届けいたします。現在のアーバンネットワークを再現する上では欠かせない車両です。
 
■製品特長
(1)吹田総合車両所奈良支所所属のNA413編成・NA414編成の現在の姿がプロトタイプ。
(2)前面の強化形スカート、転落防止ホロ、前照灯のHID灯+フォグライト化をはじめとした

体質改善工事施工車の特徴を的確に再現。
(3)各先頭車ともヘッド/テールライト点灯、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。

ライトユニットには白色LEDを採用。
(4)先頭車間転落防止ホロを別パーツで再現。
(5)弱冷車表記、車イス・ベビーカーマーク、ドアスイッチ、エンド表記、保安装置表記、

ドアコック表記印刷済。
(6)イスの成形色は茶色で設定。
(7)フライホイール付き動力ユニットで安定した走行を実現。
(8)ボディマウント密連カプラー(フック無)を採用。先頭部の電気連結器を付属部品として用意。
(9)DCCフレンドリー。
(10)側面行先表示部は黒色で印刷済。奈良支所221系用の行先表示シール付属。
(11)前面表示は「Q 大和路快速 奈良」印刷済。交換用の前面表示は基本セットに

「O 大和路快速 大阪環状線」「D みやこ路快速 京都」、増結セットには

「O 大和路快速 大阪環状線」「Q 区間快速 加茂」が付属のほか、無地のものを各セット2個ずつ付属。
 
■221系リニューアル車<大和路快速> セット構成
 ←加茂・奈良  JR難波・大阪→
 1号車 クハ221 26 + 2号車 サハ221 26 + 3号車 モハ221 26 -M- + 4号車 クモハ221 26P 

+ 5号車 クハ221 27 + 6号車 サハ221 27 + 7号車 モハ221 27 + 8号車 クモハ221 27P
 太字下線部:基本セット(4両)
 下線部:増結セット(4両)

 

11月期発売
●3037-2 EH500 3次形 後期仕様 10,200円+税
JR貨物承認申請中
 
※画像は当鉄道所属のKATO EH500 3次形(旧ロット)です。

■商品紹介
●貨物列車の牽引機として活躍するEH500のうち、3次形の中でも後期に

製造された車両を製品化いたします。
EH500は15年という長い製造期間の中で82機ほど製造され、製造された時期によって

形態に変化が見られるのが特徴の一つです。今回は圧縮機換気屋根、運転室窓部の

黒塗装の部分を変更、屋根上GPSアンテナ未搭載などの特徴を持つ、比較的後期に

製造された機関車を製品化いたします。現在は主に首都圏と東北、

そして下関〜門司間の関門トンネル間の貨物列車の牽引を担っており、

今後も引き続き活躍が期待される機関車です。
 
◆手頃なコンテナ貨車やタンク貨車などを連ねたり、実車と同じ編成を再現したりと

思い思いの姿でお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)JR貨物仙台総合鉄道部所属の73〜81号機の現在の形態がプロトタイプ。
(2)特徴的な圧縮機換気屋根付を再現。
(3)前面のヘッドマークステー無し、屋根上GPSアンテナ無しの姿を再現。
(4)ヘッドライト点灯。ライトユニットは電球色LEDを採用。またテールライト

(非点灯)はLED化され消灯時に赤色に見えない実車の雰囲気を再現。
(5)車体表記類は印刷済。 製造銘板「東芝」 全検表記「25-3 新製」

ATS関連「PF」「SF」「Ps」「C」
(6)フライホイール搭載動力ユニットの採用により、パワフルかつスムースな走行性能を発揮。
(7)2車体連結・8軸駆動の実車仕様を忠実に再現。
(8)美しいカラーリング、「JRF」「金太郎」ロゴ、精悍な車体や重厚な台車まわりを的確に表現。
(9)アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。
(10)選択式ナンバープレート「69」「73」「77」「81」。

バリエーションとして門司機関区の「69」を収録。

 

11月期発売
●10-1516 えちごトキめき鉄道ET127系 2両セット 8,300円+税
えちごトキめき鉄道商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●現在えちごトキめき鉄道で活躍を続けているET127系を製品化いたします。
えちごトキめき鉄道は、平成27年(2015)3月の北陸新幹線長野〜金沢間開業による

JRの並行在来線の経営分離に伴い誕生した第3セクターです。ET127系は旧信越本線の区間

である妙高はねうまライン(妙高高原〜直江津)で活躍している車両で、車体に施された

妙高山の山並みをイメージしたデザインと、フレッシュグリーンのシンプルで爽やかな

塗色が特徴です。スノープロウ一体式の厳つい強化形スカートを装備しています。
 
◆第3セクターに譲渡された個性的なデザインの車両をNゲージでお楽しみいただけます。
最大で3編成を併結した6両編成での運転が見られ、もちろん模型でも再現可能です。
JRのEF510が牽引する貨物列車や、北陸新幹線E7系、W7系などと共に信越地区の

鉄道シーンをお楽しみいただけます。
また、ほかの第3セクターの車両とともに並べてコレクションするのも、楽しみ方の一つです。
 
■製品特長
(1)プロトタイプは、現在活躍中のV2編成。
(2)車体下半分の山並みのグリーンを的確に再現。
(3)編成の両端で形状が異なる強化形スカートを新規パーツで再現。
(4)特徴的な前面形状、下枠交差形パンタグラフを再現。
(5)フライホイール付動力ユニットで安定した走行を実現。片台車駆動。
(6)併結時の運転を考慮し、トラクションタイヤは無し。
(7)KATOカプラー伸縮密連形を標準装備。
(8)DCCフレンドリー。
(9)ヘッド/テールライト/前面表示点灯(消灯スイッチ付)。LEDは電球色を採用。
(10)クモハの前面ホロは黒色で再現。
(11)前面・側面部の「トキてつマーク」、側面部の特徴ある形式表記などを的確に再現。
(12)前面・側面表示は「ワンマン 直江津」を印刷済。交換用として「妙高高原」が付属。
 
■えちごトキめき鉄道ET127系 2両セット セット構成
 ←妙高高原  直江津→
 ET126 2 + ET127 2 -M-P

 

〜管理人より〜

EF80のヒサシなし1次形と20系「ゆうづる」「はくつる」製品化来ましたね〜!

以前妄想記事で20系「はくつる」がED71発売で来るかも??の記事で触れていましたが

やはり罐からの列車のバリ展の法則来てますね〜♪

特にナハ20(座席車)の製品化は嬉しいです。たぶんAssyも争奪戦になりそうです(^^;

冬季?多分年明け??にはC62常磐形もリリース予定とのこと・・・こうなるとついつい

C61やらC60も妄想してしまいますね・・・f^^;

西日本では221系リニューアル編成がいよいよ11月期に掲載されました。

トワイライトの再販もありますので西日本方面のファンの方にも嬉しい発表ではないでしょか?

貨物関連ではEF210-100に続きEH500もリニューアル?のようです。

当鉄道所属のEHさんちょいと走りに不安要素がありますので要検討です。

第三セクター関連もありますね。今回はえちごトキメキ鉄道の車両です。地方鉄道にもちゃんと

製品化する辺りKATOさん抜かりがないです(笑)

管理人はEF80は予約で・・・20系はどうしょうか?少し悩み中です。
 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2018年12月期新製品10-1519 クルーズトレイン「ななつ星in九州」 8両セット 【特別企画品】きた〜!!==(゜∇゜)==!!【ポスター画像あり】

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 16:14

皆様こんばんは(^^)

KATOさんより年末アイテムの発表がありました。昨年の四季島に続く大物の登場です。
10-1519 クルーズトレイン「ななつ星in九州」 8両セット 【特別企画品】
キタ!!=================(゜∇゜)v==========!!
ついに来ましたね〜♪

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

12月期発売
●10-1519 クルーズトレイン「ななつ星in九州」 8両セット 【特別企画品】 36,500円+税
JR九州承認申請中
 
■商品紹介
●JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」をKATOの最新の技術で製品化いたします。
平成25年(2013)10月15日から運行を開始した、日本初の本格的クルーズトレイン「ななつ星in九州」

は“新たな人生にめぐり逢う、旅”をコンセプトに、九州各地の観光地を周遊して運行されている列車です。
77系7000番台客車7両と専用牽引機のDF200 7000番台からなる8両編成で、艶やかな光沢をまとった、

落ち着きのある上品な美しさを漂わせています。
 
◆クルーズトレインの風格を、余すことなく模型で再現いたします。
特徴的な外観の造形はもちろん、スイートの客室や車端部の展望窓から見えるこだわりの室内の表現も追求、

車両ごとに異なる室内の色調やステンドグラスの模様、ラウンジに置かれたピアノも再現し、

実車に劣らぬ上質な作り込みでお届けします。
 
■製品特長
(1)輝くエンブレムや機関車のグリル、車体全体に配された金色のラインやレタリング類、

磨き上げられたボディの光沢を実車さながらに再現。
(2)DF200 7000番台
  ・ヘッドライト点灯。ライトユニットは電球色LEDを採用。
  ・KATOナックルカプラー標準装備。
  ・重厚な台車まわりや屋根上を的確に模型化。
  ・運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)。
  ・フライホイール搭載動力ユニットで安定した走りを実現。
(3)77系7000番台 クルーズトレイン「ななつ星in九州」客車
  ・スイートの客室や車端部の展望窓から見えるこだわりの室内を的確に再現。
  ・ラウンジ、ダイニングのテーブルライトは点灯。
  ・車両ごとに異なる室内の色調を再現。
  ・車端部はテールライトのほか、推進運転時に使用する前照灯も点灯(消灯スイッチ付)。
  ・スナップオン台車採用。
  ・カプラーは客車間がボディマウント密連、機関車連結側はナックルカプラーを装備。
(4)DCCフレンドリー。
(5)豪華クルーズトレインの風格をイメージさせる専用のブックケースと特装のスリーブを用意。
 
■クルーズトレイン「ななつ星in九州」 8両セット
 牽引機 DF200 7000 + 1号車 マイ77 7001 ラウンジ + 2号車 マシフ77 7002 ダイニング +

3号車 マイネ77 7003 スイート + 4号車 マイネ77 7004 スイート + 5号車 マイネ77 7005 スイート

+ 6号車 マイネ77 7006 スイート + 7号車 マイネフ77 7007 DXスイート

〜引用ここまで〜

 

★管理人より

昨年の「四季島」に続くクルーズトレイン第二弾は「ななつ星in九州」が罐もセットで

いよいよ発売になりますね〜♪

とっ・・・言うことは来年は「瑞風」??かも知れませんね!

どちらにせよ管理人が好きな列車なのでご予約決定!ですね〜(^^)
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

日本ブログ村鉄道模型カテゴリーランキング

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

鉄道コム

鉄道コム
アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【JR東日本】JR東日本2019年3月16日ダイヤ改正概要を発表〜北海道新幹線3時間58分・上越新幹線にE7系投入・中央本線特急「あずさ」E353系へ統一と富士急行直通特急「富士回遊」「はちおうじ」「おうめ」を新設など
    パンダ (12/15)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<入線報告>TOMIX EF81北斗星色ヤフオク落札第四弾!ジャンク品?!が入線しました(^^ゞ
    くさたん (12/13)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<入線報告>TOMIX EF81北斗星色ヤフオク落札第四弾!ジャンク品?!が入線しました(^^ゞ
    大佐 (12/13)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年4月度新製品製品化発表!管理人注目はワキ50000ほか【ポスター画像あり】
    くさたん (12/09)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<入線報告>TOMIX209系京浜東北線10両ヤフオク落札第三弾!が入線しました(^^ゞ
    くさたん (12/09)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<入線報告>TOMIX209系京浜東北線10両ヤフオク落札第三弾!が入線しました(^^ゞ
    東濃鉄道 (12/09)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年4月度新製品製品化発表!管理人注目はワキ50000ほか【ポスター画像あり】
    パンダ (12/09)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<入線報告>TOMIX 92710 113系2000番台湘南色基本+増結で11連ヤフオクにて落札入線第二弾!(^^ゞ
    くさたん (12/07)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<入線報告>TOMIX 92710 113系2000番台湘南色基本+増結で11連ヤフオクにて落札入線第二弾!(^^ゞ
    がおう☆ (12/07)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年4月度新製品製品化発表!管理人注目はワキ50000ほか【ポスター画像あり】
    くさたん (12/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM