【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年9月度新製品製品化発表!415系常磐線と381系ゆったりやくも(ノーマル+サブ編成)発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.04.26 Friday
  • 12:25

皆様こんにちは(^^)

KATOさまより2019年9月度の新製品予告テロ(笑)(^^;が来ました〜!

確かに5月第一週はGWなのですが4月のこの時期とはやはり被弾するネタが今回も

満載ですf^^;

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

発売予定品情報
2019年9月
 
9月
New
■381系「ゆったりやくも」(ノーマル+サブ編成)
●10-1452 7両セット 20,400円+税
・パノラマ編成同様にリニューアルされた、側面サボ受けの撤去、側面非常口の埋め込み、

車番のプレート化を再現
・前面貫通扉、小さいトレインマークが特徴のクモハ381-500を新規設定
・500番台を特徴付ける赤いスカートと先頭連結カプラーを装備
・クモハ381-500には交換用二段電連付ダミーカプラー+スカートを付属
・クロ381−100は、1+2の座席配置を設定、普通車と異なる座席色も再現
・クハ381-112のみ、サボ受け残存、切り文字など実車同様の原形に近い姿を再現、

幕式となる側面行先表示は付属シールに収録
・クハ381-112先頭部は連結運転に対応、付属の連結用カプラーと

貫通扉カバー等の組み合わせにより、パノラマ+サブ編成も再現可能
・クモハ381-500…前面連結対応の強化スカートを装備
JR西日本商品化許諾申請中
・381系「ゆったりやくも」(ノーマル+サブ編成)編成図
 ←出雲市  岡山→
 クロ381-132 + サハ381-224 + モハ380-72 -M-P + クモハ381-509 +

モハ380-586P + モハ381-86 + クハ381-112
 
※画像は当鉄道所属のKATO381系ゆったりやくも(参考画像)

9月
New
■EF65 2000 復活国鉄色
●3061-5 7,300円+税
・近年全検出場時に見られる、国鉄色をまとった姿で製品化
・助士席側窓の冷風装置用ダクトや運転席側窓に遮光フィルムが施行された姿を再現
・屋根上のモニター周囲と扇風機カバー付近が黒、パンタグラフ周囲と

ランボード上面がグレー塗装
・ナンバーは、「2065、2066、2067、2068」号機
JR貨物承認申請中
 
※画像は当鉄道所属のKATO3061-1JR貨物仕様に改造したモノです(参考画像)

9月
New
特別企画品
■251系「スーパービュー踊り子」登場時塗装
●10-1576 10両セット 29,400円+税
平成を駆けたリゾート特急
・登場時の明るい水色とグレーの塗色を再現
・トイレあり車両の車端部に床下機器を設定
・号車表示、ATS表記など、各種標記類を印刷済
・ヘッドライトは電球色LED、室内灯は白色LEDを採用
・椅子の成形色を実車に近い色味に変更
・9、10号車は展望席も含め、登場時の座席配置を再現
JR東日本商品化許諾済

 

※画像は当鉄道所属(売却済)KATO251系スパービュー踊り子旧製品です(参考画像)

9月
New
■415系(常磐線・新色)
●10-1535 7両基本セット 20,100円+税
●10-1536 4両増結セット 11,400円+税
●10-1537 4両セット 12,500円+税
・国鉄末期の昭和60年、科学万博輸送で活躍した新色の15連を製品化
・基本セットは100番台のセミクロスシート車+700番台のセミロングシート車
・増結セットは500番台のロングシート車で異なるクーラーを搭載
・モハ414/415は、100番台・700番台、500番台で異なる床下機器を再現
・各セットには、選択可能な行先サボシールを付属
・ホビーセンターカトーから、別売の「エキスポライナー」ヘッドマークセットを発売
JR東日本商品化許諾済
・415系(常磐線・新色)編成図
 ←上野  水戸・平→
 クハ411-202 + モハ414-102P + モハ415-102 + サハ411-704 +

モハ414-704 -M-P + モハ415-704 + クハ411-102 + クハ411-612 +

モハ414-512P + モハ415-512 + クハ411-512 + クハ411-605 +

モハ414-505 -M-P + モハ415-505 + クハ411-505
 クハ411 + モハ414P + モハ415 + サハ411 + モハ414-M-P +

モハ415 + クハ411 + クハ411 + モハ414P + モハ415 + クハ411
 ←上野・小山  水戸・平→
 クハ411 + モハ414P + モハ415 + サハ411 + モハ414-M-P + モハ415 + クハ411
 クハ411 + モハ414-M-P + モハ415 + クハ411
 太字下線部:7両基本セット
 下線部:4両増結セット
 太字:4両セット

〜引用ここまで〜

★管理人より

いやぁ〜今回の発表は結構被弾しましたね〜(笑)381系ゆったりやくもの増結編成は

YouTubeでも良く見かけますので改造するには敷居が高く製品化が待ち望まれていましたが

KATOさんやってくれますね〜♪〜♬

EF65-2000も実は今年入線の3061-2を改造して2000番台に・・・というネタでやらかす

算段でしたが見事に先を越されて製品化となりましたね〜( ;∀;)でも予約します(笑)

251系スーパービュー踊り子はう〜ん(;^ω^)ちょっと保留かな??

今回は被弾ネタがあって今から楽しみです(*^_^*)

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATOとTOMIXさん TWILIGHT EXPRESS 瑞風2019年発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 14:32

皆様こんばんは(^^)

KATOとTOMIXからキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!TWILIGHT EXPRESS 瑞風の製品化発表です!

何故か示し合わせた??(笑)ように両社本日同時発表となりましたね〜♪

動力の信頼性と塗装で定評があるKATOか?プログレッシブモーターで猛追するTOMIXか?

一番の見せ場である前面の手すりの表現や曲面の美しさ更に独特の塗装をどう表現するか?

両社の腕の見せどころですね(*^_^*)

当鉄道では今回は価格・予算の都合で見送りますが関西圏の皆様にとっては楽しみなニュース

ですね!

TOMIXさんからは先日運転開始されたばかりのE233系中央線オレンジラッピング電車の製品化

も案内が出ております。

 

 

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年8月度新製品製品化発表!国鉄EF65-1000前期型と国鉄12系フルリニューアル発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.04.05 Friday
  • 11:29

皆様こんにちは(^^)

巷では桜満開の中新元号やら某模型店の破産など話題満載の4月初頭ですが

本日KATOさまより待望の8月新製品発表がありました。

なんと言っても管理人の大好物?(笑)東北筋宇都宮運転所といえばPF前期

です。今回ファインスケールにて新製品発売キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

更に急行「八甲田」他臨時急行や修学旅行臨再現には欠かせない12系も

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!というわけで歓喜しております管理人でございますf^^;

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

※使用画像は当鉄道所属KATO・TOMIX製品です(参考画像)

新製品 N-GAUGE
 8月期発売
 ●3089-1 EF65 1000 前期形 7,200円+税
 JR東日本商品化許諾申請中 JR貨物承認申請中
  
 ■商品紹介
 ●旅客や貨物の牽引で幅広く活躍したEF65 1000番台 前期形を製品化いたします。
 EF65 1000番台は当初より重連総括制御と寒冷地での運用が考慮された、

平地向けの汎用直流電気機関車です。旅客列車、貨物列車いずれも牽引が可能で、

普通列車からブルートレイン、一般貨物から高速貨物まで幅広い活躍を見せました。
  
 ◆今回は国鉄時代の頃の姿で製品化いたします。新規製作のボディで、

よりリアルなデティールをお楽しみいただけます。
 お手持ちの貨物列車・旅客列車の牽引機としておすすめの機関車です。

同時発売予定の12系急行形客車と組み合わせれば、往年の客車急行列車を再現可能です。
 
 ■製品特長
 (1)新製時〜昭和62年(1987)頃までの1023〜1039号機がプロトタイプ。
 (2)ボディを新規に製作。内バメ式テールライト、前面通風口あり、

貫通扉下部のステップ幅が狭い姿を再現。
 (3)屋根を新規に製作。扇風機カバーなし、ランボードの高さが低い姿を再現。

屋根色は青色で再現。
 (4)信号炎管グレー、ホイッスルカバー青、Hゴムグレーの形態を再現。
 (5)前面窓の縦桟及びワイパーは銀色で再現。
 (6)スカートを新規に製作。KE59ジャンパ栓ありの形態を再現。
 (7)青15号とクリーム1号で構成された車体色を美しく再現。
 (8)前面手スリ、解放テコ(黒色)を別パーツで再現。いずれも取付済。
 (9)ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用。
 (10)フライホイール付動力ユニット採用。安定した走行を実現。
 (11)アーノルドカプラー標準装備、交換用ナックルカプラー付属。
 (12)選択式メーカーズプレート:「川崎重工+富士電機」「東洋電機+汽車会社」
 (13)選択式ナンバープレート:「1027」「1030」「1033」「1039」
 (14)クイックヘッドマーク対応。「あけぼの」「つばさ」のヘッドマークが付属。

 

新製品 N-GAUGE
8月期発売
 ●10-1550 12系 急行形客車 国鉄仕様 6両セット 13,000円+税
 ●5302 オハ12 国鉄仕様 1,750円+税
 ●5304 スハフ12 100前期形 国鉄仕様 2,200円+税
 JR西日本商品化許諾申請中 JR九州承認申請中
  
 ■商品紹介
 ●国鉄の新形客車12系をフルリニューアルで製品化いたします。
 12系客車は昭和44年(1969)〜53年(1978)にかけて製造された、最高速度110km/h

に対応した急行形座席客車です。床下のディーゼル発電機給電の冷房搭載など、

当時の電車や気動車にも劣らない装備で、のちに登場する14系以降の新形客車の

基礎になりました。当初は臨時列車や大阪万博輸送、のちに定期急行列車としても運転され、

北海道を除く全国各地での活躍が見られました。後年は通勤形への改造車や、

ジョイフルトレインへの改造など様々な活用がされ、現在も波動用の客車として

活躍する姿を見ることができます。
  
 ◆様々な鉄道シーンの再現に欠かせない車両がフルリニューアルで登場です。
 番台ごとに見られる形態の違いを追求しており、よりリアルになった12系客車を

お楽しみいただけます。12系のみで構成される編成はもちろん、

お手持ちの荷物列車や24系客車などと組み合わせて往年の急行列車の再現も楽しみ方の一つです。
  
 ■製品特長
 (1)昭和55年(1980)頃の西日本地区所属車がプロトタイプ。JRマークなし、

客扉及び前面貫通扉に帯あり、トイレは流し管の形態で再現。
  ・6両セットは0番台がプロトタイプ。屋根補強あり、緩急車前位妻面テールライト無し、

スリットタイプのクーラー、スハフ12の吸気口が小形で1-3位側のみ、

オハ12の前位側貫通扉無しの形態を再現。
  ・単品のオハ12は後期形、スハフ12は100番台初期形がプロトタイプ。

屋根補強あり、緩急車前位妻面テールライトあり、緩急室側貫通扉窓は押え縁なし、

メッシュタイプのクーラー、スハフ12の吸気口が大形で両側面あり、オハ12の前位側貫通扉ありの形態で再現。
 (2)各車ともHゴムはグレーで再現。
 (3)6両セットのスハフ12/オハフ13はジャンパ栓を別パーツで再現。
 (4)側扉の手掛けを再現。
 (5)特徴的な青い車体塗装と2本の白帯を再現。
 (6)スナップオン台車採用。
 (7)スハフ12/オハフ13の緩急室側のテールライト点灯(消灯スイッチ付)。
 (8)6両セットのスハフ12とオハフ13、単品のスハフ12の緩急室側先頭部は

ボディマウントタイプのアーノルドカプラー装備、各車両の中間連結部は

密自連形ボディマウントカプラーを装備。6両セットと単品のスハフ12は交換用ナックルカプラー付属。
 (9)6両セットのスハフ12とオハフ13、

単品のスハフ12の緩急室側先頭部の前面幌枠は銀色で再現。

また前面幌を再現できるパーツが付属。必要に応じて着脱が可能。
 (10)6両セットと単品のスハフ12には行先表示シール付属。それぞれ異なる内容を収録。
 (11)6両セットのブックケースは12系客車6両のほか、牽引用の機関車1両を収納可能。

 
■12系急行形客車 セット構成
 ・6両セット
   ←スハフ12 76 + オハ12 244 + オハ12 252 + オハ12 270 

+ オハ12 302 + オハフ13 51→
  ・単品製品
   ←スハフ12 133
   オハ12 349
  太字下線部:6両セット
  下線部:単品製品

 

新製品 N-GAUGE
 8月期発売
 ●10-1571 しなの鉄道115系 3両セット 11,700円+税
 しなの鉄道株式会社商品化許諾申請中
  
 ■商品紹介
 ●しなの鉄道で現在活躍中の115系電車を製品化いたします。
 平成9年(1997)北陸新幹線長野駅開業に伴い、並行する旧信越本線のうちの

軽井沢〜篠ノ井間(しなの鉄道線)が第3セクター方式に移管する形で

開業したのがしなの鉄道です。その後の北陸新幹線金沢駅開業で

長野以北の長野〜妙高高原間(北しなの線)が平成27年(2015)に開業しました。

現在主力車両として活躍する115系は赤とグレーを基調としたしなの鉄道の

オリジナルカラーのほかに、往年の湘南色や横須賀色をまとった車両もいます。
  
 ◆しなの鉄道オリジナルのシックなデザインをまとった115系がNゲージに登場です。
 3両編成で初心者の方にもおすすめできるお手軽なセットです。

同時発売予定の10-1572 しなの鉄道115系(湘南色/横須賀色)

6両セット と組み合わせて、実車で見られる3+3の併結運転の再現も可能です。

長野地区で活躍するJRや、えちごトキめき鉄道の車両とともに、運転をお楽しみいただけます。
   ■製品特長
 (1)S13編成の、平成31年(2019)の現行の仕様がプロトタイプ。
 (2)モハ114はシングルアームパンタグラフリニューアル車の特徴である側面のMG用ルーバーが閉塞された姿を再現。
 (3)モハ114床下の補助電源装置MGがSIV化され、コンプレッサーが更新された形態を再現。
 (4)信州名産のリンゴをイメージした赤をベースに、

グレーと白帯の入った独特のカラーリングを的確に美しく再現。スカートはボディと同様の赤色で再現。
 (5)車体側面のスピーカーは印刷で表現。
 (6)クモハ115、クハ115の運転席側前面貫通扉のホロ枠は車体色と

同じ赤色で再現。着脱可能な前面ホロが付属。
 (7)屋根上のベンチレーター、クーラーは別パーツで再現。アンテナ、

避雷器、ヒューズ箱取付済。
 (8)車内の椅子は青色で再現。
 (9)各部のHゴムは黒色で再現。前面ガラスの縦桟とワイパーは銀色で再現。
 (10)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。

併結運転を考慮し、トラクションタイヤは無し。
 (11)ヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。
 (12)カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密連カプラー採用。

先頭車先頭部に取付可能な胴受が付属。
 (13)行先表示は前面「普通 ワンマン」取付済、側面「ワンマン 長野」印刷済。

交換用の前面表示(無地)と行先表示シール付属。
 (14)DCCフレンドリー。
  
 ■しなの鉄道115系 3両セット セット構成
  ←軽井沢  長野・妙高高原→

 クモハ115-1070 + モハ114-1167 -M-P + クハ115-1213

 

新製品 N-GAUGE
 8月期発売
 ●10-1572 しなの鉄道115系(湘南色/横須賀色) 6両セット

【特別企画品】 23,600円+税
 しなの鉄道株式会社商品化許諾申請中 JR東日本商品化許諾申請中
  
 ■商品紹介
 ●しなの鉄道で現在活躍中の、湘南色と横須賀色をまとった115系を製品化いたします。
 平成29年(2017)に開催された信州デスティネーションキャンペーン及び

しなの鉄道開業20周年に合わせて、<懐かしの車体カラー>として湘南色、

横須賀色に塗装した115系の運転を開始しました。その後もバリエーションが

増えていき平成30年(2018)末現在の時点で計8パターンもの塗色が見られ、

115系の動く博物館として話題になっています。
  
 ◆しなの鉄道の115系のカラーバリエーションが楽しめるセットです。
 イベント列車の再現はもちろん、通常の定期列車の再現が可能な行先表示シールが付属します。

セットはモーター付3両編成×2で構成されており、それぞれの単行運転や併結運転など

実車と同様の運転をお楽しみいただけます。同時発売予定の10-1571

しなの鉄道115系 3両セット との組み合わせた運転ももちろん可能です。
  
 ■製品特長
 (1)平成29年(2017)に塗色変更された、湘南色のS3編成と横須賀色のS16編成がプロトタイプ。
 (2)モハ114はリニューアル車の特徴である側面のMG用ルーバーが閉塞された姿を再現。

床下の補助電源装置MGがSIV化され、コンプレッサーが 更新された形態を再現。
 (3)モハ114のパンタグラフは実車同様、湘南色がPS23、

横須賀色はシングルアームパンタグラフPS35装備。
 (4)緑2号に窓周りが黄かん色の湘南色と、

青15号に窓周りがクリーム1号の横須賀色の色合いを的確に美しく再現。スカートはいずれも黒色で再現。
 (5)車体側面のスピーカーは印刷で表現。
 (6)着脱可能な前面ホロが付属。
 (7)屋根上のベンチレーター、クーラーは別パーツで再現。アンテナ、避雷器、ヒューズ箱取付済。
 (8)車内の椅子は湘南色が灰色、横須賀色が青色で再現。
 (9)各部のHゴムは黒色で再現。前面ガラスの縦桟とワイパーは銀色で再現。
 (10)湘南色、横須賀色それぞれに動力車を設定。フライホイール付動力ユニット採用で、

安定した走行を実現。併結運転を考慮し、トラクションタイヤは無し。
 (11)ヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。
 (12)カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密連カプラー採用。

先頭車先頭部に取付可能な胴受が付属。
 (13)定期列車、イベント列車の再現が可能な本セット専用の行先表示シール付属。

前面行先表示は無地のものが取付済。交換用の前面行先表示(無地)が付属。
 (14)DCCフレンドリー。
  
 ■しなの鉄道115系(湘南色/横須賀色)6両セット セット構成
  ←軽井沢  長野・妙高高原→
  クモハ115-1013 + モハ114-1018 -M-P + クハ115-1012(湘南色)
  クモハ115-1072 + モハ114-1170 -M-P + クハ115-1215(横須賀色)

新製品 N-GAUGE
 8月期発売
 ●10-1574 321系 JR京都・神戸・東西線 基本セット(3両) 10,900円+税
 ●10-1575 321系 JR京都・神戸・東西線 増結セット(4両) 10,200円+税
 JR西日本商品化許諾申請中
  
 ■商品紹介
 ●京阪神地区で活躍する321系を現在の姿で製品化いたします。
 2005年12月の登場以降、JR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線)、

JR宝塚線(福知山線)で運転されるほか、2008年のJR東西線開通により、

同線及び学研都市線(片町線)への乗り入れやおおさか東線経由で大和路線(関西本線)

への直通運転も行うなど、幅広い地域で活躍する姿が見られる車両です。
  
 ◆既存製品とは異なる車番で製品化のため、既に321系をお持ちの方にもおすすめの製品です。

弱冷車表記、女性専用車ステッカーなどの表記類は現在の321系で見られるものを再現するほか、

行先表示も路線記号の入った現行デザインのものを模型でもお楽しみいただけます。

付属の行先表示シールで、先月に延長開業した「おおさか東線」のほか、

各路線で活躍する原稿の運用形態をお好みで再現可能です。
  
 ■製品特長
 (1)現在の網干総合車両所明石支所所属のD12編成がプロトタイプ。
 (2)1号車の車椅子マークとベビーカーマーク、2、6号車に見られる弱冷車表記と

5号車の女性専用車表記を再現。
 (3)先頭車の前面運番表示器が撤去された姿を再現。
 (4)定評あるフライホイール搭載動力ユニットを採用。安定した走行を実現。
 (5)先頭車先頭部の連結器はダミーカプラーで再現。中間連結部には、

ボディマウント式KATOカプラー密連形(フックあり)を標準装備。
 (6)ヘッド/テールライト点灯。実車のフォグライトの色味を黄色で再現。
 (7)前面表示「A 普通 西明石」取付済。交換用前面表示付属。
 (8)側面の行先表示部分は黒色で印刷済。
 (9)行先表示シール付属。平成31年(2019)3月16日の改正後の運用に合わせた内容を収録。

JR京都線・JR神戸線・JR宝塚線・JR東西線・JR学研都市線の運用のほか、

おおさか東線経由の大和路線直通快速の再現も可能。
 (10)パッケージは、基本セットが紙箱入。増結セットが7両タイプブックケースで、

基本セットの3両を収納可能。
  
 ■編成例
  ←加古川・西明石・宝塚・新三田  木津・奈良・京都・草津→
  1号車 クモハ320-12 + 2号車 モハ321-24P + 3号車 サハ321-12 +

 4号車 モハ320-24 -M- + 5号車 モハ321-23P + 6号車 モハ320-23 + 7号車 クモハ321-12P
  太字下線部:基本セット(3両)
  下線部:増結セット(4両)
  ※上り側(図の右側)のパンタグラフは通常使用しませんが、

東西線区間では使用します。
  
 ■セット内容
  基本セット(3両)
   クモハ320-12
   モハ320-24 -M-
   クモハ321-12

 増結セット(4両)
   モハ321-24
   サハ321-12
   モハ321-23
   モハ320-23

〜引用ここまで〜
★管理人より
EF65-1000前期型リニューアル製品は非常に有り難いのですが屋根の塗装は全検明け前の青とのこと、
黒モニターセットを購入してくださいということでしょうか?(^^;
KATOさま出来れば屋根塗装工程は避けたいのでご検討を!
12系は床下のモールドとBMカプラー化ですね!管理人はとりあえずPF2機と12系基本は
お布施決定です(*^_^*)

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX(新製品説明会場発表)新製品製品化情報発表!管理人注目は瀬戸大橋のアノ列車です(^^ゞ

  • 2019.03.14 Thursday
  • 19:02

皆様こんばんは(^^)

TOMIXさんより新製品製品化予定が発表になりました。

今回は西日本が中心ですね〜管理人注目は瀬戸大橋のアノ列車です(^^;

 

★管理人より

今回はマリンライナーのバージョン展開ですが既に当鉄道には在籍していますので

導入はないですが前回あれだけ人気になった商品でしたので話題にはなりそうです。

広島更新色のキハさん達ですが久しぶりの生産でこちらも人気が出そうですね〜♪

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年7月度新製品製品化発表!JR四国2000系発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.03.01 Friday
  • 12:56

皆様こんにちは(^^)

早いもので今年ももう3月((o(´∀`)o))ワクワク

早速KATOさまより新製品告知が発表されました。

 

 

〜以下http://N-Gauge Informationさんより引用〜

新製品 N-GAUGE
7月期発売
●10-1503 JR四国2000系 特急「南風」 4両セット 16,400円+税 ベストセレクション
●10-1504 JR四国2000系 3両セット 14,700円+税
●10-1505 JR四国2000系 特急「しおかぜ・いしづち」 7両セット 【特別企画品】 

25,800円+税
JR四国承認申請中
 
■商品紹介
●JR四国を代表する特急形気動車、2000系を製品化いたします。

本州と四国、四国内の都市間を結ぶ特急列車として活躍する2000系は、

世界初の振り子式気動車であるとともに、日本初の制御付振り子車両です。

平成元年(1989)に先行試作車のTSE編成が登場し、同年のローレル賞を受賞しました。

平成2年(1990)に量産車が登場し、最高速度120km/hでの運転が行われています。
現在は最高速度が130km/hに向上した改良形のN2000系とともに

活躍する姿も見られます。
 
◆ご要望の声が多かった2000系がついに登場です。
貫通形の先頭車に動力を組み込んでいるため、実車同様に車両を組み替えて様々な

特急列車の編成を再現できるのが特徴です。
特急「南風」4両セットと3両セットを組み合わせて多客時に見られる

増結車連結編成の再現や、動力車1両のみを使用して回送・

試運転時に見られる単行運転もお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)2000年代に入ってから行われた、ドア窓が小形化された形態がプロトタイプ。

側窓支持が金属枠、排気管延長、室内リニューアル化後、2000形の電連を

撤去した形態で製品化。
(2)特急「南風」4両セット、特急「しおかぜ・いしづち」7両セットは

非貫通のグリーン合造車2000形が含まれる編成。3両セットは貫通先頭車

2100形・2150形のみの編成。
(3)特別企画品の7両セットは「しおかぜ」の全列車が電車化される前に

運用されていた予讃線の「しおかぜ・いしづち」を再現した編成内容。
(4)銀色のボディに水色の帯が入り、先頭車前面に黄色が入った外観を美しく再現。

各部の銀色の色味の違いを再現。
(5)室内パーツは青色で再現。
(6)実車同様にカーブに入ると車体がカーブ内側へ傾斜する、

KATO独自の車体振り子機構を搭載。
(7)いずれのセットも動力ユニットは貫通形先頭車2100形に搭載。

フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
(8)特急「南風」4両セット、特急「しおかぜ・いしづち」7両セットは

トラクションタイヤ付、3両セットは混成を考慮してトラクションタイヤ無し。
(9)各先頭車ともヘッド/テールライト、ヘッドマーク点灯。

貫通形先頭車2100/2150形は消灯スイッチ付。
(10)各セットとも中間連結部と中間に入る貫通形先頭車先頭部はフックなし

ボディマウント密連形カプラー採用。編成の端につく先頭車先頭部はダミーカプラー採用。

2000形は、電連なし、2100/2150形は電連つきの形態を再現。交換用の連結用カプラー、

ダミーカプラーが付属。
(11)2100/2150形用の、ダミーカプラー装備時の外観重視のスカートと、

連結用カプラー装備時のスカートの2種類が各1つずつ付属。
(12)2150形と、中間に入る2100形は前面ホロ取付済。
(13)各セットでヘッドマークが異なります。4両セット:

「南風」取付済。交換用に「しまんと」「あしずり」「(無地)」付属。
   3両セット:「しまんと」取付済。交換用に「南風」

「あしずり」「宇和海」「(無地)」付属。
   7両セット:「しおかぜ」「いしづち」取付済。交換用に

「うずしお」「宇和海」「(無地)」付属。
(14)各々のセットに対応した、専用の行先表示シール付属。
 
■JR四国2000系 各製品 セット構成
 ←宿毛・高知・宇和島  高松・岡山→
 ・特急「南風」4両セット(下線部)
  ←2009 + 2217 + 2119 -M- → + 2118→
 ・3両セット(斜体字
  ←2154 + 2121 -M- → + 2123→
 ・特急「しおかぜ・いしづち」7両セット(太字下線部)
  ←2004 + 2215 + 2216 + 2114 -M- → + 2111→ + ←2156 + 2112→

新製品 N-GAUGE
7月期発売
●3036-2 EF200(登場時塗装) 6,900円+税
JR貨物承認申請中
 
■商品紹介
●JR貨物発足間もない平成2年(1990)に登場した、当時の新世代電気機関車

EF200を登場時塗装で製品化いたします。
EF200はVVVFインバータ制御で三相交流誘導電動機を駆動する方式をとり、

台車装架の主電動機を採用するなど、当時の電車に見られた技術を初めて

電気機関車に取り入れた機関車で、そのほかにもボルスタレス台車、

シングルアームパンタグラフ、電気指令式自動空気ブレーキなどの

新機軸などが各所に盛り込まれました。

主に東海道線・山陽本線の貨物列車の牽引機として活躍しました。
 
◆「INVERTER HI-TECH LOCO」のロゴデザインが特徴のEF200登場時塗装が、

手スリ、解放テコ、GPSアンテナを別パーツ化し、

ヘッドライトは電球色LEDになって新登場です。
貨物列車ならではの貨車を連ねた長大な編成の牽引機におすすめです。
 
■製品特長
(1)ハイアシンスブルーとグレイッシュホワイトで構成されたカラーリング、

側面の「INVERTER HI-TECH LOCO」のロゴデザインを美しく再現。
(2)精悍な車体、繊細な金属製のシングルアーム式パンタグラフ、

重厚な台車まわりを的確に表現。
(3)手スリ・解放テコ・GPSアンテナを別パーツで再現。
(4)アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。
(5)運転台を表現。運転士人形の搭載も可能。
(6)車体側面に連続する窓や屋根上形状等、

複雑かつ立体感あふれるディテールを的確に表現。
(7)運転台屋根のホイッスルは金色で再現。
(8)車体表記を印刷で美しく再現。
(9)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
(10)ヘッドライト点灯(電球色LED採用)。
(11)選択式ナンバープレート:「3」「8」「15」「16」
 〜引用ここまで〜

★管理人より

7月はJR四国2000系で決まりですね〜((o(´∀`)o))ワクワク

とりあえず4両+3両を予約予定です。

「南風」「宇和海」は是非再現したい列車です。

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年6月度新製品製品化発表!明日ヨコハマ鉄道模型フェスタで第二弾にも期待したいですねー!【ポスター画像あり】

  • 2019.02.01 Friday
  • 16:25

皆様こんにちは(^^)

いやぁ〜インフル未だに猛威を奮っておりますね〜(泣)管理局さまがまさかのです(^^;

私はたぶん1月上旬のヤツが怪しい??ですね。

さてさて・・・本当は先日入線したKATOななつ星やTOMIX四季島入線記事と思って

いましたがここへ来てKATOさんより6月度の新製品案内が出ましたので先にこちら

を記事に致します。

2月20日までは某カードの〆日なので新規入線はそれまでムリ(笑)ですf^^;

(四季島弾が結構キビシイです)

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

新製品 N-GAUGE
 6月期発売
 ●10-1566 E6系新幹線「こまち」 基本セット(3両) 11,000円+税
 ●10-1567 E6系新幹線「こまち」 増結セット(4両) 8,100円+税
 JR東日本商品化許諾申請中
  
 ■商品紹介
 ●東京と秋田を結ぶ最新の新幹線、E6系新幹線「こまち」を現在の姿で製品化いたします。
 平成25年(2013)3月に営業運転を開始したE6系は、当初は「スーパーこまち」と

名乗っていましたが、平成26年(2014)3月のダイヤ改正で「こまち」系統の列車が

全てE6系で運転されるようになったのを機に、列車名は「こまち」に統一されました。
 また大形の荷物を携行する外国人旅行者が増えてきたため、

平成30年(2018)2月〜8月頃にかけて大形荷物置き場を設置する改造が施され、

13、15、17号車の一部の窓が埋められました。
  
 ◆E6系新幹線「こまち」の最新の姿をNゲージでお楽しみいただけます。
 E5系/H5系新幹線「はやぶさ」との併結運転が再現可能です。東日本地域で活躍する

E2系、E3系、E4系、E7系などの新幹線や、在来線区間で出会う「リゾートしらかみ」

などと共に運転をお楽しみいただけます。
  
 ■製品特長
 (1)秋田車両センター所属のZ6編成をプロトタイプに製品化。
 (2)大形荷物置き場設置に伴い13、15、17号車の2人掛座席1ヶ所の窓が埋められた姿を再現。
 (3)側面行先表示は「こまち 1号 秋田行」を印刷済。
 (4)斬新なスタイルと、あかね色をメインにしたカラーリングを表現豊かに再現。
 (5)在来線走行のための小柄で精悍なボディを的確に再現。
 (6)E6系量産車で追加された車体側面のシンボルマークを鮮やかに印刷で再現。
 (7)E5系/H5系との併結を行う、先頭部連結機構を11号車E611形に装備。

実車同様のE6系+E5系、E6系+H5系の連結運転が再現可能。
 (8)実車にも装備されている車体傾斜機構を再現。
 (9)最小通過曲線:R282mm
 (10)動力は定評あるフライホイール付き動力ユニットを搭載。E5系/H5系との

併結運転を考慮し、トラクションタイヤ非装備。
 (11)扱いやすい中間部連結幌を装備し実感的な車体間隔を再現。
 (12)台車部分を覆う車体裾のスカート形状を再現。小形リレーラーが基本セットに付属。
 (13)増結セットのブックケースに、基本セットを収容可能。セット名表示シールが付属。

新製品 N-GAUGE
 6月期発売
 ●2016-9 D51 標準形 12,000円+税
  
 ■商品紹介
 ●「デゴイチ」の愛称で親しまれた国鉄の蒸気機関車D51。昭和10年(1935)に登場、

日本最多数の1115両が製造された、日本を代表する蒸気機関車です。

日本の鉄路に適した蒸気機関車として、幹線から亜幹線まで、旅客列車、

貨物列車を問わず大活躍しました。
  
 ◆客車列車、貨物列車など様々な編成の牽引機におすすめの蒸気機関車です。
 先輪・従輪がスポーク車輪になり、足回りがより引き締まりました。
 好評発売中の22-101 サウンドボックスと22-221-1 サウンドカード<D51>

と合わせると、力強いD51のサウンドとともに運転をお楽しみいただけます。
  
 ■製品特長
 (1)立体感あふれる台枠と実感的な黒色仕上げの動輪と車輪、

そして細密かつ頑丈なロッド類により、蒸気機関車のダイナミックな走行装置を外観、

走行ともに忠実に再現。
 (2)先輪はスポーク車輪を採用。スポークの間が抜けたリアルな外観を再現。
 (3)機関部とテンダーとの間隔の狭さや高低差など、全体のバランスを考慮し、

D51の雰囲気を大切にしたプロポーションを実現。
 (4)運転室は動力の小形化により、運転士人形を乗せることができ、バックプレートや運転席も再現。
 (5)車体は、国鉄時代の現役機をイメージしてツヤ消し塗装とし、空気作用管の銅色を再現。
 (6)運転室妻面の上部に丸窓があり、ATS発電機を装備。
 (7)デフレクターは点検窓のあるタイプ。
 (8)前部はスノープロー無しで排障器つき。
 (9)スポーク先輪・従輪を装着。よりリアルな足回りを再現。
 (10)先頭部連結用カプラー装着することにより重連運転に対応。

テンダー用の交換用ナックルカプラー、先頭用重連カプラー(アーノルド・ナックル各1)付属。
 (11)最小通過半径:R249mm
 (12)実車同様ボイラーと台枠間の隙間や、穴の開いたボックス動輪の輪芯を表現。
 (13)シリンダー尻棒、キャブ下台枠、ランボードの網目模様など細部もリアルに再現。
 (14)ヘッドライト点灯。
 (15)フライホイールを搭載した動力は、機関部はもちろん、

テンダー全軸からの集電も実現し、安定した走行を発揮。
 (16)選択式ナンバープレート:「352」「453」「611」「829」

新製品 N-GAUGE
 6月期発売
 ●10-1568 E233系5000番台 京葉線(貫通編成) 6両基本セット 16,500円+税
 ●10-1569 E233系5000番台 京葉線(貫通編成) 4両増結セット 7,800円+税
 JR東日本商品化許諾申請中
  
 ■商品紹介
 ●京葉線で活躍しているE233系の10両貫通編成を製品化いたします。
 京葉線の201系、205系の後継として平成22年(2010)7月から運転を開始したE233系は、

全て5000番台で統一されているのが特徴です。10両貫通の編成が20本、

6+4両編成が4本所属しており、京葉線の主力車両として活躍しています。
 京葉線内に留まらず、内房線の君津、外房線の上総一ノ宮まで運転されることもあります。
  
 ◆10両貫通編成を初の製品化です。
 10両貫通編成ならではの中間にサハE233が含まれている編成が特徴です。

既存の京葉線E233系をお持ちの方も、並べて運転をお楽しみいただけます。
 武蔵野線の車両と合わせたり、サウンドカード<E233系>を加えた音の演出、

レイアウトに複線高架線路を活用したりと京葉線の世界を追求しましょう。
  
 ■製品特長
 (1)プロトタイプは京葉車両センター所属の513編成。
 (2)6・7号車のサハE233を新規にご用意。
 (3)新津車両製作所製の屋根特有のビードを的確に表現。
 (4)クハE232の屋根上に装備されたWiMAX用アンテナを再現。
 (5)動力は定評あるフライホイール付き動力ユニットを搭載。

安定した走行をお楽しみいただけます。
 (6)カプラーは中間連結部はボディマウント式KATOカプラー密連形を標準装備。

先頭車(1、10号車)先頭部はダミーカプラーで再現。
 (7)ヘッド/テールライト、行先表示点灯。
 (8)前面行先表示は「快速 蘇我」が取付済。運番表示は「1009A」。

交換用として「各駅停車 東京」が付属。
 (9)側面表示は「京葉線 快速 蘇我」が印刷済。
 (10)車イス、ベビーカーマーク印刷済。
  
 ■E233系5000番台 京葉線(貫通編成) セット構成
  ←東京  蘇我・君津・上総一ノ宮→
  1号車 クハE232-5013 + 2号車 モハE232-5213 + 3号車 モハE233-5213 -M-P 

+ 4号車 モハE232-5013 + 5号車 モハE233-5013P + 6号車 サハE233-5513 +

7号車 サハE233-5013 + 8号車 モハE232-5413 + 9号車 モハE233-5413P + 

10号車 クハE233-5013
  太字下線部:6両基本セット
  下線部:4両増結セット

〜引用ここまで〜

★管理人より

今回管理人注目はD51標準型ですかね〜個人的には蒸気はあまり詳しくないのですが

KATOさんのD51やC62は今後も機関区や路線単位で製品化されればそれなりに需要は

あるかと思います。

明日ヨコハマ鉄道模型フェスタ2019がありますので会場発表商品にも要注目ですね!

【Nゲージ鉄道模型新製品発売情報】KATO285系0番台/3000番台寝台特急「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」リニューアル品製品5月に発売予告発表!もしや?今夏に四国祭りのステマか?!(^^ゞ

  • 2019.01.11 Friday
  • 21:01

皆様こんばんは(^^)

本日KATOさんより5月発売予定品(2)として285系サンライズ出雲/瀬戸のリニューアル

新製品発売予告が追加発表になりました。

 

 

★285系<サンライズエクスプレス>は平成10年(1998)に登場した特急形寝台電車です。

東京ー岡山間では「サンライズ出雲」(東京〜出雲市)7両と「サンライズ瀬戸」(東京〜高松)

7両を併結して、14両編成で運転されています。基本性能は同じながら、JR西日本の0番台、

JR東海の3000番台では、車体表記や床下機器の違いがあります。
 平成25年(2013)以降にパンタグラフの増設、客ドアステップ拡大などの

リニューアルが行われました。
 KATOは、現在活躍中の285系をお楽しみいただけるように、実車のリニューアルを

Nゲージでも再現いたします。

★主な特長
・平成25年(2013)以降実施されたリニューアル後の姿を製品化。0番台はI3編成、

3000番台はI5編成がプロトタイプ。既存製品と異なる編成を選定。
 ・モハネ285はパンタグラフが2基に増設された姿を再現。また、モハネ285-200・

3200は東芝製の床下機器が搭載された形態を新規パーツで再現。
 ・WPS28シングルアーム式パンタグラフ採用。
 ・ドアスイッチを再現。各車側面乗降扉ステップは黄色の警戒色で表現。
 ・先頭車先頭部の連結器はボディマウント密連カプラー(フック無)を新採用。

2段の電連、連結器カバーを再現したパーツを付属。
 ・中間連結部はジャンパ管付KATOカプラー密連形PAT.採用。
 ・中間連結部の車端下部に、台車取付部品として285系専用の床下機器を装備。
 ・クーラーや抵抗器などの屋根上機器類を細密に表現。
 ・定評ある動力ユニット(フライホイール非搭載)採用で、安定した走行を実現。
 ・先頭車のサンライズマークを美しく表現。
 ・車体表記をJR西日本仕様(0番台)とJR東海仕様(3000番台)とでそれぞれ異なる書体で再現。
 ・ヘッド/テールライト点灯(消灯スイッチ付)。ヘッドライトの点灯パターンを、

実車に応じて外側のヘッドライトはシールドビーム(電球色)、

内側のライトはフォグライト(黄色)、色味の違いを再現。
 ・現行仕様の行先表示シールを新規制作。

★管理人より

285系サンライズ出雲用に当鉄道には初回ロット品0番台10-386が7両入線しております。

当鉄道レイアウト許容車両数を超える為に西日本編成のみの導入に留まっています。

また、前回リニューアル再販の際に先頭車床下Assyパーツを購入してライトの黄色と電球色

を変更出来る体制が整っております(まだ時間の兼ね合いから取付工事には至っておりません)

元々管理人自身は東海道筋はブルトレ思考なのでサンライズには経費は余り掛けたくないのが

本音です。

今回の再販に関しては床下パーツAssyの購入のみ?くらいになるかと思います。

 

★ところで今回突然?のリニューアル発売ですが管理人は偏屈なので(笑)違う見方をして

おります。今年夏にJR四国2000系が発売予告が発表されていますがKATOさん的には

瀬戸に使用されている285系である程度の四国シリーズのステルスマーケティング的な意味合い

が強いように思われます。まぁ・・・真意は不明ですがもしそうであれば今後四国シリーズの

潜在需要を探る意味のリニュ再販?ではないかと?あくまで管理人個人の妄想です(^^;

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト「製品化決定」更新【PDFポスター画像あり】(^^ゞ

  • 2019.01.10 Thursday
  • 18:08

皆様こんばんは(^^)

2019年TOMIXさんから今年初の新製品製品化予定がリリースされました。

東海道新幹線の最新形式N700系S9000番台が製品化というなかなかチャレンジャーですね〜

また在来線関連ではJR初期がやはりトレンドなのでしょう90年代に活躍した列車の

製品化が目立ちます。

 

 

 

2019年5月予定
再生産
●8711 タキ1000(日本石油輸送) 1,800円+税
●8712 タキ1000(日本石油輸送・米タン) 1,800円+税
●8713 タキ1000(日本石油輸送・ENEOS) 1,800円+税
 
2019年6月予定
新製品
●98670 N700 9000系(N700S確認試験車)基本セット(8両) 21,500円+税
●98671 N700 9000系(N700S確認試験車)増結セット(8両) 20,800円+税
●98324 115 2000系近郊電車(JR西日本40N更新車・アイボリー)基本セット(4両) 16,600円+税
●98325 115 2000系近郊電車(JR西日本40N更新車・アイボリー)増結セット(4両) 12,600円+税
●98336 道南いさりび鉄道 キハ40 1700形ディーゼルカーセット(3両) 20,000円+税
●97906 <限定>キハ183 0系特急ディーゼルカー(復活国鉄色)セット(4両) 15,000円+税
●97907 <限定>キハ58系ディーゼルカー(うわじま・JR四国色)セット(3両) 14,800円+税
●97911 <限定>583系電車(きたぐに・JR西日本旧塗装)セット(10両) 36,500円+税
●7109 EF210 100形(105号機) 6,600円+税

 

 

 

 

 

 

 

今回管理人注目製品は残念ながらございませんでした〜(泣)

それより製品発表会で展示されていた185系踊り子の画像や四季島が気になりますね〜♪

 

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年5月度新製品製品化発表!管理人注目は夏予定品JR四国2000系!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2018.12.28 Friday
  • 16:43

皆様こんばんは(^^)

年末大忙しの管理人でございます(汗)f^^;

さてさてKATO様よりこの年末にまさかの新製品発表が〜!

JR初期のカートレインや201系の注目商材もありますがやはり注目は夏の製品化予定

のJR四国2000系キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

5月
New
特別企画品
■20系「カートレイン九州」
●10-1548 13両セット 23,000円+税
・2本帯の20系とワキ10000の13連で組成されたカートレイン九州の平成初期の姿を製品化。
・ワキ10000は、角屋根の改造車を新規作成。
・中間連結面はカトーカプラーNJPB、両端はアーノルドカプラーを装備。
・ナロネ21の編成端は貫通路カバー(窓なしタイプ)を新規製作。
・ナロネ21は汚物処理装置を新規製作。
・カヤ21荷物室シャッターがハッチ化された姿を新規作成。
・機関車用ヘッドマーク付属。EF65用、EF81(お碗形)
JR東日本商品化許諾済 JR東海承認申請中 JR西日本製品化許諾申請中 JR九州承認申請中
●20系「カートレイン九州」編成図
 ←東小倉  浜松町(恵比寿)→
 EF65(浜松町〜下関) + カヤ21 21 + ナロネ21 147 + ナロネ21 130 +

ナロネ21 140 + ワキ10067 + ワキ10063 + ワキ10151 + ワキ10060 +

ワキ10064 + ワキ10066 + ワキ10180 + ワキ10181 + ワキ10155

 

 

5月
New

■201系中央線色(T編成)
●10-1551 6両基本セット 14,100円+税
●10-1552 4両増結セット 6,900円+税
・豊田電車区所属の10両貫通編成を製品化。
・シングルアームパンタグラフ装備。
・先頭車に点灯式「特快ヘッドマーク」を装備。
JR東日本商品化許諾済
●201系中央線編成図
 ←東京  高尾→
 クハ201 46 + モハ201 97P + モハ200 97 + サハ201 39 + モハ201 98P

+ モハ200 98 -M- + サハ201 40 + モハ201 99P + モハ200 99 + クハ200 46

 

2019年夏
 企画進行中!
 New
■JR四国2000系 特急「南風」
●品番未定 4両セット 価格未定
車体傾斜機構搭載
非貫通形のグリーン車2000形を含んだ基本の4両セット
・非貫通形、貫通形など量産車の4種類を製品化。
・2000年以降のドア窓が小形化された更新後がプロトタイプ。
・車体を傾けて曲線を通過する「車体傾斜装置」を搭載。
JR四国承認済
 
New
■JR四国2000系
●品番未定 3両セット 価格未定
車体傾斜機構搭載
モノクラス編成の再現や、増結用として使用できる3両セット
JR四国承認済
 
New
特別企画品
■JR四国2000系 特急「しおかぜ・いしづち」
●品番未定 7両セット 価格未定
予讃本線電車化前の姿を特別企画品で製品化!
車体傾斜機構搭載
JR四国承認済
 
●JR四国2000系編成例
 ←高知・宇和島  高松・岡山→
 2000 + 2200 + 2100 -M- + 2100 + 2150 + 2100 -M- + 2100
 太字下線部:特急「南風」4両セット
 下線部:3両セット
 「南風」「しまんと」
 2000 + 2200 + 2100 + 2100 -M- + 2100 + 2150 + 2100
 下線部:特急「しおかぜ」「いしづち」7両セット<特別企画品>
 「しおかぜ」「いしづち」

〜引用ここまで〜

★管理人より

 

2018年のカタログ掲載で期待が膨らんでおりましたJR四国2000系がいよいよ夏の

発売に向けて企画進行中!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いゃいゃ来てくれましたね〜!管理人は既に見越して蟻さんのは売却してしまいました

のでどうなるやら?と心配しておりましたが一安心ですf^^;

TSEは無いですが非貫通先頭車や振り子機構という今から楽しみな内容です〜♪〜♬

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO2019年4月度新製品製品化発表!管理人注目はワキ50000ほか【ポスター画像あり】

  • 2018.12.06 Thursday
  • 14:00

皆様こんにちは(^^)

KATOさんより2019年4月期の新製品・再生産品の案内が発表されました。

 

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

 

新製品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1510 えちごトキめき鉄道<日本海ひすいライン> ET122系 2両セット 11,000円+税
えちごトキめき鉄道商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●えちごトキめき鉄道の「日本海ひすいライン」で活躍中のET122系を製品化いたします。
ET122系はえちごトキめき鉄道に所属する新形気動車です。車両の両端に運転台を持ち、

単行運転や2両編成での運転が可能な車両です。泊(あいの風とやま鉄道)〜

直江津間で主に運行されており、一部列車は妙高はねうまラインの新井まで乗り入れる

こともあります。運転区間の全区間とも架線で結ばれていますが、

デッドセクション区間があることから、気動車であるET122系によって運転されています。
 
◆えちごトキめき鉄道のET127系、同じ地域で活躍する第3セクターのあいの風とやま鉄道

やIRいしかわ鉄道の521系など、

カラフルで個性的な車両たちと共に運転をお楽しみいただけます。
 
◆ホビーセンターカトーより、ET122系のイベント用車両である16011-9

えちごトキめき鉄道「3市の花号」(ET122-8)も同時発売予定です。

通常のET122系と併結しての運転も実車では見られるので、

本製品と組み合わせて混色2両編成をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)直江津運転センターに所属するET122系の、現在の姿がプロトタイプ。
(2)ステンレスの車体に描かれた青のカラーリングを美しく再現。
(3)車内の椅子は、海側に2人掛けシートがある形態を再現。
(4)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。

トラクションタイヤは非装備。
(5)車両の片側は電連を表現したダミーカプラーを装備。もう一方は2両編成が組めるよう、

ボディマウント密連形(フック無)を採用。電連を表現したパーツが付属。

交換用ダミーカプラー付属。
(6)ヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。
(7)台車にはスノープロウ取付済。
(8)車両のトイレ側の先頭部は幌付。
(9)ドアスイッチは印刷で表現。
(10)各表記類、社章、車イスマーク、銘板印刷済。
(11)行先表示シール付属。交換用前面表示(無地)付属。
(12)DCC非対応。
 
■えちごトキめき鉄道<日本海ひすいライン> ET122系 2両セット セット構成
 ←泊・市振  直江津→
 ET122 3 -M- + ET122 5
 
■えちごトキめき鉄道<日本海ひすいライン> ET122系 2両セット 編成例
 ←泊・市振  直江津→
 ET122 3 -M- + ET122 5

 ET122 3 -M-

 

新製品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1520 E231系0番台 中央・総武緩行線 6両基本セット 15,500円+税
●10-1521 E231系0番台 中央・総武緩行線 4両増結セット 7,100円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●中央・総武緩行線で活躍を続けているE231系0番台を製品化いたします。
平成12年(2000)に登場したE231系0番台が最初に投入されたのが中央・総武緩行線で、

それまで活躍していた103系、201系を置き替えました。前面スカートの交換、

ホーム位置検知装置などの取付を経て現在も活躍しています。
中間の5号車には6扉車のサハE230を連結しており、

現在唯一6扉車を備える車両でもあります。
 
◆中央・総武緩行線を楽しむ上では欠かせない車両です。同じ路線を活躍する

209系500番台やE231系500番台、中央線のE233系や総武線のE217系など

多くの車両との共演をお楽しみいただけます。
中央線の沿線に見られる、桜の景色を再現可能な「日本のさくら」シリーズもおすすめです。
 
■製品特長
(1)三鷹車両センター所属のB15編成がプロトタイプ。
(2)先頭車に追設されたホーム位置検知装置、強化形スカ―トを再現。
(3)E231系0番台初期車の特徴である、側面スピーカー準備蓋がなく、

幕板の帯が繋がる車体を再現。
(4)制御機器が未更新の床下機器を再現。
(5)6扉車サハE230 0番台を新規に製作。屋根上のAU726クーラー、

グレーのラジオアンテナを再現。
(6)各車で異なる屋根上のクーラーを再現。
(7)フライホイール付動力ユニット採用により、安定した走行を実現。
(8)中間連結部はKATOカプラー伸縮密連形(ボディマウント)を装備。

先頭車の先頭部はダミーカプラーを装備。
(9)ヘッド/テールライト、前面行先表示、運番表示点灯。電球色LEDを採用。
(10)クハE230、クハE231の先頭部とサハE230客扉上部の「6DOORS」表記印刷済。
(11)車番表記、車イスマーク、ベビーカーマーク印刷済。
(12)基本セットに行先表示シール付属。行先表示、前面編成番号札のほか、

女性専用車表示、優先席表示を収録。
(13)DCCフレンドリー。
 
■E231系0番台 中央・総武緩行線 セット構成
 ←三鷹・中野  西船橋・千葉→
 10号車 クハE230 15 + 9号車 モハE230 30 + 8号車 モハE231 30 -M-P + 

7号車 サハE231 45 + 6号車 サハE231 44 + 5号車 サハE230 15 6扉車 + 

4号車 モハE230 29 + 3号車 モハE231 29P + 2号車 サハE231 43 +

1号車 クハE231 15
 太字下線部:6両基本セット
 下線部:4両増結セット

 

新製品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1546 43系 急行「みちのく」 7両基本セット 【特別企画品】 14,200円+税
●10-1547 43系 急行「みちのく」 6両増結セット 【特別企画品】 12,100円+税
 
■商品紹介
●かつて上野〜青森間を結んだ、東北の名門急行列車「みちのく」を製品化いたします。
急行「みちのく」のルーツは戦後復活した上野と東北方面を結ぶ急行列車です。昭和25年

(1950)に「みちのく」の名前が与えられ、当時貴重だった食堂車を半室ながらも

編成に備えており、名門列車ならではの風格漂う列車でした。

昭和30年代半ばには43系や10系で構成される編成になり、

電気暖房付のオロ61の他、スシ48などの食堂車が特徴でした。
昭和40年(1965)に上野と青森を常磐線経由で結ぶ急行列車の愛称が「十和田」に

統合された後も「みちのく」は昭和43年(1968)まで存続し、一時期は上り列車をC62が

重連で牽引する姿も見られました。
 
◆牽引機には2017-6 C62 常磐形(ゆうづる牽引機)、3064-2 EF80 1次形(ヒサシなし)、

7008-7 DD51 500 中期 耐寒形がおすすめです。仙台〜平間を牽引したC62の

重連運転の再現も、もちろん可能です。
迫力あるC62重連による「みちのく」をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)昭和40年(1965)頃の青森客車区・盛岡客貨車区所属車をプロトタイプに製品化。

オロ61、スシ48、オハフ45を新規に設定。
(2)オロ61は便洗面所が全てHゴム窓、後位側(客扉側)

妻面に配電盤突起のある形態を再現。

妻面雨ドイは丸い断面で再現。
(3)スシ48は原形の丸屋根で、ウィンドシル・ヘッダーリベットありの姿を再現。

特徴的な3軸台車を再現。
(4)オハフ45は鋼板屋根車を製品化。側面窓は非アルミサッシの形態を再現。
(5)スハ43、オハ47、スハフ42は近代化改造車のタイプを再現。側面客室窓は原形窓。
(6)スシ48はぶどう色2号、その他の車両は青15号の塗装で再現。
(7)種別、愛称、号車、行先「上野行」の各サボ類は印刷済。
(8)台車はビス止めのものを採用。
(9)台車マウントタイプのカプラーを採用。
(10)DCC非対応。
 
■43系 急行「みちのく」 セット構成
 ←上野  青森→
 牽引機 + 1号車 スハフ42 2294 + 2号車 スハ43 2452 + 3号車 オロ61 2072+

 4号車 オロ61 2044 + 5号車 スシ48 2012 + 6号車 ナハ11 2101 +

7号車 ナハ11 2085 + 8号車 スハ43 2449 + 9号車 スハ43 2462 +

10号車 スハ43 2463 + 11号車 スハフ42 2244(上野〜青森) + 

12号車 オハ47 2093 + 13号車 オハフ45 2018(上野〜盛岡)
 太字下線部:7両基本セット
 下線部:6両増結セット
 牽引機
  上野〜平間 EF80
  平〜仙台間(上りのみ) C62 + C62
  平〜仙台間(下り) C62
  仙台〜青森間 DD51 + DD51(盛岡〜一戸間は補機のDD51がつきます)

 

新製品 N-GAUGE
4月期発売
●10-1211 ワキ50000 2両セット 1,700円+税
JR貨物承認申請中
 
■商品紹介
●かつて東京〜九州間をコキ50000とともに活躍した、ワキ50000を製品化いたします。
昭和53年(1978)10月のダイヤ改正で、東京〜九州間の高速貨物列車の主力が

コキ10000系からコキ50000系に移行するのに際し、コキ50000系と

併結運用可能な有蓋車として、ワキ50000が誕生しました。
ワキ10000をベースに改造が施された車両で、昭和52年(1977)〜55年(1980)

にかけて順次登場し、小荷物輸送を中心に活躍しました。
 
◆国鉄時代の貨物列車の再現に最適な車両です。
同時発売予定の3047-3 EF66 前期形やコキ50000、コキフ50000と組み合わせて、

往年の高速貨物列車をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)ワキ10000丸屋根車からの改造車で、昭和58年(1983)頃までの

TR203台車を装備した形態がプロトタイプ。
(2)とび色2号と銀色の塗色を的確に再現。
(3)TR203台車を装備した足回りを再現。
(4)車番はそれぞれ「59014」「59017」。所属表記「門」、

常備駅「東小倉駅常備」。各表記類印刷済。
(5)アーノルドカプラー装備。
 
■ワキ50000 セット構成
 ワキ59014 + ワキ59017

〜引用ここまで〜

 

★管理人より

今回4月期は下期に元号変更に伴う大型10連休などイベントが控えており、

やや控えめのランナップですが、43系みちのくのオハフ45などAssyで東北本線急行「津軽」

などの最後尾用に欲しいです。

東海道本線高速貨物のワキ50000系は待ち望んていた方も多いかと思います。

何気にキハ85系の再生産は尾久で高値だったので嬉しい再生産ですね〜!(≧∇≦)b

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

日本ブログ村鉄道模型カテゴリーランキング

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

鉄道コム

鉄道コム
アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年9月度新製品製品化発表!415系常磐線と381系ゆったりやくも(ノーマル+サブ編成)発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    くさたん (04/26)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年9月度新製品製品化発表!415系常磐線と381系ゆったりやくも(ノーマル+サブ編成)発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    あんとにおさん (04/26)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年9月度新製品製品化発表!415系常磐線と381系ゆったりやくも(ノーマル+サブ編成)発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    くさたん (04/26)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年9月度新製品製品化発表!415系常磐線と381系ゆったりやくも(ノーマル+サブ編成)発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    大佐 (04/26)
  • 【特別企画ありがとう平成特集】<鉄道写真で振り返る平成その2>ブルートレインが居た平成の風景・東海道筋ブルトレや北を目指した北斗星の思い出
    くさたん (04/26)
  • 【特別企画ありがとう平成特集】<鉄道写真で振り返る平成その2>ブルートレインが居た平成の風景・東海道筋ブルトレや北を目指した北斗星の思い出
    がおう☆ (04/26)
  • 【ジオコレレイアウト製作記】<ジオラマ人間工作記>Amazonでかなり前に購入した1/150スケール人形を何とかしてみる ようやく完成しました!(^^ゞ
    くさたん (04/22)
  • 【ジオコレレイアウト製作記】<ジオラマ人間工作記>Amazonでかなり前に購入した1/150スケール人形を何とかしてみる ようやく完成しました!(^^ゞ
    大佐 (04/22)
  • 【ジオコレレイアウト製作記】<ジオラマ人間工作記>Amazonでかなり前に購入した1/150スケール人形を何とかしてみる ようやく完成しました!(^^ゞ
    くさたん (04/21)
  • 【ジオコレレイアウト製作記】<ジオラマ人間工作記>Amazonでかなり前に購入した1/150スケール人形を何とかしてみる ようやく完成しました!(^^ゞ
    パンダ (04/21)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM