【経済関連】8月26日という巨大な”潮目”。あなたは生き残ることが出来るか?(原田武夫の道中辻斬り Vol. 69)香港人民解放軍突入は25日!米中貿易戦争でNYダウ大幅下落!前人未到の大混乱が来る!

  • 2019.08.24 Saturday
  • 06:45

皆様おはようございます。

今朝ほどNYダウが700ドル以上下落しております。原田武夫氏が以前から

指摘してきた大きな潮目8月26日が現実的にありそうな情勢になって来ました。

以下原田武夫氏YouTube動画です。⇩

原田武夫氏YouTube動画

8月26日を境に日本は株式市場のみならず大崩壊する

一部情報では25日香港デモ鎮圧の為人民解放軍が動く(管理人独自情報)

今後25年間とてつもない人智を超えた時代に

こ瑤篁饂困匹Δ海Δ任呂覆 明日生きていて良かった時代

ゥ僖鵐妊潺奪ウィルスが猛威を奮う

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、

米企業に対し中国から事業を撤退させ、米国内での生産を拡大するよう要求した。

中国が発表した対米報復関税措置に対する対応策を近く発表するとも言明した。

中国商務省は同日、対米報復関税を発動すると発表。

米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5─10%の追加関税を課す。

米国が9月1日から発動を予定する対中制裁関税「第4弾」に対する報復措置とみられる。

23日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価は、アメリカと中国の貿易摩擦が

一層激しくなることへの懸念から、売り注文が広がり、

一時、700ドルを超える大幅な値下がりとなりました。

23日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価は、中国が、

アメリカからの輸入品に報復関税を課すと発表したことを受けて、

前日に比べ100ドル余り値下がりして推移したあと、

FRBのパウエル議長の講演内容が伝わると追加利下げへの期待から買い注文が増えました。

しかし、その直後に、トランプ大統領がツイッターで中国への

報復措置をとる方針を明らかにしたため、両国の貿易摩擦が

一層激しくなることへの懸念から売り注文が広がり、ダウ平均株価は、

一時、700ドルを超える大幅な値下がりとなりました。

その後、いくぶん買い戻されましたが、

終値は、前の日に比べて623ドル34セント安い2万5628ドル90セントと、

ことしに入って4番目の下げ幅となりました。

また外国為替市場でもリスク回避の円買いが進み、

円相場は1ドル=105円台前半で推移しました。

市場関係者は「パウエル議長の講演内容はおおむね想定内だったが、

トランプ大統領のツイートによって、一気にリスク回避の流れが強まった。

トランプ大統領が、パウエル議長と習近平国家主席の双方への不信感をあらわにしたことも、

投資家の警戒感につながっている」と話しています。

 

※特別情報

米ドルの大幅な下落が予想され、FRBジャクソンホール会議終了後に低下する可能性。

米ドルが下落すると非常事態が宣言され、トランプは金本位制復帰を確保し、

FRBを廃止する。 金はFRBを終わらせるだろう。Q 10月にダンフォード将軍辞任で完結か。

 

 

 

【経済関連】悲観か楽観か。日本や世界の未来。政治・経済・ビジネス・不動産投資・マンション売買ティップス/不動産コンサルタント長嶋修氏YouTube動画より

  • 2019.08.09 Friday
  • 08:20

皆様おはようございます。

不動産コンサルタント長嶋修氏のYouTube動画です。

消費税10%導入後の今後の経済は立ち行かなくなる。

政治家政治屋という職業は要らない時代なる。

AIの普及により奴隷労働から開放されベーシックインカム的な社会システムへ

平成という時代は何もしなくても明日が来る淡々とした時代だったが令和は

激動の時代になる。

すべての価値観や考え方の転換をしてゆかないと生きていけない時代に。

 

 

 

 

【狂った国ニッポン】電車の運転士がペットボトルで水分補給を乗客がクレーム→結果電車運転士は熱中症脱水症状で救急搬送される!これで日本は素晴らしいとか??おかしくね?【過去記事再掲載】

  • 2019.07.29 Monday
  • 13:40

※先日7月27日のニュースで羽越本線普通列車のウテシ熱中症で交代で過去記事から再掲載致します。クレーマーだらけの狂った国ニッポンです。

【狂った国ニッポン】電車の運転士がペットボトルで水分補給を乗客がクレーム→結果電車運転士は熱中症脱水症状で救急搬送される!これで日本は素晴らしいとか??おかしくね?

  • 2017.04.28 Friday
  • 14:05

皆様こんにちは。

本日二つ目の投稿です。先日ツイッター上で消防団員が消防用車両で

うどん店に立ち寄り市民からクレームになった話題がありました。

内容は消防団の寄り合いで講義を受けて団員の中で次の職務(消防団員は本職の

傍ら団員活動を行っています)どうしても食事を摂る時間的余裕が無かったため

うどん店へ立ち寄ったとのことです。

実は2年前に遡りますが2015年このような事件が発生しています。

※J-CASTニュースより引用

2015/6/ 9 17:30

電車の運転手は「運転中に水も飲めない」、肉体的にはかなりツラい重労働ではないかと、

インターネットで話題になっている。

   連日の好天に恵まれ、2015年5月は全国的に記録的な暑さに見舞われたことから、

熱中症への心配が高まっていた。

2015年5月25日昼過ぎ、JR東海道線の幸田−相見間で、大垣発豊橋行き上り新快速列車の男性運転士(28)

が運転中に手足のしびれを感じて列車を緊急停止した。運転士は病院に搬送。命に別条はなかったが、

熱中症とみられる脱水症状を起こしていたという。

   その運転士は、乗務開始前の9時の点呼では異常はなく、豊橋‐名古屋で列車を運転。休憩をはさみ、

正午すぎに名古屋駅からこの列車に乗務した。

   じつは、同じ列車に乗務していた男性車掌(35)も体調を崩していた。この車掌は同日11時前に出勤。

 

※本文と画像は関係ありません

やはり点呼時には異常はなく、大垣駅から新快速列車に乗務。体調不良のため運転士が交代した後も乗務を続けたが、

「蒲郡駅(豊橋駅の一つ前)あたりから手足のしびれがあったようで、終点の豊橋到着後に(車掌から)話があり、

大事をとってすぐに救急車で病院に搬送しました」と、JR東海は話す。

   こうしたことから、インターネットには運転士や車掌がふだんから十分に水分補給ができない

状況にあるのではないか、と心配する声が寄せられている。

「ヘンなクレームに過敏になるからだよ。。。水分補給は当たり前でしょ」
「水分補給は生命に直結する。断りなしに何処でも摂れるようになりつつあるのに...」
「そもそもが管理しすぎでは? 安全運行のためにどうするかだろ」

と、運転士らに同情的な声が少なくない。

   またJRの元運転士だろうか、

「自分が運転士の頃は、もちろん運転中に飲むことは考えられないが、水筒と座布団が
運転士や機関士の必須アイテムだった。運転士がきちんと場をわきまえることで
運転しやすい環境をつくっていた」

と書き込んでいる。

   JR東海は、運転士と車掌が、同じように熱中症とみられる脱水症状を起こしていたことについて、

「昼に安城駅近くの踏切で、レールに挟まった買い物カートとの接触事故がありました」といい、

これが原因とみている。

   この事故で、カートを押していた人は避難して無事だったが、運転士は車外で車両の安全確認

などに追われた。また車掌はその後に、脱水症状の運転士を運転席から運び出すのを手伝ったり

、車外で救急隊員に状況説明したりしており、こうした「車外での活動が響いたのではないか」と話す。

 

JR東海は、熱中症対策として運転士に休憩中や待機中の水分補給を呼びかけていた。

ただ、乗務中に水分を補給するには、東海総合指令所の了解が必要だったり、乗務後に飲んだ時間や場所、

乗客からの苦情の有無などを業務報告書に記載して提出することを義務づけたりしていて、

運転士にとってはそれらが面倒でこまめな水分補給ができなかったようだ。

   そうした事情もあって、JR東海は規定にある報告義務を見直し、

2015年6月1日から報告を不要にした。「乗務員の体調管理を考え、

より水分補給しやすい運用に改めた」と説明している。

   では、JR東海以外はどのように対応しているのだろうか――。

JR東日本では、「水分補給についてはお客様が不快にならないように配慮すれば、

自由に摂ってかまいませんし、報告の必要もありません」という。

   私鉄では、京王電鉄が「当社ではそもそも(水分補給についての)規定がありませんから、

報告の必要もありませんし、運転中にハンドルから手を離すと運転できないようになっているので、

(運転中に)飲むこともできせん。個人の判断になりますが、健康管理、体調維持の点では

多くの運転士が折り返し地点などで水分補給するように心がけています」と話す。

   また、小田急電鉄も規定は設けていない。むしろ、「適宜こまめに水分補給してくださいと指導

しています。5月から10月は熱中症のリスクが高まりますから、カバンに飲料水を入れて

乗り込むことも認めています。もちろん運転中はダメですし、

お客様に不快感を与えないようにすることが前提です」としている。

   一方、路線バスの運転士の水分補給について、東京バス協会は、

事業者ごとに規定が異なるので一概にいえないとしたうえで、

バス会社は「終点や折り返し点などで、お客様の目の届かないところでの軽食や

水分補給はやむなしと考えているようです」と話している。

                                  転載ここまで

============================================

こちらは先日話題になったツィート・・・

っか・・・このミンス党の方失礼ですがクレーマーですか?w

それに対してこの様な反応も・・・

このほかのツィート

※あくまで私の個人的な考えです。

職務上やむ追えない状況下で水分補給や生理的な事象で業務中のこのような行動は

「職務」の前に「人道的配慮」「人間としての権利」は行使して構わないと思います。

私自身リストラをされて数ヶ月間8月の炎天下の中工事現場の警備員をした経験があります。

その時期私は500mlのペットボトルを地面の隠れた場所やベルトホルダーなどに(見えない様に)

取付して適時水分補給をしておりました。

まぁその時は植樹された植木の陰に屈んでちょびちょび水分を摂っていました。

現場監督からは「基本的には認められないが見えない場所で水分補給をしてください」

と言われました。

まぁ今から10年以上前なので今はどうか判りませんが当時は職人さんが休憩する以外は

トイレも我慢しなければならず結構辛い思いをしました。

一番辛かったのはケーブルテレビのユニックの警備です。(近隣に公園など無い)ので

最終手段はアレ(謎)です(^^;

しかし・・・この日本という国は経営者は株主とカネに右往左往して下々はトイレや水に右往左往

する貧粗な国になってしまったのでしょか?

繰り返します。あくまで個人的見解ですが日本という国は何でも気合とか我慢で済ます傾向が

ありますがいい加減線引きをちゃんとしないと人間崩壊しますよ〜ホントに・・・

日本人のココが素晴らしいとか?どこが?と言いたくなります。

皆様ひとりひとりが良く考えてみましょう。

 

【経済情報】ドイツ銀行18000人リストラとギリシャ与党右派4年振り政権復帰で7月18日前後株式市場は大崩落します。売りは今のうちに!

  • 2019.07.08 Monday
  • 15:51

本日は経済ネタです。

今朝ほど入ったニュースから

〜以下Bloomborgよ引用〜URL→https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-07/PUA4JE6VDKHS01

 

ドイツ銀、約1.8万人削減や74億ユーロ費用計上を発表

 7日の発表によると、ドイツ銀は大規模再編の費用として2022年末までに

74億ユーロの計上を想定しており、今年と来年の配当を取りやめる。

今回の事業再編で約1万8000人が削減されるという。ドイツ銀は伝統的に

強みだったフィクストインカム事業の縮小も見込んでいる。

  約740億ユーロ規模のリスク加重資産が新たな非中核部門の一角になり、

再編計画の一環として同行の資本バッファーは縮小される。

再編の財源として増資する計画はないと明らかにした。

  ドイツ銀はリテール・商業銀行部門責任者フランク・

シュトラウス氏とシルビー・マテラット最高規制責任者(CRO)の取締役2人が

今月退社することも明らかにした。投資銀行部門を率いる

ガース・リッチー氏の退職は5日に発表していた。

〜引用ここまで〜

ギリシャ総選挙、中道右派が過半数の見通し 4年半ぶり政権交代へ

[アテネ 7日 ロイター] - ギリシャ総選挙(一院制、定数300)が7日投開票され、

中道右派の野党・新民主主義党(ND)の議席が過半数を獲得し、4年半ぶりに政権が交代する見通しとなった。

 

★管理人より

一見ドイツ銀行とギリシャ??と思った方は欧州経済危機でググってください

ギリシャ与党が勝利した=ドイツ銀行が貸し出したCDSが爆発する!

リーマンショック以上の経済危機が7月18日を境にして急落します。

今から備えてください。

【経済関連再掲載】鉄道模型の将来像についての考察(あくまで個人的な考えです)【再掲載】

  • 2019.06.27 Thursday
  • 08:49

【経済関連再掲載】鉄道模型の将来像についての考察(あくまで個人的な考えです)

※この記事は2016年8月28日に投稿した記事の再掲載です。

  • 2016.08.28 Sunday
  • 13:47

私は近い将来には3Dプリンターを活用した鉄道模型の時代がくると感じています。

「そんなディテール再現や塗装もロクに出来ないでしょ?」

とっいう話は5年前・・・私が描いている鉄道模型メーカーの将来像はCADデーターの販売

が主力になり、鉄道模型メーカーばかりか、玩具業界全体も全てネット環境で自宅に

居ながら模型を手にする時代が必ず来ると考えます。

(メーカーは3Dデーターとパーツのみ販売)

現時点では3Dプリンターも価格は業務用ともなれば数百万円単位になりますが、将来には

3Dプリンター(立体物製造装置?)は進化を遂げて一般家庭に普及して自宅で鉄道模型を

手にする時代はそんなに遠くない将来に実現するのではないかと思います。

既にこの様な商売が出て来ています。(写真でいうラボの出現です)

URL⇒http://ab3d.jp/

http://ab3d.jp/3dsolution/mokei/

 

 

 

私のブログでも触れましたが今の若者たちは「ネタ」と同時に「コスパ」を重要視します。

投資した金額がマイナスになるモノには見向きもしません。

自分にとって投資した見返りがなければ一切手を出さないシビアな一面を合わせ持っています。

また、消費スタイルもこれからはメーカーが商品を押しつける時代から

消費者が選択して投資する時代になると思われます。

【経済関連】若者の消費離れと今後の鉄道模型業界の方向性について考えてみました。【再掲載】

  • 2019.06.27 Thursday
  • 08:42

※鉄道模型や模型業界が混迷している昨今を鑑み過去記事の再掲載です。

【経済関連】若者の消費離れと今後の鉄道模型業界の方向性について考えてみました。

  • 2016.11.30 Wednesday
  • 13:39

皆様こんにちは。

本日は経済学的にみた鉄道模型のお話です。

〜ダイヤモンドオンラインさんの2016年11月30日記事より引用〜

若者の消費離れを加速する深刻な4つの要因

「若者の間では堅実、節約家であることはクール、カッコいいという風潮がある」

2014年4月の消費増税から1年半以上もたったのに、なぜ、消費は低迷を続けているのか。

特に、若年層の消費が鈍い。

‖莪譴「何となく不安の時代」(阿部氏)。三菱総研では11年から「生活者市場予測システム(mif)」

をスタートさせ、毎年、3万人を対象にアンケート調査を実施している。それによれば、東日本大震災後の

11年6月調査と今年6月調査を比べると、将来の生活に不安を抱いている人の割合は、ほとんど低下

していない。中でも、20代、30代の若年層では、「とても不安」と答えた人の比率が、

全体の比率よりも高い(図参照)。

第二が「賃金の上昇が不安心理を払拭するほど力強くない」(阿部氏)こと。日本総合研究所の調査によれば、

可処分所得の伸び率が雇用者報酬の伸び率を下回っている。要は、名目の給与の増加ほどは、社会保険負担増で、

手取りが増えていないのだ。

B荵阿蓮日本企業が若年層を引き付ける商品やサービスを生み出せていないこと。この面では

スマートフォンの独り勝ちだ。スマホに消費支出が集中した結果、まずデジタルカメラ、次いでPCの販売数量が、

前年割れに陥った。

ぢ荵佑若年層の意識、ライフスタイルの変化だ。阿部氏は「低欲求と保守化」が、若年層の特徴だと指摘する。

mif調査によれば、自動車を保有していない人の比率を11年と16年で比べると、20代で29%→30%、

30代で19%→26%と上昇し、衣類のブランド志向は、20代で43%→34%、30代で35%→34%と低下している。

日本総研の下田裕介副主任研究員は「若者の間では堅実、節約家であることはクール、カッコいいという風潮がある」

と言う。現在の20代、30代は人生の過半を「失われた20年」が占めているため、こうした意識の変化が

起きている可能性がある。

※こちらも合わせてお読みください⇓

国に騙されブラック企業へ!?絶望的な若者の貧困最前線

http://diamond.jp/articles/-/106379

若い女性は風俗嬢、老人は姨捨て山…一億総貧困時代が来た

http://diamond.jp/articles/-/93197

引用ここまで

===================================================

管理人

若者の消費離れが言われて久しいです。2016年度統計をみてみると玩具・模型関連では「艦コレ」「ガルパン」

関連のミリタリーホビー関連が伸びているようです。

鉄道模型はどうか?というと2008年のリーマンショック後から下降線もしくはほぼ横ばい状態が続いています。

※市場規模マップより引用

一般社団法人 日本玩具協会2015年度市場統計より引用

管理人

現在玩具業界の中でも鉄道模型やプラモデルはほぼ前年比横ばいの状況です。

特に鉄道模型は鉄道のジャンルの中でも経費・出費ともかなりの金額が掛るためある程度の

収入が見込める年齢層・役職に偏りがちになってしまうのは仕方が無いことかと思われます。

私自身35歳くらいまでは鉄道模型への出費は抑えざるをえませんでした。

ようやく40歳を過ぎたころから本格的に車両収集など始めた次第です。

私が心配なのは今後の鉄道模型はどうなるのか?ということです。

10年後私は62歳になります。現在30歳の方が40歳になります。しかし現在の日本の雇用形態は

余りにも歪な形態になっています。

 

このグラフで15歳〜24歳の部分(在学中は除く)の部分です。

つまり本業で仕事に従事している年齢層の3割近くは非正規雇用となっています。

また25歳〜34歳でも16%という高い水準になっています。

つまり、現在40歳〜54歳までの鉄道模型での消費が最も高い年齢層がこの世代であり、

10年後は?となると大変厳しい局面に鉄道模型業界も消費者も変らざるを得ないと見れます。

 

日本の政府や日銀はインフレターゲットとかほざいていますが今や完全にデフレ経済です。

元々日本銀行は国の機関ではなく半民間銀行です。ただ日本銀行券の印刷を日本政府が許可して

いる民間銀行に過ぎません。

財務省も国民一人当たりの国の借金などというまやかしウソは辞めて国民が日本銀行の債権に

貸付けしている債務(つまり日本国民が債権者)です。

これ以上は本題から逸れますので辞めますが、今後デフレ経済で商品はインフレ状態なら当然

今後鉄道模型業界自身維持は困難になることは明白です。

 

※今後万が一消費デフレが進行した場合会社として生き残りをかけるなら

KATOは金型技術やプラ成形技術を生かして精密自動車や航空機部品など

TOMYは本業も玩具からスマートフォン向けゲームアプリ開発やキャラクター開発

他社M・G社はどうでしょう??という妄想まで出て来ます。(ここはあくまで管理人の

フィクションです)

 

まぁ・・・万が一私自身60になって鉄道模型が愉しめないのはかなり寂しい気持ちもあります。

(たぶん他の趣味に走るとは思いますが・・・)

現在、20代30代の世代が10年後には鉄道模型には見向きもせず・・・なんてコトもあるかも

知れません。

たぶんその頃には自宅で3Dプリンターで好きな鉄道模型車両を出力して運転はスマホ操作に

なっているかも知れません。(もちろんメンテナンスフリーなので使い捨て)

 

昭和世代のおっさんからしたら機械をバラして組み立てしたり、人間の手やアタマを動かして

ジオラマを作ったりが楽しい訳ですが・・・

 

まぁ・・・経済記事みて一喜一憂しても仕方ないのでたわごとはココまでにします。

【経済関連】鉄道模型業界は生き残れるのか?若者の消費行動にみる将来像とは?【再掲載】

  • 2019.06.27 Thursday
  • 08:39

※鉄道模型や模型業界が混迷している昨今を鑑み過去記事の再掲載です。

【経済関連】鉄道模型業界は生き残れるのか?若者の消費行動にみる将来像とは?

  • 2016.08.22 Monday
  • 14:53

皆様こんにちは(^^)

本日は台風直撃で暴風雨の@横浜です。お帰りは交通情報などに気を付けて

安全第一でご帰宅ください。

さて、JAM鉄道模型コンベンションも無事終了して本日は鉄道模型の将来像に

ついて考えてみたいと思います。

先日いきつけの模型店の店長さん(30代)に「最近通販も価格が下がって大変だね。」

という話題を振ってみたら来店するお客様の高齢化?(おおむね40代以上〜)しか

購買してもらえないと嘆いていました。

特にそのお店はプラモデルやエアガン・ラジコンも扱う総合模型店ですが、やはりここ

数年で消費は落ち込んでいるようです。

総合模型店でも売上が最も比率が高いのが「鉄道模型」だそうです。

特に若年層(10代〜30代)の落ち込みが激しいとのお話でした。

ましてやプラモデルも組んだことがないとかニッパーを使った事が無い世代の

お父さん(30代)が多いそうです。(泣)

鉄道模型はプラモデルの要素(車両工作やジオラマ製作など)とラジコンなどの要素

走行や運転を愉しむという総合的なホビーだと思います。

ココ近年ニッパーも握ったことがない世代が鉄道模型をどうみているのか?

ちょっと興味があったので近年の若者の消費行動でなかなか興味深い記事がありましたので

転載させて頂きます。

 

以下 東洋経済オンライン 原田 曜平 :博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー

 

「消費離れ」の20代、理由と本音はここにある

「欲しいモノ」はある!「その対象」が違うだけ

事件や出来事、流行した商品、音楽、ドラマ……。生きた時代によって、人間の経験には違いが生まれる。

人生観、金銭観、恋愛観も、時代と環境によって、大きな影響を受ける。

だとすれば、「各世代の特徴と違い」を的確に知ることで、「年が離れた人」とも会話が弾み、

相手への違和感も消える。ビジネスシーンや商品開発にも有効な武器になる。

新刊『日本初!たった1冊で誰とでもうまく付き合える世代論の教科書』は、戦後70年の6つの世代――

「団塊世代」「ポパイ・JJ世代」「新人類世代」「バブル世代」「団塊ジュニア世代」「さとり世代」――

を日本で初めて1冊にまとめて解説した本で、今、話題を呼んでいる。

新刊の発売を記念し、「世代論」の連載をスタートする。それぞれの世代の特徴とは何なのか?

「自分の世代」と「あの人の世代」との違いは? 共通点は?

今回のテーマは、「20代の『消費離れの原因』と『それでも欲しいモノ』について」。

「モノを買わなくなった」と嘆かれる最近の若者たち。消費に対して消極的な姿勢はいったいどこから

生まれてくるのか。そして、どんなモノならおカネを遣うのか。20代若者の「本音と傾向」を探ってみたい。

 

「車はいらない。お酒も飲まない。モノもそれほど欲しくない」

「海外旅行も面倒。それなら近場へ小旅行か、近所を散歩するほうがいい」

かつて若者の「三種の神器」といわれた「車、酒、海外旅行」に見向きもしない若者たちが、続々と誕生しています。

ある調査結果(『日経MJ』2007年)によると、「乗用車に興味がある」という質問に対して、

「興味がある」と回答した20代の比率は、2002年の「74.1%」から、2007年には「53.5%」へと

5年間で急減しています。上の世代には常識だった「車、酒、海外旅行=楽しい生活」という図式が

成り立たなくなっているのです。

そういう20代を指して「消費離れ」と呼ぶことも増えていますが、もちろん20代の若者も「欲しいモノ」

はあります。ただ、「おカネを遣う対象」が、上の世代とは異なっているのです。

では、いったい、どんなモノなら、若者はおカネを出してまで欲しくなるのか? そもそも、なぜ若者は

「車、酒、海外旅行」に興味がないのか。
若者たちが「消費しない原因」をおさらいしながら、その答えを探ります。

 

20代が「消費しない理由」のひとつめは、20代が過ごしてきた時代背景、すなわち

「生まれた頃からずっと不景気だった」ことがあります。

「消費しない」3つの理由

1.不景気しか知らないため「コスパ」が優先

前回も説明したように、さとり世代は、バブル崩壊後の1990年代以降の「失われた20年」に育った、

いわば「不景気しか知らない世代」です。閉塞した経済状況、斜陽化していく経済しか知らないため、

「人生は不安定なものだ」という考えが体にしみ付いている世代です。

昔、景気がよかった時代の若者たちは、アバウトな期待によって気軽に消費をしていました。

言ってみれば、おカネを払うことでどれだけ「よいこと」が手に入るかという、「足し算」の

発想で行動してきたのです。

しかし、つねに不景気な時代しか知らないさとり世代は、そうした見込みでは消費をしません。つねに

「コストパフォーマンス」(かけた費用対その効果)を冷静に考え、そこに「マイナスが生じないか」

を確認することが習慣化しています。たとえば、「ブランドの服を買っても着る回数は限られる。

それよりは同じ値段でファストファッションを複数買って着回すほうが得だし、役に立つ」と考えます。

つまり、「リスクヘッジを考え、コスパを計算する」いわば「引き算」的な発想が根本にあるのです。

それが若い世代の消費意欲をそいでいる一因と私は考えています。

 

2.生まれたときからモノが豊かで、そもそも物欲が少ない

20代は「物心がついた頃からずっと不景気だった」世代ですが、彼らが「物心がつく前」すなわち

「生まれた時代(1983〜94年)」に限って言えば、日本はバブル景気の前後になります。

社会全体としてみれば、モノが生活の中に行き渡り、豊かで不足のない時代で、彼ら彼女らは

「豊かなモノ」に囲まれて過ごしてきました。その幼少期の体験もあり、

さとり世代はそもそもモノに満たされていて、「上の世代よりも物欲が少ない」ように思われます。

さらに、彼らが「育った」時代は、経済の停滞期に陥った「デフレ期」。「デフレ」は基本的には

ネガティブな現象として語られますが、日本の企業はほかに類を見ない工夫を重ね、

「優れたデフレ商品」が続々と誕生しました。

ファストファッション、アウトレット、低価格メガネ、コンビニのPB、軽自動車、

LCC……すべてがこの時期に一気に浸透しました。価格は安くても品質はそこそこ、

つまり「安かろう、そこそこよかろう」が出そろった時代です。その中で青春期を送った若者たちは、

「カネがなくてもある程度良質なモノ」を得られることで満足してきました。

 

 

ネット上に氾濫する情報によって、未体験のことでも体験した、知ったつもりになる。そうした「既視感」も、

若者たちの消費意欲を減退させる要因になっています。

 

3.「既視感による意欲減退」+背伸びしない

たとえば「若者の車離れ」が指摘されていますが、車に乗ってみないと本当はドライブする快感や

スピード感、移動する楽しさはわからないはずです。

しかし、彼らは多くの情報に触れているので、「もう車のことは知っている」「車に大金をかける必要性を感じない」

と判断し、消費対象の選択肢から消去してしまうのです。海外旅行やグルメに対しても、こうした

「既視感による意欲減退」があると思います。

また、さとり世代は「値段が高い=価値がある」という価値観が崩壊した世代とも言えるでしょう。

高い値段に振り回されたりせず、自分にとっての価値を突き詰め、自分が満足するモノ、コトを求めてきた人たちです。

カネをかけずに充足する習慣があるので、「背伸び」をしない。こうした20代の出現は、

日本経済に与える影響としては力強さが足りないかもしれませんが、社会が成熟ステージに入った

サインとも言えるでしょう。

欲しいのは「SNSで話題にしやすい」モノ・コト

「車、酒、海外旅行」に興味がないとはいえ、20代も消費しますし、欲しいモノも当然、あります。

それは何かと言うと、「SNSで話題にしやすい」モノ・コトです。具体的に言うと、

象徴的なのは下記の3つのような消費です。

1.「おつきあい消費」

「男子会」「女子会」でのカフェの集まりや飲み会への参加。いろいろなグループと満遍なく、

ちょこちょことつながるために、回数多く細かく消費しています。

 

2.「いいね!消費」「思い出消費」

SNS上で「いいね!」をもらうために、わざわざ高尾山を登山して友達との写真をアップしたり、

みんなで思い出を作るために熱海へ小旅行したり。「モノよりコト、楽しい体験」を重視し、

そのための消費はいといません。

 

3.「ネタ消費」

「友達にウケるため」あるいは「笑いをとるため」に、人が行かないような場所へわざわざ

出掛けて写真をアップしたりする。すべての前提は、ソーシャルメディア上でのシェアと友達の反応です。

これら3つのように、SNSによって構築された人間関係を円滑にし、メンテナンスするための「SNS消費」

が圧倒的に目立つのです。

「20代に商品が売れない」「20代がおカネを使ってくれない」と嘆くだけでは何もビジネスは始まりません。

20代には20代の「事情」があり、彼ら彼女らはその価値観に基づき、おカネを遣っているわけです。

「世代論」を知れば、20代のさとり世代は「そもそも物欲が少ない」「背伸びした消費をしない」

「『安かろう、そこそこよかろう』で大満足」「おカネを遣うのは『SNSで話題にしやすい』

モノ・コト」といったヒントが見えてきます。私が「世代論は『最強のマーケティングの武器』である」

と言うのも、そのためです。

「世代論を知らずに、モノづくり、マーケティングを語ることはできない」「世代論は、『違う世代』を理解し、

うまく付き合うための『最強の武器』にもなる」

世代論を知れば知るほど、この言葉の意味がわかっていただけるはずです。

上の世代から見れば、「消費意欲がない」「背伸びしない」などとマイナスに映ってしまう消費傾向ですが、

よく考えてみれば、さとり世代は社会環境が生み出し、状況に適確に反応した消費者の姿なのです。

 

=================================================

転載ココまで

なるほど〜SNSのネタに鉄道模型か〜?まぁこれもアリでしょう私も「入線ネタ」もやりますし

「ネタ消費」こそ鉄道模型かとも思えます。

しかしココに鉄道模型が「ネタ化」した為に弊害もあります。

つまり、「買ってきた」「市場に無い商品を買った」「限定品を購入」

「ネタとして○○を走らせてみた」など・・・お手軽思考に陥ってしまっているのでは?

先ほどのニッパーを握ったことがない30代のお父さんの子供は果たしてレイアウトやジオラマに

興味を示すのか?

私はKATO が「買ったその日に走られせられます」やTOMIXのさよならシリーズや限定品などは

ネタ商法とも言えます。

しかし、その「ネタ」もいつかは飽きられまた、行き詰るのではないか?と危惧しています。

TOMIXなどでは鉄道模型の楽しみ方をカルチャースクールなどで啓蒙活動を積極的に展開して

います。

以下 トミックスワールドさんのHPより・・・

この様にメーカーもマーケティングを通して市場の活性化を図ろうと頑張っています。

今後鉄道模型という世界が世代交代した時に果たして生き残れるのか?

ふっと心配になりました。

今までの様に「ネタ」だけで買ってきましただけでSNSに投稿するのに飽きられ結局メーカー

は「ネタ」のために新製品を発表し続けるという変なサイクルが出来ています。

鉄道模型の楽しさや「模型」という2次元では味わえない世界をもっと私も含めて伝えないと

いけないかな?と思う次第です。

【社会問題】<再投稿>ネット民と現実社会の憂鬱 同調しないと村八分にされる日本病という「病」 (あくまで個人的な感想です)

  • 2019.05.30 Thursday
  • 21:25

※【この記事は登戸事件を契機に2018年6月28日投稿記事の再掲載です】

 

 

 

皆様おはようございます。

 

先日富山で凄惨な事件や東海道新幹線車内に於いても悲惨な事件が発生しております。

事件を引き起こした犯罪は絶対に許されない行為であり、極刑に資するべし事案ですが、

事件の残忍さだけが表に出てしまいがちですが、私が個人的にその事件の「背景」に

ついて思うことがりますので書いてみます。(あくまで個人的意見です)

 

 

 

匿名をいいことに「死ね」「日本語読めるか?」など現実社会ではありえない

暴力的な言葉でネチネチと攻撃してそれを咎められると逆上してああだこうだと

理屈をこねて自分の正当性を主張するさらに激しい攻撃性そんな「低能先生」の

ような他者攻撃癖のネットに溢れかえっていて決して珍しくない存在ではないか?

 

通り魔殺人は「刃物」が引き起こすのではなくそのツールを握りしめて群衆を

傷つけようと考える「人間」が引き起こすそれと同様にこの問題もまず

「人の悪いところを粗探しして優越感にひたろう」という「人間」が増えていて

彼らがその目的を達成するのに適したツールとして、ネットやSNSを用いている。

 

コンプレックスのある人は攻撃的だ。自分に自信がない人は他者をボロカスに叩けば、

多少なりとも自信を取り戻す。上から目線で人をバカにすれば「俺の方が賢い」と

優越感に浸れることができるからだ。

 

人口は急速に減少し、世界幸福度ランキングも年々下がって今や先進国中で最下位。

組織ではパワハラやセクハラが後を絶たず、若者が希望を抱けない。

こういう話を必死で否定する人も多いが、「こんなに生きづらい社会はない」

と感じる人はそれ以上に多い。

 

2016年にNHKが全国18歳以上の男女、2811人を対象におこなった意識調査のなかの

「心のゆとりを持ちにくい社会だ」(62%)、「自分のことばかり考えている人が多い」

(71%)、「いらいらすることが多い」(66%)という結果が、それを雄弁に語っている。

 

「低能先生」だけではなく、新幹線でナタを振り回した青年や、拳銃を奪った元自衛官など、

社会に適応できなかった人の犯行が増えているのは、その「病」が影響しているのではないか?

 

そういえば、「非国民」が棍棒で追いかけ回されたあの時代、岡山の山村では、

肺結核で徴兵検査に落ちた都井睦雄という若者が、猟銃とナタで30人の村人を次々と惨殺した、

いわゆる「津山30人殺し事件」が起きている。

 

「みんな」や「日本」という言葉を出せばすべてが許され、その輪を少しでも乱す者

は袋叩きにされる。

「生きづらい」「もっと人を思いやれ」と叫ぶ裏で、こうしている今も名前を隠した誰かが、

他人の粗探しをしてスッキリしている。

 

近年若者による衝動的ともとれる事件が頻発しております。

しかしながら衝動的にも見える事件にはその「背景」が存在しており、日本では「根」で

ある「背景」についてぼやかす傾向があるように思います。

秋葉原連続殺傷事件も事件は決して許されないことですがその「背景」について

多くの人々は「同調圧力」で口をつぐんでしまいます。

私世代の人間なら「我慢が足りない奴だ」「仕事は見て覚えて盗むものだ」

など先輩諸氏から叱咤されたものです。それが当たり前だった時代だった。

 

いずれの事件も社会の受け皿(上司・会社など)や社会的通念違いや社会の激変に

日本社会がついていけていないのでは?とさえ思えます。

 

平成が終わるという時代に私も含めて改めて考え直さなければならないし、また、どうしたら

良いか?真剣に考えてみる時期に来ているのではないでしょうか?

【緊急経済関連】リーマンショックを超える金融危機が迫っています!みずほ銀行6800億円のデリバティブ取引で大幅損失とソフトバンクがヤバい!ドイツ銀行も経営破綻か?世界中で金融崩壊が迫っています!

  • 2019.03.10 Sunday
  • 14:31

皆様こんにちは。

本日は現実的な金融危機についての話題です。

 

まずは⇩の動画をご覧ください

 

 

 

「次の暴落」の破壊力はケタ違い?
今後に起きるであろう相場の暴落は、中央銀行が主導で人工的に値付けをおこなってきた

相場の過剰流動性の終焉、巻き戻しとなります。2000年の「ITバブル崩壊」、

2008年の「不動産バブル崩壊」といった特定のセクターだけを起因とした

バブル崩壊とはまったく異質の、「全資本市場バブル崩壊」につながるリスクが

極めて高くなっています。恐らく我々が20世紀から経験してきた相場の暴落の中では、

もっとも破壊力のあるものに遭遇することになる点が心配されます。

 

中央銀行が自ら作り出したバブル・・・自身で制御できなかったバブルを自ら救済

するなど出来る訳がありません。中央銀行は金貸しにとって最後の砦・・・

これが崩壊するということ。

 

暴落を知らないミレニアル世代とコンピュータ取引が市場をけん引
2008年のサブプライムローンに端を発するバブル崩壊と、足元の状況で大きな違いが

あるとすれば、市場のプレーヤーが劇的に変化しているということが挙げられます。

まず、ここ10年近くまったく暴落を知らず、2008年の金融危機すら経験していない

米国のミレニアル世代は、相場が下がれば押し目とばかり買い向かい、

とにかく太く短く生きて年末にどっさりボーナスを得ることだけに集中しています。

仮に暴落が起きてもどうせ会社の金の損失に過ぎず、職を失っても暴落で

刑事処罰の対象になることはないと相当に割り切って相場に向き合っていますから、

高値警戒感といったものは一切持ち合わせておらず、

行けるところまで行こうとしている点が非常に不気味な存在といえます。

しかも、それに輪をかける存在となっているのがAIを実装したアルゴリズムによる売買です。

こちらも、人間が行う裁量取引であれば高値から買いあがる警戒感といったものが

少なからず出るはずなのに、テクニカル的にチャートに買いシグナルが出れば

猛然とトレンドフォローで買いあがるという力を持っています。

しかし、この手の機械的な売買は相場が反転して大きく下げ始めますと、

今度は下げのトレンドにもついていくことになりますから、

想像以上に相場の下落の加速に寄与することになり、

フラッシュクラッシュ的な暴落に加担するリスクが高まります。

すでに今年2月にも、同様の流動性パニック相場が米株市場で垣間見られました。

現状のマーケットで暴落が起きれば、サーキットブレーカーが発動されても、

かなり激しい下落が広範囲の資本市場で見られるという

恐ろしい場面に遭遇することになるのではないでしょうか。

 

 

【経済関連】「今だけ・カネだけ・自分だけ」で来た皆さんもうゲームは終わりです。世界経済は奈落の底まで落ちます。ご覚悟を!

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 06:37

皆様おはようございます。

今年も残り僅かですがいよいよ経済崩壊が来ました。

今まで日本株式市場の上げは殆どが官製相場で年金資金をGPIFで運用している

様に見せかけて来ましたが殆どが大企業救済資金に使われて来ました。

これは日本の本当の業績に従った株価ではなくあくまで官製相場ですがもう

誰も救うことは出来ません。残念ですが一度経済はリセットされます。

トランプ大統領はFRBを解体するつもりです。私がもう何年も前に言っていた

新金融システムへ総入れ替えになります。

これから企業崩壊⇨経済崩壊⇨生活崩壊を経て再起動しなければなりません。

まぁ私からすれば来るべき時が来ただけなので驚きもしませんが。

日経平均先物は既に916円下げです⇩

★本日は日中日経平均は1000円以上下げるとみています。つまり「平成トランプショック」が来ます。

★原油価格はサウジがUSドル取引を辞めたので今後相場は下がる見込みです。

★金価格は爆上げになると思われます。(逃避資金の流入)⇩

★トランプ大統領はFRBを信用せず。FRB解体に追い込む予定です⇩

★トランプ大統領は虚構で築き上げた金融システムリセットへ動いています⇩

 

遅かれ早かれ今まで虚構の相場で株価を上げて来ましたがいよいよ救済手段は尽きました。

今後は落ちるところまで落ちます。これからは本当の実態経済に準拠した企業のみが生き残ります。

銀行システムは一度リセットとなりますのでシャットダウンされます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

日本ブログ村鉄道模型カテゴリーランキング

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

鉄道コム

鉄道コム
アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【ジオコレレイアウト製作記】<Nゲージレイアウトの夜景演出製作プロジェクト>新レイアウトにわき役黒ちゃんNゲージ交通信号機LED光るだけシンプルLED電飾シリーズ (赤)設置工事を施行しました【デニーズ前交差点編】ヽ(=´▽`=)ノ
    くさたん (09/18)
  • 【ジオコレレイアウト製作記】<Nゲージレイアウトの夜景演出製作プロジェクト>新レイアウトにわき役黒ちゃんNゲージ交通信号機LED光るだけシンプルLED電飾シリーズ (赤)設置工事を施行しました【デニーズ前交差点編】ヽ(=´▽`=)ノ
    がおう☆ (09/18)
  • 【Nゲージ鉄道模型】TOMIX EF81北斗星色ディテールアップ加工完成しました!ヽ(=´▽`=)ノ
    くさたん (09/14)
  • 【Nゲージ鉄道模型】TOMIX EF81北斗星色ディテールアップ加工完成しました!ヽ(=´▽`=)ノ
    東濃鉄道 (09/14)
  • 【航空機事業部】ディアゴスティーニJAL旅客機コレクション 創刊号BOEING 787-9(1/400ダイキャストモデル)を導入しましたヽ(=´▽`=)ノ
    くさたん (09/11)
  • 【航空機事業部】ディアゴスティーニJAL旅客機コレクション 創刊号BOEING 787-9(1/400ダイキャストモデル)を導入しましたヽ(=´▽`=)ノ
    大佐 (09/11)
  • 【航空機事業部】ディアゴスティーニJAL旅客機コレクション 創刊号BOEING 787-9(1/400ダイキャストモデル)を導入しましたヽ(=´▽`=)ノ
    くさたん (09/11)
  • 【航空機事業部】ディアゴスティーニJAL旅客機コレクション 創刊号BOEING 787-9(1/400ダイキャストモデル)を導入しましたヽ(=´▽`=)ノ
    東濃鉄道 (09/10)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2020年1月新製品製品化発表!EF80ひさし付1次形と24系寝台特急ゆうづる発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    くさたん (09/07)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品情報】KATO 2020年1月新製品製品化発表!EF80ひさし付1次形と24系寝台特急ゆうづる発売告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【ポスター画像あり】
    くさたん (09/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM