【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2019年冬〜2020年新春新製品情報更新153系と14系「出雲2.3号」更に小田急LSE新塗装キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ

  • 2019.08.09 Friday
  • 08:55

皆様おはようございます(^^)

TOMIXさんより今年冬季〜来年新春へ向けての新製品製品化発表がされましたヽ(=´▽`=)ノ

管理人注目アイテムはやはり153系と14系出雲2・3号辺りでしょうか?

153系はブルトレ世代には馴染み深いアイテムですね!

房総方面急行にも活躍したので首都圏の昭和世代には

人気になるのではないかと思われます(*^_^*)

 

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年鉄道模型コンテスト2019「KATO」会場発表「KATO 2019年12月発売予定品情報新製品製品化発表!113系湘南色国鉄時代仕様!発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

  • 2019.07.27 Saturday
  • 12:33

皆様こんにちは(^^)

ご無沙汰しておりましたf^^;いゃ〜あ〜まぁ・・・色々思うコトもあり

ブログ辞めちまおうか?まで考えておりましたがとりあえずKATOの新製品情報が

舞い込んで参りましたのでここはやはりブログは続けなさい!というお告げ??(笑)

と思い本日はKATO12月の新製品情報ですヽ(=´▽`=)ノ

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

発売予定品情報
2019年12月
12月
New
■113系 湘南色
●10-1586 7両基本セット 19,800円+税
●10-1587 4両増結セット 9,600円+税
●10-1588 4両付属編成セット 12,100円+税


※画像は当鉄道所属TOMIX製品113系2000番台です(参考画像)

・国鉄近郊形電車の決定版、東海道本線東京口(東京〜静岡・浜松)湘南色の113系0番台

を現行仕様で製品化
・フルセットでグリーン車2両組込の堂々たる15両編成を再現可能。
 また、東海道・山陽ローカルの編成としても遊ぶことが可能。
・プロトタイプは、昭和50年代後半以降の国鉄末期の姿で、

0番台を中心にサハ111は1000番台初期車が組み込まれた編成
・バリエーション豊富なグリーン車は基本セットがサロ110-1200、

増結セットは0番台冷房改造車を選定
・前面行先表示は「普通」を印刷済、多彩な側面サボ/方向幕を付属シールに収録
JR東日本商品化許諾済
●113系 湘南色
 ←浜松・静岡  東京→
 クハ111 539 + モハ112 265P + モハ113 265 + サロ110 56 + サロ110 1260

+ モハ112 242 -M-P + モハ113 242 + サハ111 1015 + モハ112 279P + モハ113 279 

+ クハ111 200 + クハ111 543 + モハ112 239 -M-P + モハ113 239 + クハ111 232
 太字下線部:7両基本セット
 下線部:4両増結セット
 太字:4両付属編成セット
 
12月
New
■651系「スーパーひたち」
●10-1584 7両基本セット 18,500円+税
●10-1585 4両増結セット 10,100円+税
●10-224 LED室内灯クリア 651系用 11両分入 7,000円+税


※画像は当鉄道所属のKATO651系旧製品です(参考画像)

平成を駆けた「タキシードボディのすごいヤツ」
・平成19年3月以降の全車禁煙車化された姿をプロトタイプに製品化
・ヘッドライトは電球色LEDを採用
・椅子の成形色を実車に近い色味に変更
・トイレあり車両の車端部に床下機器を設定
・ヘッド/テールライト消灯スイッチを設定(増結セット8号車を除く)
・先頭カプラーは、フック無の「KATOカプラー密連形#2」を採用
・フック無の「KATOカプラー密連形#2」に対応するカプラーカバーを新規作成
・専用LED室内灯をオプションで設定
JR東日本商品化許諾済


※画像は当鉄道所属のKATO651系旧製品です(参考画像)

●651系「スーパーひたち」
 ←上野  いわき・仙台→
 クハ650 1 + モハ650 101P + モハ651 101 + サロ651 1 + モハ650 1 -M-P +

モハ651 1 + クハ651 1 + クハ650 8 + モハ650 8P + モハ651 8 + クハ651 103
 太字下線部:7両基本セット
 下線部:4両増結セット
●28-229 651系増結セット用動力装置(品番10-1585対応)

(ホビーセンターオリジナルパーツ) 4,000円+税
4両編成で走行を楽しめる、動力装置(タイヤ無)と

クハ650用基板関連部品一式をアソートしたパーツセットをホビーセンターカトーより発売
 
12月
■クモユニ74 0 湘南色
●4863-1 (M) 5,800円+税
●4864-1 (T) 3,000円+税
 
12月
ベストセレクション
■E233系1000番台 京浜東北線
●10-1159 基本セット(3両) 9,600円+税
●10-1160 増結セットA(4両) 6,400円+税
●10-1161 増結セットB(4両) 7,000円+税
JR東日本商品化許諾済

〜引用ここまで〜

★管理人より

久々に国鉄時代東京口の列車がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ですね〜!

出来ればですが・・・所謂「化けサロ」何かもホビセン扱いで期待してしまいます(^o^;)

管理人個人の妄想(笑)ですが東海道国鉄時代の華といえばやはりPF+ブルートレイン世代

なので是非KATOさんご検討を!ついでに153系も(*^_^*)

651系は床下など一部アップデートした上での再販に近い新製品かとこの辺はずいぶん長く

市場に出回っていながら未だ衰えない人気商品ですね!

今から24系や14系.20系の行き交う東京口ブルトレを妄想しております(^^;

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト新製品情報更新2019年12月度製品化決定情報24系25形寝台特急「北斗星1・2号」/EF81北斗星色キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ

  • 2019.07.11 Thursday
  • 19:33

皆様こんばんは(^^)

もうかれこれ一ヶ月梅雨空の曇天が続いてかなりシンドい管理人でございます(^^;

さてさて・・・TOMIXさんより12月の新製品製品化情報が発表されました。

メインは24系25形寝台特急「北斗星1・2号」と牽引機のEF81北斗星色でしょうか?

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

NEWツインDXを組み込んだ 北斗星1・2号編成を再現!!
 
●98676 JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)基本セット(6両) 15,900円+税
●98677 JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)増結セット(6両) 12,300円+税
JR北海道商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・北斗星は、1988年に登場した上野〜札幌間の寝合特急列車です
・好評により1989年から車両が増備され、車種や形態など、バラエティー豊かになりました
・後年、全車個室化が行なわれるJR北海道担当の1・2号も1991年夏頃までは

開放式B寝台車が多数連結されていました
 
◆製品化特徴
■<共通仕様>※2アイテム共通
 ・オハネフとカニのJRマークは印刷済み
 ・オハネフとオハネはベッドパーツとハシゴパーツを組込み実感的に再現
 ・車番は選択式で転写シート対応(転写シートは基本セットに付属)
■<98676>基本セット
 ・オロハネ25 550(ロイヤル・デュエット)はロイヤル室窓が少し拡大された554番を新規で再現
 ・オハネフ25 200とカニ24のテールライト、トレインマークは常点灯基板装備、

トレインマーク部は白色に近い色で点灯
 ・オハネフ25 200のテールライト、トレインマークはON-OFFスイッチ付
 ・トレインマークは基板の無いオハネフ25 0含め「北斗星」印刷済
 ・オハネフ25 200の車掌室側はアーノルドカプラー、カニのテールライト側は

ダミーカプラー装着、付属品で変更可能
 ・カニのテールライト側用自連形TNカプラー付属
■<98677>増結セット
 ・ツインDXの客室が上下に配置されたオロネ25 550を新規で再現
 ・増結セットのオハネフ25 200は基板非装備、トレインマーク印刷なし(

お手持ちのシール対応)
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
     <0731>C(白色)
 TNカプラー:<0374>密自連
 
■セット内容・編成例
 ●特急「北斗星1・2号」(1991年頃) *青森〜函館は逆向き
  ←上野・函館  青森・札幌→
  (1)←オハネフ25 200 + (2)オハネ25 100 + (3)オハネ25 100 +

(4)オハネ25 0 + (5)←オハネフ25 200 + (6)スハネ25 500 + (7)スシ24 500 +

 (8)オロネ25 550 + (9)オロハネ25 550 + (10)オロハネ25 550(554)+

(11)←オハネフ25 0 + カニ24 500
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
  ※けん引機は、上野〜青森がEF81形、青森〜函館がED79 0形、

函館〜札幌がDD51形重連でした。
 EF81形の田端運転所に所属した、2形態を再現!!
 

 

 

●7123 JR EF81形電気機関車(81号機・復活お召塗装) 7,500円+税
●7126 JR EF81形電気機関車(北斗星色・Hゴムグレー) 7,500円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
■<7123>EF81形(81号機・復活お召塗装)
◆実車ガイド
・EF81は1968年に登場した直流・交流50Hz/60Hzに対応した電気機関車で

交直流機の標準型として活躍しています
・田端運転所に所属するEF81のうち、81号機はお召塗装となり活躍していましたが

その後北斗星色へと変更され、2014年8月にお召塗装へと復活されました
 
■<7126>EF81形(北斗星色・Hゴムグレー)
◆実車ガイド
・EF81は1968年に登場した直流・交流50Hz/60Hzに対応した電気機関車で交直流機の

標準型として活躍しています
・田端運転所に所属するEF81のうち「北斗星」けん引用車両は側面に流星が

描かれたデザインとなっています
 
◆製品化特徴
■<共通仕様>※2アイテム共通
 ・新モーター採用
 ・ヘッドライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
 ・ヘッドライトは電球色LEDで点灯
 ・ダミーカプラー・自連形TNカプラー付属(<7123>銀色・<7126>黒色)
 ・解放テコを別パーツ取付済み(<7123>銀色・<7126>黒色)
 ・一体プレート軸心車輪採用
 ・屋根上高圧機器箱は銀色で再現
 ・前面手すり・屋根上ホイッスル・信号炎管別パーツ付属
 ・フライホイール付動力・黒色台車枠採用
■<7123>EF81形(81号機・復活お召塗装)
 ・Hゴムは黒色で再現
 ・銀色車輪採用
 ・ナンバープレートは別パーツ付属「EF81−81・78・79・88」
 ・印刷済みヘッドマーク付属(北斗星・カシオペア・あけぽの)
 <特記事項>※<9171>は生産中止となります
■<7126>EF81形(北斗星色・Hゴムグレー)
 ・JRマーク印刷済み
 ・黒色車輪採用
 ・<98676・98677>24系北斗星1・2号の時代に合わせ、Hゴムはグレーで再現
 ・ナンバープレートは別パーツ付属「EF81-86・89・93・96」
 ・印刷済みヘッドマーク付属(北斗星・エルム・あけぽの)

 

 

紺地にロゴが映える、キハ58初代シーサイドライナー色
 
HighGrade
●97917 限定品 JR キハ58系ディーゼルカー

(快速シーサイドライナー・キハ58 727)セット(2両) 10,800円+税
●97918 限定品 JR キハ58系ディーゼルカー

(快速シーサイドライナー・紺色・キハ28 5200)セット(3両) 15,200円+税
●98072 JR キハ58系ディーゼルカー

(快速シーサイドライナー・紺色)セット(2両) 10,800円+税
JR九州承認申請中
 
◆実車ガイド
・キハ58は、1961年に国鉄が開発した急行形ディーゼルカーで、

全国の非電化路線を中心に活躍しました
・長崎〜佐世保間を大村線経由で運転される快速「シーサイドライナー」は

初め九州色のキハ58などで運用されますが、1991年、紺色ベースにロゴが入った専用色が登場しました
・キハ58、キハ65や元キロ28のキハ28 5200などいろいろな車種が使用されました
・後にキハ66、キハ200と同じ青色に赤い扉の新色へ変更され、この塗装は順次無くなりました
 
◆製品化特徴
■<共通仕様>※3アイテム共通
 ・ハイグレード(HG)仕様
 ・「SEA SIDE LINER」ロゴやデザインを印刷で再現
 ・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
 ・ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDで点灯
 ・前面表示部はカラープリズムで白色に近い色で点灯
 ・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「快速」「(白地)」を付属
 ・キハ58、キハ65のシートはリクライニングシートタイプ採用
 ・車番は選択式で転写シート付属
 ・「シーサイドライナー」印刷のヘッドマーク付属
 ・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
 ・TNカプラー(SP)標準装備
■<97917>キハ58 727
 ・キハ58はベースの色が紺でなく青だった727番を再現
■<97918>キハ28 5200 紺色
 ・元グリーン車のキハ28 5200が入った3両セット
 ・キハ58はM車が400番代、T車が400番代後期型の姿を再現
 ・キハ58はスカート付きの姿を再現
■<98072>キハ58紺色
 ・キハ58は0番代でスカート付きの姿を再現
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 ●快速「シーサイドライナー」
  キハ58 727(M) + キハ65 0 + キハ58(M) + キハ28
  太字下線部:限定Set<97917>
  下線部:Set<98001>
 ●快速「シーサイドライナー」
  キハ58 400(M) + キハ28 5200 + キハ58 400(後期型) + キハ58 0冷改車(M)

+ キハ65 0
  太字下線部:限定Set<97918>
  下線部:Set<98072>
 
 

 キロ182-0 HET色が入った、キハ183特急おおぞら
 
●98675 JR キハ183系特急ディーゼルカー(おおぞら・HET色)セット(6両) 

18,400円+税
JR北海道商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・キハ183は北海道のキハ82置き換え用に1979年に登場しました
・「おおぞら」は札幌〜釧路間の特急列車で、一時期キハ183-500中心の編成となりますが、

再び中間車に0番代も入るようになりました
・外観塗装も段階的にHET色に変更され、キロ182-0もHET色を纏うようになりました
・トレインマークは鶴に「おおぞら(平仮名)」から、鶴はそのままに愛称名が

「OZORA(ローマ字)」に変わりました
 
◆製品化特徴
・1997年頃のHET色でそろった特急「おおぞら」を再現
・トレインマークは鶴にローマ宇の「OZORA」を再現
・車番は選択式で転写シート付属
・床下は灰色で再現
・キロ182の0番代をHET色で再現
・キハ183の運転台側はTNカプラー装着
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
・ヘッド・テールライト、トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、トレインマークは白色LEDで点灯
・キハ183 1550のトレインマークは板式タイプを表現、枠を銀色で印刷
・キハ183 500のトレインマークは幕式タイプを表現、Hゴムをグレーで印刷
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
 TNカプラー:<0374>密自連
 
■セット内容・編成例
 ●快速「おおぞら」(1997年頃)
  ←釧路  札幌→
   (1)キハ183 1550 + (2)キハ182 0(T) + (3)キロ182 0 +

(4)キハ182 0(M) + (5)キハ184 + (6)キハ183 500
   下線部:Set

肥薩おれんじ鉄道のくまモンラッピング車両を揃えて楽しもう!!
 
●98063 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-100A形(くまモンラッピング2・3号)セット(2両) 

12,600円+税
肥薩おれんじ鉄道株式会社商品化許諾申請中 (C)2010 熊本県くまモン#K30532
 
◆実車ガイド
・肥薩おれんじ鉄道は八代-川内間を運行する第三セクター方式の鉄道会社です
・車両は19両が所属しイベント兼用車両やラッピング車両など様々な

カラーリングで活躍しています
・HSOR-107Aは2015年1月からくまモンラッピング2号となり、HSOR-102Aは

2018年3月からくまモンラッピング3号となり活躍しています
 
◆製品化特徴
・くまモンラッビンク2号となったHSOR-107Aを再現
・くまモンラッピング3号となったHSOR-102Aを再現
・車番は印刷済み
・前面表示は選択式でシール付属
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは黄色LEDによる点灯
・HSOR-102A(T)のヘッド・テールライトは片側のみ点灯
・フライホイール付動力・新集電システム・銀色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
・シート配置は実車とは異なります
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 (2018年3月〜)
  HSOR-107A(M) + HSOR-102A(T)
  下線部:Set
 
 
 
コンテナを積もう、長くつなげよう、TOMIXのコンテナ貨車!
 
●8735 JR貨車 コキ106形(後期型・新塗装・コンテナなし) 1,000円+税
●3169 私有 ISO20ftタンクコンテナ(日陸・2個入) 2,400円+税
●3170 私有 U47A-38000形コンテナ(日本通運・青色塗装・2個入) 1,200円+税
JR貨物承認申請中 株式会社日陸商品化許諾申請中 日本通運株式会社商品化申請中
 
■<8735>JR貨車 コキ106形(後期型・新塗装・コンテナなし)


◆実車ガイド
・コキ106は1997年より製造された海上コンテナ対応車両です
・製造途中から車体色がスカイブルーからグレーに変更され、スカイプルーの

車両も検査時にグレーに変更されました
・後期型は車体側面に手ブレーキ緊解表示装置が追加されました
・現在は検査で再塗装された際に台枠側面にあった「JRF」マークがなくなっています
 
◆製品化特徴
・コキ106後期型の「JRF」マークがなくなった姿を再現
・車体側面に手ブレーキ緊解表示装置が追加された姿を再現
・車番「コキ106-1122」と「突放禁止」は印刷済み
・銀色車輪採用
・各種コンテナを搭載可能
 
■<3169>私有 ISO20ftタンクコンテナ(日陸)
◆実物ガイド
・日陸が所有するISO20ftタンクコンテナは液状の化学製品等を輸送するために

製造されたタンクコンテナです
・日陸のタンクコンテナはトラック輸送・鉄道輸送・海上輸送を利用した

国際・国内複合一貫輸送に使用されており、全国で活躍しています
 
◆製品化特徴
・日陸所有のISO20ftタンクコンテナを再現
・タンク本体には「NRS」ロゴや各種標記を印刷済み
・フレームはブルーで再現
・番号「NRSU371351・NRSU371467」は印刷済み
・コンテナ貨車に搭載する際の搭載用固定パーツおよびフレームパーツ付属
・2個入
 
■<3170>私有 U47A-38000形コンテナ(日本通運・青色塗装)


◆実物ガイド
・U47Aコンテナは私有の31フィートウイングコンテナです
・日本通運に所属するU47Aコンテナは遮熱塗料を使用した白色塗装のほかに同様の

デザインで青色塗装のコンテナが全国で活躍しています
 
◆製品化特徴
・コキ107や各コンテナ貨車にワンタッチで搭載可能
・「ECO LINER 31」ロゴを印刷済み
・番号「U47A-38368・U47A-38384」を印刷済み
・エコレールマークは印刷済み
・2個入

 〜引用ここまで〜
 

★トミックリリースコンテスト結果発表

 

新幹線編→0系1000番台

在来線編→JR東日本251系特急電車「スーパービュー踊り子」
 

 

★管理人より

24系25形北斗星の製品化は嬉しいのですが管理人が鉄復活前の編成なので

ちょいとビミョウ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ほぼ全ての商品が既存金型の一部リニューアルに留まっており新鮮味が欠けています(泣)

今回はオールスルーしますヽ(=´▽`=)ノ

 

 

 

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年11月・12月新製品製品化発表!C57-1SLやまぐち号牽引機発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.07.05 Friday
  • 11:15

皆様こんにちは(^^)

KATOさんより11月12月の・・・えっ??こ・・・これだけ?(*_*;
う〜んたぶんですが・・・後日隠し玉が控えている伊予柑(笑)ヽ(=´▽`=)ノ

 

 

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト新製品情報更新JR 281系特急電車(ハローキティ はるか・Butterfly)セットJR281系一般形も発売予定!(^^ゞ

  • 2019.06.13 Thursday
  • 21:43

皆様こんばんは(^^)

梅雨の晴れ間ですが例年よりやや気温が低いようで肌寒いくらいの@横浜です。

さてさて先日KATOさんの新製品発表がありましたがTOMIXさんからも・・・

しかしながら今回はちょいと寂しい感じ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

●98674 JR 281系特急電車(ハローキティ はるか・Butterfly)セット 

27,600円+税
281系は1994年から関西空港アクセス特急「はるか」用として運行を開始した特急電車です。
大空に輝く雲をイメージしたホワイトをベースに車体肩部にはコスモグレーと

裾部にはストラトブルーが塗装されているのが特徴です。
先頭部は非常用ドアが備えられ、テールライトは連結器の左右に設置された

デザインとなっています。
HA604編成は2019年に「ハローキティ はるか」のラッピングが施されました。
編成例
 (2019年1月29日〜)
 ←関西空港  京都・米原→
 (6)クハ281 4 + (5)モハ281 7(M)P + (4)サハ281 104 +

(3)サハ281 4 + (2)モハ281 8(T)P + (1)クロ280 4
  下線部:Set
特徴
・281系「ハローキティ はるか」を再現
・クハ281は荷物室扉が埋められた姿を再現
・新モーター採用
・はるかロゴは印刷済み
・クハ・サハ・クロの屋根上にあるJRマークは印刷済み
・車番は印刷済み
・車内はカラーシートで再現
・側面ガラスはスモークガラスを再現
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
・先頭車同士の連結時用として進行方向に関わらず点灯するヘッドライト点灯機能装備
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、銀色車輪採用
・先頭車運転台側のみTNカプラー(SP)装備
製品内容
【車両】
・クハ281-4
・モハ281-7(M)
・サハ281-104
・サハ281-4
・モハ281-8(T)
・クロ280-4
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR西日本商品化許諾申請中
(C)1976,2019 SANRIO CO.,LTD.
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98674.htm

●98672 JR 281系特急電車(はるか)基本セット 20,800円+税
281系は1994年から関西空港アクセス特急「はるか」用として運行を開始した特急電車です。
大空に輝く雲をイメージしたホワイトをベースに車体肩部にはコスモグレーと裾部には

ストラトブルーが塗装されているのが特徴です。
先頭部は非常用ドアが備えられ、テールライトは連結器の左右に設置されたデザインとなっています。
現在、関西空港と京都・米原間を最大9両編成で運用されています。
編成例
 ●特急「はるか」
  ←関西空港  京都・米原→
  (9)クモハ281P + (8)サハ281 + (7)クハ280 + 

(6)クハ281 + (5)モハ281(M)P + (4)サハ281 +

(3)サハ281 + (2)モハ281(T)P + (1)クロ280
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
特徴
・281系特急「はるか」を新規製作で再現
・本製品と<98673>増結セットを連結して9両編成が再現可能
・本製品のみで6両編成が再現可能
・クハ281は荷物室扉が埋められた姿を再現
・新モーター採用
・JRマーク・はるかロゴは印刷済み
・クハ・サハ・クロの屋根上にあるJRマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・シートパーツはカラーシートで再現
・側面ガラスはスモークガラスを再現
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
・先頭車同士の連結時用として進行方向に関わらず点灯するヘッドライト点灯機能装備
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、銀色車輪採用
・先頭車運転台側のみTNカプラー(SP)装備
製品内容
【車両】
・クハ281
・モハ281(M)
・サハ281-100
・サハ281-0
・モハ281(T)
・クロ280
【付属品】
・転写シート:車番
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR西日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98672.html
 
 
※画像は当鉄道所属のKATO製281系はるかです。(参考画像)

●98673 JR 281系特急電車(はるか)増結セット 9,800円+税
281系は1994年から関西空港アクセス特急「はるか」用として運行を開始した特急電車です。
大空に輝く雲をイメージしたホワイトをベースに車体肩部にはコスモグレーと

裾部にはストラトブルーが塗装されているのが特徴です。
先頭部は非常用ドアが備えられ、テールライトは連結器の左右に設置されたデザインとなっています。
現在、関西空港と京都・米原間を最大9両編成で運用されています。
編成例
 ●特急「はるか」
  ←関西空港  京都・米原→
  (9)クモハ281P + (8)サハ281 + (7)クハ280 + (6)クハ281 +

(5)モハ281(M)P + (4)サハ281 + (3)サハ281 + (2)モハ281(T)P + (1)クロ280
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
特徴
・281系特急「はるか」を新規製作で再現
・本製品と<98672>基本セットを連結して9両編成が再現可能

(※本製品はT車のみとなります)
・はるかロゴは印刷済み
・屋根上にあるJRマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・シートパーツはカラーシートで再現
・側面ガラスはスモークガラスを再現
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
・先頭車同士の連結時用として進行方向に関わらず点灯するヘッドライト点灯機能装備
・新集電システム、銀色車輪採用
・先頭車運転台側のみTNカプラー(SP)装備
製品内容
【車両】
・クモハ281
・サハ281-100
・クハ280
【付属品】
・転写シート:車番
パッケージ形態
ウインド付紙箱
JR西日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】

https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98673.html

〜引用ここまで〜

☆管理人より

今回は281系のみ・・・え〜!Σ(゚∀゚ノ)ノキャーちょいと寂しい発表になりましたね〜(泣)

たぶん瑞風の製作に全力投球の構えでしょうか?今回はKATOさんとの一騎打ちになり

ますのでかなり期待できるかと思われます。

瑞風は当鉄道予算の都合で入線予定はありませんがご購入された皆様のレポートが今から

楽しみです。期待して待ちましょう!ヽ(=´▽`=)ノ

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年10月度新製品製品化発表!701系1000番台仙台色と787系アラウンド・ザ・九州6両・4両更にサハ単品発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.06.07 Friday
  • 11:55

皆様こんにちは(^^)

KATOさんより待望の10月期新製品発売予告が来ました〜ヽ(=´▽`=)ノ

今回関西系の車両が寂しいようですが・・・

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

新製品 N-GAUGE
10月期発売
●10-1553 701系1000番台 仙台色 4両セット 15,700円+税
●10-1554 701系1000番台 仙台色 2両セット 9,800円+税
JR東日本商品化許諾済
 
※画像は当鉄道所属の鉄コレ701系です。

 

■商品紹介
●東北地区の通勤・近郊輸送の主力を担う701系電車を製品化いたします。
701系は東北地区の通勤・近郊輸送を行っていた客車列車や国鉄形電車の置換えを目的に

平成5年(1993)から新製配置された軽量ステンレス製の3扉の20m級交流近郊形電車です。

VVVFインバータ制御方式を採用し、ワンマン運転や車内移動の観点から

ロングシートを基本とした室内設備を持ちます。編成は2両〜4両編成があり、

適宜輸送量に応じた組成で運用されます。
 
※画像は当鉄道所属の鉄コレ701系です。

 

◆製品は仙台地区の4両編成と2両編成をリリースします。非ワンマン対応の4両編成と、

ワンマン対応の2両編成で異なる側面を作り分けます。
 両セットともモーター車を含み、2両・4両単独編成のほか、2+2、2+2+2、2+4など、

多彩な組み合わせをお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)仙台車両センター所属のF4-29編成(4両編成)、F2-24編成(2両編成)を

プロトタイプに選定。
(2)ステップのある客扉、交流電車ならではのパンタグラフ周り機器等、

同形態の直流電車E127系に酷似しつつも異なる箇所をリアルに再現。
(3)4両編成は非ワンマン対応車、2両編成はワンマン対応車で異なる側面を作り分け。
   4両…幕板の車外スピーカー・ドア脇の出入口表示器なし
   2両…車外スピーカー・ドア脇出入口表示器あり
(4)パンタグラフは小型のPS105を搭載。交流電車ならではの高圧機器類を再現。

碍子類は白色で再現。
(5)制御機器更新後の形態とし、クモハの屋根上ブレーキ抵抗器撤去、

行先表示LED化を再現。
(6)各先頭車ともライトユニット装備(消灯スイッチ付)。ヘッド/テールライト・

前面表示点灯。電球色LED採用。
(7)前面表示は「仙台」取付済。交換用の前面表示(無地)と行先表示シール付属。
(8)車椅子マークとベビーカーマークを印刷済。
(9)動力車は両セットともクモハ701に設定。片台車駆動。トラクションタイヤ装備。

DCCフレンドリー。
(10)カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密連カプラー採用。

先頭部に取付可能な電連が付属。
(11)行先表示シール付属。前面表示、側面表示、優先席表示、出入口ステッカー、

前面窓遮光シートを収録。
(12)パッケージは4両セットは6両ブックケース入。2両セットを収納可能。
 
■701系1000番台 仙台色 4両セット セット構成
 ←新白河  仙台・利府・一ノ関→
 クハ700-1029 + モハ701-1003P + モハ700-1003 + クモハ701-1029 -M-P
 
■701系1000番台 仙台色 2両セット セット構成
 ←新白河  仙台・利府・一ノ関→
 クハ700-1024 + クモハ701-1024 -M-P

 

 

10月期発売
●10-1540 787系<アラウンド・ザ・九州> 7両セット 19,800円+税
●10-1541 787系<アラウンド・ザ・九州> 4両セット 15,300円+税
●4245-3 サハ787-100 <アラウンド・ザ・九州> 1,900円+税
JR九州承認済
 
※画像は当鉄道所属のKATO787系アラウンド・ザ・九州6両編成です。

■商品紹介
●ロングセラーの787系に新たなバリエーションを追加します。
実車は平成4年(1992)7月のデビュー以来、様々な運用の変遷を経て、

現在は南福岡車両センターと大分車両センターに配置、「かもめ」「きらめき」

「にちりん」「ひゅうが」「きりしま」を中心に、在来線特急の主力車両として活躍中です。
一緒に楽しめる車両は「ななつ星in九州」を始め、885系、883系、813系、

キハ47「アクアライナー」など豪華列車から普通列車まで多彩な共演がお楽しみいただけます。
 
◆製品は以前からご要望を頂いていたクロハ786とクハ787 0番台を新規設定し、

4両編成を新たにNゲージ化します。併せて先頭連結用のカプラーセットと

スカートを付属部品として設定、787系の併結運転の再現が実現します。
6+6の12両編成の「きらめき」の再現や4+4の代走「ソニック」の再現も可能です。
 
■製品特長
(1)7両セットは南福岡車両センター所属のBM13編成、4両セットは

大分車両センター所属のBo104編成。
   平成23年(2011)頃の「AROUND THE KYUSHU」ロゴ化〜平成29年(2017)

までのワンマン化改造前の形態がプロトタイプ。
(2)4両セットはクロハ786(下り方半室グリーン車)と

クハ787 0番台(上り方普通車)を新規設定。
(3)サハ787-100を単品でラインナップ。7両セットの増結用のほか、

既存の6両セットの増結用としてもオススメ。
(4)各セットの先頭車は電連付ダミーカプラー及びスカートを新規設定。

先頭連結用カプラーセット・スカートが付属。
   6+6の12両編成の「きらめき」の再現や時折見られて話題となる

4+4の代走「ソニック」の再現も可能。
(5)ヘッドライト/テールライト点灯。ヘッドライトは白色LEDで再現。

(上部ライト電球色、フォグライト黄色)消灯スイッチ付。
(6)真空式汚物処理装置を台車取付の別部品で新規作成。
(7)定評ある動力ユニット採用で、安定した走行が可能。4両セットは併結運転を考慮し、

トラクションタイヤ無し。
(8)中間連結部はKATOカプラー密連形を標準装備。
(9)行先表示シール付属。7両セット/4両セットでそれぞれ異なる内容を収録。
   4両セットの付属シールはワンマン運行の特急や普通列車運用もカバー。

ワンマン化改造の姿が再現できるよう、車外スピーカーの模様も収録。
(10)7両セットは8両用のブックケースを採用。単品のサハ787-100を収納可能。 
 
※画像は当鉄道所属のKATO787系アラウンド・ザ・九州6両編成です。

■787系<アラウンド・ザ・九州> セット構成
 7両セット
  ←長崎・佐世保・長洲  博多・小倉・門司港→
  1号車 クモロ787-13● + 2号車 モハ786-307●P + 3号車 サハ787-116

+ 4号車 サハ787-213 + 5号車 サハ787-10● + 6号車 モハ787-24● -M- +

7号車 クモハ786-13P
 サハ787-100 単品
  サハ787-110
 4両セット
  ←長崎・佐世保・長洲  博多・小倉・門司港→
  1号車 クロハ786-4● + 2号車 モハ787-14● -M- + 3号車 モハ786-106●P +

4号車 クハ787-4
 ●:トイレタンク
 

 

10月期発売
●10-1577 E233系 中央線開業130周年記念ラッピング編成 10両セット【特別企画品】 

26,300円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●2019年4月8日に登場した「中央線開業130周年記念キャンペーン」

のE233系ラッピング編成を製品化いたします。
明治22年(1889)に甲武鉄道として新宿〜立川間、立川〜八王子間開業

から130年を迎えた2019年に開催した上記キャンペーンの一環として、

同線用E233系のT24編成を、「中央線=オレンジの電車」として馴染み深い

201系をモチーフに車体全体をラッピング。2019年8月末まで運行される予定です。
 
◆製品は実車同様、前頭部以外はフルラッピングでオレンジ色になったT24編成を再現。

201系をモチーフに細部にこだわった表記類もくまなく表現します。運行当初、

前面に掲出されたヘッドマークを付属部品として設定します。
KATOから発売中のE233系0番台中央線各種、E353系「あずさ・かいじ」のほか、

併走する中央・総武緩行線お持ちの方へ向けた、バリエーション

追加のコレクションアイテムとしてもオススメです。
 
※画像は当鉄道所属のKATOE233系中央線H編成セットです。

■製品特長
(1)プロトタイプは豊田車両センター所属のT24編成。前面カバー部・

連結面以外に施されたオレンジ色のラッピングを再現。
(2)戸袋部に配された中央線開業130周年記念のロゴマーク(ヘッドマークと同デザイン)

を再現。
所属表記、定員表記、エンド表記、先頭車のJRマークは201系を模した国鉄書体の

白色で再現。
   形式・車番表記は国鉄書体のグレーで表現。
(3)前面行先表示は「949T 快速 高尾」を取付済。

交換用前面表示として「1433T 中央特快 大月」「1264T 青梅特快 東京」

を付属部品として設定。側面表示は黒地を印刷済で、行先表示シール付属。
(4)前面に掲出されたヘッドマークをワンタッチで取付可能。
(5)クーラーは5号車がトランスポーテック製、それ以外は三菱製で再現。
(6)カプラーは先頭部ダミーカプラー、中間部はボディマウント密連形(フック無し)

を設定。
(7)フライホイール搭載動力ユニットを採用、各台車には サスペンション機構搭載。

DCCフレンドリー。
(8)前面窓から見える乗務員室背面仕切りを表現。

また、同時に仕切り窓を通して室内を見ることができます。
(9)パッケージは6両用ブックケース×2で構成。一括スリーブに収納。
 
■E233系 中央線開業130周年記念ラッピング編成 セット構成
 ←東京  高尾・青梅・大月→ ※2号車の東京方パンタグラフは通常使用していません。
 1号車 クハE233-24 AU726 + 2号車 モハE233-24P AU726 + 3号車

モハE232-24 AU726 + 4号車 モハE233-224-M-P AU726 +

5号車 モハE232-224 AU726B 

+6号車 サハE233-524 AU726 + 7号車 サハE233-24 AU726 +

8号車 モハE233-424P AU726

 +9号車 モハE232-424 AU726 + 10号車 クハE232-24 AU726

 

 

10月期発売
●10-1528 叡山電鉄900系<青もみじきらら>(メープルグリーン)

【特別企画品】 8,800円+税
叡山電鉄株式会社製品化許諾済
 
■商品紹介
●叡山電鉄鞍馬線は平成30年(2018)12月1日に開通90周年を迎え、

約1年間、鞍馬線開通90周年事業が行われます。今回その一環として、

900系展望列車<きらら>のうち「メープルレッド」1編成を新緑の爽やかな、

もみじをイメージした「メープルグリーン」塗装に変更し、

平成31年(2019)3月21日から令和2年(2020)12月上旬までの予定で

「青もみじきらら」として運行中です。
 
◆期間限定の特別塗装色を、実車の運行期間中にタイムリーに製品化致します。
 
◆これまでの叡山電鉄900系<きらら>と同様、

ユニトラックコンパクトCVシリーズ(本製品はR150通過対応)を用いて

省スペースでお楽しみいただけます。また、沿線にはもみじのトンネルもあり、

日本の紅葉シリーズを用いたジオラマ製作もあわせておすすめです。
 
■製品特長
(1)新緑の爽やかなもみじをイメージしたメープルグリーン塗装を鮮やかに再現。
(2)側面の青もみじマークと鞍馬線90周年ロゴマークを印刷済。
(3)前面行先表示側の乗務員室扉上に見られる“KEIHAN”ロゴマークを再現。
(4)大きな窓から覗けるインテリアをはじめ、特徴あるカラーリングを忠実に再現。
(5)小さな車体に動力ユニットを装備した走行可能モデルで、急曲線R150も通過可能。
(6)ヘッドライト/テールライト点灯。
(7)ジャンパ管付ドローバー装備。
(8)ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用。
(9)ワンマン表示を含んだ行先表示シール付属。
 
■叡山電鉄900系<青もみじきらら> セット構成
 ←出町柳(でまちやなぎ)  鞍馬・八瀬比叡山口(くらま・やせひえいさんぐち)→
 デオ901P + デオ902
 ▲側面の青もみじマークと鞍馬線90周年ロゴマークを印刷済。

〜引用ここまで〜

★管理人より

KATOさんより待望の701系が予告キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じですね〜♪

JR東日本の東北地区を代表する形式なので今後秋田色などバリエーション展開が楽しみです

(*^_^*)

787系は当鉄道には既に配置済みですがサハを増備更に4両「きりしま」などは魅力ですね〜♫

701系は4両セットと787系はサハと4両セットを予約しようかと・・・(^^;

ただし・・・10月からは消費税が・・・( ̄∀ ̄;まぁ時間もありますのでちょいと

様子見です。

関西系の車両が寂しいですが15日〜16日に「おおさか鉄道模型バザール」が開催される

ので会場発表に期待したいです(^^)

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年9月度新製品製品化発表!415系常磐線と381系ゆったりやくも(ノーマル+サブ編成)発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.04.26 Friday
  • 12:25

皆様こんにちは(^^)

KATOさまより2019年9月度の新製品予告テロ(笑)(^^;が来ました〜!

確かに5月第一週はGWなのですが4月のこの時期とはやはり被弾するネタが今回も

満載ですf^^;

 

 

 

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

発売予定品情報
2019年9月
 
9月
New
■381系「ゆったりやくも」(ノーマル+サブ編成)
●10-1452 7両セット 20,400円+税
・パノラマ編成同様にリニューアルされた、側面サボ受けの撤去、側面非常口の埋め込み、

車番のプレート化を再現
・前面貫通扉、小さいトレインマークが特徴のクモハ381-500を新規設定
・500番台を特徴付ける赤いスカートと先頭連結カプラーを装備
・クモハ381-500には交換用二段電連付ダミーカプラー+スカートを付属
・クロ381−100は、1+2の座席配置を設定、普通車と異なる座席色も再現
・クハ381-112のみ、サボ受け残存、切り文字など実車同様の原形に近い姿を再現、

幕式となる側面行先表示は付属シールに収録
・クハ381-112先頭部は連結運転に対応、付属の連結用カプラーと

貫通扉カバー等の組み合わせにより、パノラマ+サブ編成も再現可能
・クモハ381-500…前面連結対応の強化スカートを装備
JR西日本商品化許諾申請中
・381系「ゆったりやくも」(ノーマル+サブ編成)編成図
 ←出雲市  岡山→
 クロ381-132 + サハ381-224 + モハ380-72 -M-P + クモハ381-509 +

モハ380-586P + モハ381-86 + クハ381-112
 
※画像は当鉄道所属のKATO381系ゆったりやくも(参考画像)

9月
New
■EF65 2000 復活国鉄色
●3061-5 7,300円+税
・近年全検出場時に見られる、国鉄色をまとった姿で製品化
・助士席側窓の冷風装置用ダクトや運転席側窓に遮光フィルムが施行された姿を再現
・屋根上のモニター周囲と扇風機カバー付近が黒、パンタグラフ周囲と

ランボード上面がグレー塗装
・ナンバーは、「2065、2066、2067、2068」号機
JR貨物承認申請中
 
※画像は当鉄道所属のKATO3061-1JR貨物仕様に改造したモノです(参考画像)

9月
New
特別企画品
■251系「スーパービュー踊り子」登場時塗装
●10-1576 10両セット 29,400円+税
平成を駆けたリゾート特急
・登場時の明るい水色とグレーの塗色を再現
・トイレあり車両の車端部に床下機器を設定
・号車表示、ATS表記など、各種標記類を印刷済
・ヘッドライトは電球色LED、室内灯は白色LEDを採用
・椅子の成形色を実車に近い色味に変更
・9、10号車は展望席も含め、登場時の座席配置を再現
JR東日本商品化許諾済

 

※画像は当鉄道所属(売却済)KATO251系スパービュー踊り子旧製品です(参考画像)

9月
New
■415系(常磐線・新色)
●10-1535 7両基本セット 20,100円+税
●10-1536 4両増結セット 11,400円+税
●10-1537 4両セット 12,500円+税
・国鉄末期の昭和60年、科学万博輸送で活躍した新色の15連を製品化
・基本セットは100番台のセミクロスシート車+700番台のセミロングシート車
・増結セットは500番台のロングシート車で異なるクーラーを搭載
・モハ414/415は、100番台・700番台、500番台で異なる床下機器を再現
・各セットには、選択可能な行先サボシールを付属
・ホビーセンターカトーから、別売の「エキスポライナー」ヘッドマークセットを発売
JR東日本商品化許諾済
・415系(常磐線・新色)編成図
 ←上野  水戸・平→
 クハ411-202 + モハ414-102P + モハ415-102 + サハ411-704 +

モハ414-704 -M-P + モハ415-704 + クハ411-102 + クハ411-612 +

モハ414-512P + モハ415-512 + クハ411-512 + クハ411-605 +

モハ414-505 -M-P + モハ415-505 + クハ411-505
 クハ411 + モハ414P + モハ415 + サハ411 + モハ414-M-P +

モハ415 + クハ411 + クハ411 + モハ414P + モハ415 + クハ411
 ←上野・小山  水戸・平→
 クハ411 + モハ414P + モハ415 + サハ411 + モハ414-M-P + モハ415 + クハ411
 クハ411 + モハ414-M-P + モハ415 + クハ411
 太字下線部:7両基本セット
 下線部:4両増結セット
 太字:4両セット

〜引用ここまで〜

★管理人より

いやぁ〜今回の発表は結構被弾しましたね〜(笑)381系ゆったりやくもの増結編成は

YouTubeでも良く見かけますので改造するには敷居が高く製品化が待ち望まれていましたが

KATOさんやってくれますね〜♪〜♬

EF65-2000も実は今年入線の3061-2を改造して2000番台に・・・というネタでやらかす

算段でしたが見事に先を越されて製品化となりましたね〜( ;∀;)でも予約します(笑)

251系スーパービュー踊り子はう〜ん(;^ω^)ちょっと保留かな??

今回は被弾ネタがあって今から楽しみです(*^_^*)

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATOとTOMIXさん TWILIGHT EXPRESS 瑞風2019年発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 14:32

皆様こんばんは(^^)

KATOとTOMIXからキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!TWILIGHT EXPRESS 瑞風の製品化発表です!

何故か示し合わせた??(笑)ように両社本日同時発表となりましたね〜♪

動力の信頼性と塗装で定評があるKATOか?プログレッシブモーターで猛追するTOMIXか?

一番の見せ場である前面の手すりの表現や曲面の美しさ更に独特の塗装をどう表現するか?

両社の腕の見せどころですね(*^_^*)

当鉄道では今回は価格・予算の都合で見送りますが関西圏の皆様にとっては楽しみなニュース

ですね!

TOMIXさんからは先日運転開始されたばかりのE233系中央線オレンジラッピング電車の製品化

も案内が出ております。

 

 

 

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2019年8月度新製品製品化発表!国鉄EF65-1000前期型と国鉄12系フルリニューアル発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】

  • 2019.04.05 Friday
  • 11:29

皆様こんにちは(^^)

巷では桜満開の中新元号やら某模型店の破産など話題満載の4月初頭ですが

本日KATOさまより待望の8月新製品発表がありました。

なんと言っても管理人の大好物?(笑)東北筋宇都宮運転所といえばPF前期

です。今回ファインスケールにて新製品発売キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

更に急行「八甲田」他臨時急行や修学旅行臨再現には欠かせない12系も

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!というわけで歓喜しております管理人でございますf^^;

〜以下N-Gauge Informationさんより引用〜

※使用画像は当鉄道所属KATO・TOMIX製品です(参考画像)

新製品 N-GAUGE
 8月期発売
 ●3089-1 EF65 1000 前期形 7,200円+税
 JR東日本商品化許諾申請中 JR貨物承認申請中
  
 ■商品紹介
 ●旅客や貨物の牽引で幅広く活躍したEF65 1000番台 前期形を製品化いたします。
 EF65 1000番台は当初より重連総括制御と寒冷地での運用が考慮された、

平地向けの汎用直流電気機関車です。旅客列車、貨物列車いずれも牽引が可能で、

普通列車からブルートレイン、一般貨物から高速貨物まで幅広い活躍を見せました。
  
 ◆今回は国鉄時代の頃の姿で製品化いたします。新規製作のボディで、

よりリアルなデティールをお楽しみいただけます。
 お手持ちの貨物列車・旅客列車の牽引機としておすすめの機関車です。

同時発売予定の12系急行形客車と組み合わせれば、往年の客車急行列車を再現可能です。
 
 ■製品特長
 (1)新製時〜昭和62年(1987)頃までの1023〜1039号機がプロトタイプ。
 (2)ボディを新規に製作。内バメ式テールライト、前面通風口あり、

貫通扉下部のステップ幅が狭い姿を再現。
 (3)屋根を新規に製作。扇風機カバーなし、ランボードの高さが低い姿を再現。

屋根色は青色で再現。
 (4)信号炎管グレー、ホイッスルカバー青、Hゴムグレーの形態を再現。
 (5)前面窓の縦桟及びワイパーは銀色で再現。
 (6)スカートを新規に製作。KE59ジャンパ栓ありの形態を再現。
 (7)青15号とクリーム1号で構成された車体色を美しく再現。
 (8)前面手スリ、解放テコ(黒色)を別パーツで再現。いずれも取付済。
 (9)ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用。
 (10)フライホイール付動力ユニット採用。安定した走行を実現。
 (11)アーノルドカプラー標準装備、交換用ナックルカプラー付属。
 (12)選択式メーカーズプレート:「川崎重工+富士電機」「東洋電機+汽車会社」
 (13)選択式ナンバープレート:「1027」「1030」「1033」「1039」
 (14)クイックヘッドマーク対応。「あけぼの」「つばさ」のヘッドマークが付属。

 

新製品 N-GAUGE
8月期発売
 ●10-1550 12系 急行形客車 国鉄仕様 6両セット 13,000円+税
 ●5302 オハ12 国鉄仕様 1,750円+税
 ●5304 スハフ12 100前期形 国鉄仕様 2,200円+税
 JR西日本商品化許諾申請中 JR九州承認申請中
  
 ■商品紹介
 ●国鉄の新形客車12系をフルリニューアルで製品化いたします。
 12系客車は昭和44年(1969)〜53年(1978)にかけて製造された、最高速度110km/h

に対応した急行形座席客車です。床下のディーゼル発電機給電の冷房搭載など、

当時の電車や気動車にも劣らない装備で、のちに登場する14系以降の新形客車の

基礎になりました。当初は臨時列車や大阪万博輸送、のちに定期急行列車としても運転され、

北海道を除く全国各地での活躍が見られました。後年は通勤形への改造車や、

ジョイフルトレインへの改造など様々な活用がされ、現在も波動用の客車として

活躍する姿を見ることができます。
  
 ◆様々な鉄道シーンの再現に欠かせない車両がフルリニューアルで登場です。
 番台ごとに見られる形態の違いを追求しており、よりリアルになった12系客車を

お楽しみいただけます。12系のみで構成される編成はもちろん、

お手持ちの荷物列車や24系客車などと組み合わせて往年の急行列車の再現も楽しみ方の一つです。
  
 ■製品特長
 (1)昭和55年(1980)頃の西日本地区所属車がプロトタイプ。JRマークなし、

客扉及び前面貫通扉に帯あり、トイレは流し管の形態で再現。
  ・6両セットは0番台がプロトタイプ。屋根補強あり、緩急車前位妻面テールライト無し、

スリットタイプのクーラー、スハフ12の吸気口が小形で1-3位側のみ、

オハ12の前位側貫通扉無しの形態を再現。
  ・単品のオハ12は後期形、スハフ12は100番台初期形がプロトタイプ。

屋根補強あり、緩急車前位妻面テールライトあり、緩急室側貫通扉窓は押え縁なし、

メッシュタイプのクーラー、スハフ12の吸気口が大形で両側面あり、オハ12の前位側貫通扉ありの形態で再現。
 (2)各車ともHゴムはグレーで再現。
 (3)6両セットのスハフ12/オハフ13はジャンパ栓を別パーツで再現。
 (4)側扉の手掛けを再現。
 (5)特徴的な青い車体塗装と2本の白帯を再現。
 (6)スナップオン台車採用。
 (7)スハフ12/オハフ13の緩急室側のテールライト点灯(消灯スイッチ付)。
 (8)6両セットのスハフ12とオハフ13、単品のスハフ12の緩急室側先頭部は

ボディマウントタイプのアーノルドカプラー装備、各車両の中間連結部は

密自連形ボディマウントカプラーを装備。6両セットと単品のスハフ12は交換用ナックルカプラー付属。
 (9)6両セットのスハフ12とオハフ13、

単品のスハフ12の緩急室側先頭部の前面幌枠は銀色で再現。

また前面幌を再現できるパーツが付属。必要に応じて着脱が可能。
 (10)6両セットと単品のスハフ12には行先表示シール付属。それぞれ異なる内容を収録。
 (11)6両セットのブックケースは12系客車6両のほか、牽引用の機関車1両を収納可能。

 
■12系急行形客車 セット構成
 ・6両セット
   ←スハフ12 76 + オハ12 244 + オハ12 252 + オハ12 270 

+ オハ12 302 + オハフ13 51→
  ・単品製品
   ←スハフ12 133
   オハ12 349
  太字下線部:6両セット
  下線部:単品製品

 

新製品 N-GAUGE
 8月期発売
 ●10-1571 しなの鉄道115系 3両セット 11,700円+税
 しなの鉄道株式会社商品化許諾申請中
  
 ■商品紹介
 ●しなの鉄道で現在活躍中の115系電車を製品化いたします。
 平成9年(1997)北陸新幹線長野駅開業に伴い、並行する旧信越本線のうちの

軽井沢〜篠ノ井間(しなの鉄道線)が第3セクター方式に移管する形で

開業したのがしなの鉄道です。その後の北陸新幹線金沢駅開業で

長野以北の長野〜妙高高原間(北しなの線)が平成27年(2015)に開業しました。

現在主力車両として活躍する115系は赤とグレーを基調としたしなの鉄道の

オリジナルカラーのほかに、往年の湘南色や横須賀色をまとった車両もいます。
  
 ◆しなの鉄道オリジナルのシックなデザインをまとった115系がNゲージに登場です。
 3両編成で初心者の方にもおすすめできるお手軽なセットです。

同時発売予定の10-1572 しなの鉄道115系(湘南色/横須賀色)

6両セット と組み合わせて、実車で見られる3+3の併結運転の再現も可能です。

長野地区で活躍するJRや、えちごトキめき鉄道の車両とともに、運転をお楽しみいただけます。
   ■製品特長
 (1)S13編成の、平成31年(2019)の現行の仕様がプロトタイプ。
 (2)モハ114はシングルアームパンタグラフリニューアル車の特徴である側面のMG用ルーバーが閉塞された姿を再現。
 (3)モハ114床下の補助電源装置MGがSIV化され、コンプレッサーが更新された形態を再現。
 (4)信州名産のリンゴをイメージした赤をベースに、

グレーと白帯の入った独特のカラーリングを的確に美しく再現。スカートはボディと同様の赤色で再現。
 (5)車体側面のスピーカーは印刷で表現。
 (6)クモハ115、クハ115の運転席側前面貫通扉のホロ枠は車体色と

同じ赤色で再現。着脱可能な前面ホロが付属。
 (7)屋根上のベンチレーター、クーラーは別パーツで再現。アンテナ、

避雷器、ヒューズ箱取付済。
 (8)車内の椅子は青色で再現。
 (9)各部のHゴムは黒色で再現。前面ガラスの縦桟とワイパーは銀色で再現。
 (10)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。

併結運転を考慮し、トラクションタイヤは無し。
 (11)ヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。
 (12)カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密連カプラー採用。

先頭車先頭部に取付可能な胴受が付属。
 (13)行先表示は前面「普通 ワンマン」取付済、側面「ワンマン 長野」印刷済。

交換用の前面表示(無地)と行先表示シール付属。
 (14)DCCフレンドリー。
  
 ■しなの鉄道115系 3両セット セット構成
  ←軽井沢  長野・妙高高原→

 クモハ115-1070 + モハ114-1167 -M-P + クハ115-1213

 

新製品 N-GAUGE
 8月期発売
 ●10-1572 しなの鉄道115系(湘南色/横須賀色) 6両セット

【特別企画品】 23,600円+税
 しなの鉄道株式会社商品化許諾申請中 JR東日本商品化許諾申請中
  
 ■商品紹介
 ●しなの鉄道で現在活躍中の、湘南色と横須賀色をまとった115系を製品化いたします。
 平成29年(2017)に開催された信州デスティネーションキャンペーン及び

しなの鉄道開業20周年に合わせて、<懐かしの車体カラー>として湘南色、

横須賀色に塗装した115系の運転を開始しました。その後もバリエーションが

増えていき平成30年(2018)末現在の時点で計8パターンもの塗色が見られ、

115系の動く博物館として話題になっています。
  
 ◆しなの鉄道の115系のカラーバリエーションが楽しめるセットです。
 イベント列車の再現はもちろん、通常の定期列車の再現が可能な行先表示シールが付属します。

セットはモーター付3両編成×2で構成されており、それぞれの単行運転や併結運転など

実車と同様の運転をお楽しみいただけます。同時発売予定の10-1571

しなの鉄道115系 3両セット との組み合わせた運転ももちろん可能です。
  
 ■製品特長
 (1)平成29年(2017)に塗色変更された、湘南色のS3編成と横須賀色のS16編成がプロトタイプ。
 (2)モハ114はリニューアル車の特徴である側面のMG用ルーバーが閉塞された姿を再現。

床下の補助電源装置MGがSIV化され、コンプレッサーが 更新された形態を再現。
 (3)モハ114のパンタグラフは実車同様、湘南色がPS23、

横須賀色はシングルアームパンタグラフPS35装備。
 (4)緑2号に窓周りが黄かん色の湘南色と、

青15号に窓周りがクリーム1号の横須賀色の色合いを的確に美しく再現。スカートはいずれも黒色で再現。
 (5)車体側面のスピーカーは印刷で表現。
 (6)着脱可能な前面ホロが付属。
 (7)屋根上のベンチレーター、クーラーは別パーツで再現。アンテナ、避雷器、ヒューズ箱取付済。
 (8)車内の椅子は湘南色が灰色、横須賀色が青色で再現。
 (9)各部のHゴムは黒色で再現。前面ガラスの縦桟とワイパーは銀色で再現。
 (10)湘南色、横須賀色それぞれに動力車を設定。フライホイール付動力ユニット採用で、

安定した走行を実現。併結運転を考慮し、トラクションタイヤは無し。
 (11)ヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。
 (12)カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密連カプラー採用。

先頭車先頭部に取付可能な胴受が付属。
 (13)定期列車、イベント列車の再現が可能な本セット専用の行先表示シール付属。

前面行先表示は無地のものが取付済。交換用の前面行先表示(無地)が付属。
 (14)DCCフレンドリー。
  
 ■しなの鉄道115系(湘南色/横須賀色)6両セット セット構成
  ←軽井沢  長野・妙高高原→
  クモハ115-1013 + モハ114-1018 -M-P + クハ115-1012(湘南色)
  クモハ115-1072 + モハ114-1170 -M-P + クハ115-1215(横須賀色)

新製品 N-GAUGE
 8月期発売
 ●10-1574 321系 JR京都・神戸・東西線 基本セット(3両) 10,900円+税
 ●10-1575 321系 JR京都・神戸・東西線 増結セット(4両) 10,200円+税
 JR西日本商品化許諾申請中
  
 ■商品紹介
 ●京阪神地区で活躍する321系を現在の姿で製品化いたします。
 2005年12月の登場以降、JR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線)、

JR宝塚線(福知山線)で運転されるほか、2008年のJR東西線開通により、

同線及び学研都市線(片町線)への乗り入れやおおさか東線経由で大和路線(関西本線)

への直通運転も行うなど、幅広い地域で活躍する姿が見られる車両です。
  
 ◆既存製品とは異なる車番で製品化のため、既に321系をお持ちの方にもおすすめの製品です。

弱冷車表記、女性専用車ステッカーなどの表記類は現在の321系で見られるものを再現するほか、

行先表示も路線記号の入った現行デザインのものを模型でもお楽しみいただけます。

付属の行先表示シールで、先月に延長開業した「おおさか東線」のほか、

各路線で活躍する原稿の運用形態をお好みで再現可能です。
  
 ■製品特長
 (1)現在の網干総合車両所明石支所所属のD12編成がプロトタイプ。
 (2)1号車の車椅子マークとベビーカーマーク、2、6号車に見られる弱冷車表記と

5号車の女性専用車表記を再現。
 (3)先頭車の前面運番表示器が撤去された姿を再現。
 (4)定評あるフライホイール搭載動力ユニットを採用。安定した走行を実現。
 (5)先頭車先頭部の連結器はダミーカプラーで再現。中間連結部には、

ボディマウント式KATOカプラー密連形(フックあり)を標準装備。
 (6)ヘッド/テールライト点灯。実車のフォグライトの色味を黄色で再現。
 (7)前面表示「A 普通 西明石」取付済。交換用前面表示付属。
 (8)側面の行先表示部分は黒色で印刷済。
 (9)行先表示シール付属。平成31年(2019)3月16日の改正後の運用に合わせた内容を収録。

JR京都線・JR神戸線・JR宝塚線・JR東西線・JR学研都市線の運用のほか、

おおさか東線経由の大和路線直通快速の再現も可能。
 (10)パッケージは、基本セットが紙箱入。増結セットが7両タイプブックケースで、

基本セットの3両を収納可能。
  
 ■編成例
  ←加古川・西明石・宝塚・新三田  木津・奈良・京都・草津→
  1号車 クモハ320-12 + 2号車 モハ321-24P + 3号車 サハ321-12 +

 4号車 モハ320-24 -M- + 5号車 モハ321-23P + 6号車 モハ320-23 + 7号車 クモハ321-12P
  太字下線部:基本セット(3両)
  下線部:増結セット(4両)
  ※上り側(図の右側)のパンタグラフは通常使用しませんが、

東西線区間では使用します。
  
 ■セット内容
  基本セット(3両)
   クモハ320-12
   モハ320-24 -M-
   クモハ321-12

 増結セット(4両)
   モハ321-24
   サハ321-12
   モハ321-23
   モハ320-23

〜引用ここまで〜
★管理人より
EF65-1000前期型リニューアル製品は非常に有り難いのですが屋根の塗装は全検明け前の青とのこと、
黒モニターセットを購入してくださいということでしょうか?(^^;
KATOさま出来れば屋根塗装工程は避けたいのでご検討を!
12系は床下のモールドとBMカプラー化ですね!管理人はとりあえずPF2機と12系基本は
お布施決定です(*^_^*)

【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX(新製品説明会場発表)新製品製品化情報発表!管理人注目は瀬戸大橋のアノ列車です(^^ゞ

  • 2019.03.14 Thursday
  • 19:02

皆様こんばんは(^^)

TOMIXさんより新製品製品化予定が発表になりました。

今回は西日本が中心ですね〜管理人注目は瀬戸大橋のアノ列車です(^^;

 

★管理人より

今回はマリンライナーのバージョン展開ですが既に当鉄道には在籍していますので

導入はないですが前回あれだけ人気になった商品でしたので話題にはなりそうです。

広島更新色のキハさん達ですが久しぶりの生産でこちらも人気が出そうですね〜♪

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

日本ブログ村鉄道模型カテゴリーランキング

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

鉄道コム

鉄道コム
アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【航空機事業部】1/144 F-15DJ EAGLE ”204・305 飛行隊” カフェレオ Jwings 2 Jウイング 2 世界の主力戦闘機 航空自衛隊 F-15J イーグル ワンフェス限定組み立て完成しました(*^_^*)
    くさたん (08/16)
  • 【航空機事業部】1/144 F-15DJ EAGLE ”204・305 飛行隊” カフェレオ Jwings 2 Jウイング 2 世界の主力戦闘機 航空自衛隊 F-15J イーグル ワンフェス限定組み立て完成しました(*^_^*)
    トータン (08/16)
  • 【JR東日本】189系N102編成(長ナノ)6月25日付にて廃車になりました今までの活躍お疲れ様でした!ありがとう!
    くさたん (08/14)
  • 【JR東日本】189系N102編成(長ナノ)6月25日付にて廃車になりました今までの活躍お疲れ様でした!ありがとう!
    東濃鉄道 (08/14)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2019年冬〜2020年新春新製品情報更新153系と14系「出雲2.3号」更に小田急LSE新塗装キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ
    くさたん (08/10)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2019年冬〜2020年新春新製品情報更新153系と14系「出雲2.3号」更に小田急LSE新塗装キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ
    くさたん (08/10)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2019年冬〜2020年新春新製品情報更新153系と14系「出雲2.3号」更に小田急LSE新塗装キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ
    くさたん (08/10)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2019年冬〜2020年新春新製品情報更新153系と14系「出雲2.3号」更に小田急LSE新塗装キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ
    東濃鉄道 (08/09)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2019年冬〜2020年新春新製品情報更新153系と14系「出雲2.3号」更に小田急LSE新塗装キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ
    大佐 (08/09)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】TOMIX公式サイト2019年冬〜2020年新春新製品情報更新153系と14系「出雲2.3号」更に小田急LSE新塗装キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】(^^ゞ
    がおう☆ (08/09)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM