【JR西日本】JR西日本が新たな個室グリー車やフルフラットシートを備えた長距離列車を2020年夏ごろ運行開始予定!

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 19:32

皆様こんばんは(^^)

梅雨の晴れ間で明日からは暫く梅雨空になるそうです(泣)そんな中

ちょっと嬉しくなるニュースが飛び込んで来ました!

JR西日本は2020年夏までに現行の117系を改造したうえで新しいコパーメント席や

フルフラットシートを採用された普通車更に完全個室を備えたグリーン車他に

食事や雑談が出来るフリースペースを備えた列車を運行する旨の発表がありました。

気になる料金ですが一例として大阪〜出雲の場合一泊二日の工程で数千円〜二万円台

を想定しているとのこと。

新コンセプトの夜行列車は成功するのか?種車となるJR西日本117系(2011年岡山にて管理人撮影)

=====================================

管理人より

いゃあ〜どんな形であれ夜行列車を運行してくれるJR西日本に感謝です。

今や夜行列車は285系で運転されている寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」

と臨時の快速ムーンライト「ながら」などとなっており、今回のタイプは

価格はリーズナブルながら夜行高速バスより快適性も重視するという新しい

コンセプトに基づく列車で是非応援したいと思います。

ただ・・・気がかりなのは117系改造車ということであくまでアンテナ的

存在になりそうです。この列車の乗車率などが低下すれば本格的な導入は

見送られてしまうも知れません。また、車両も車歴40年の車両ですから幾ら

改装工事を施行しても運行期間は限られてくると思われます。

ただ私個人の意見として夜行高速バスや自家用車などと一線を画す企画は

大変良い施策だと思います。

JR東日本の幹部も少しJR西日本を見習ってアタマを柔らかくしてから出直して

ください(笑)f^^;

 

【西武鉄道】新型特急電車の基本デザイン決定!2019年度以降からJR東日本vs関東私鉄連合が神奈川民争奪戦争勃発か?

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 19:23

皆様こんばんは(^^)

本日はホントは新レイアウト工事予定でしたが急な野暮用が出来てしまい

明日以降の工事となります。記事を楽しみにされていた皆様には心より

お詫び申し上げますm(_ _)m

さてさて・・・夕方ようやく自宅へ戻りスマホを覗いていると・・・

「西武鉄道新型特急基本デザイン決定!」との記事が・・・

西武鉄道ニュースリリースより引用

URL→https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20170613_shingatatokkyuu_2.pdf

 

 

西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林 久)では、2018年度末に運行開始を予定している

新 型特急車両の開発において、「いままでに見たことのない新しい車両」を実現するべく、

世界で活躍する建築 家・妹島和世氏監修のもと、当社内で選抜されたプロジェクトチームメンバー

を中心として取り組んでおりま すが、この度新型特急車両の基本デザインが決定しましたので、

お知らせします。 新型特急車両は3つのデザインコンセプトをもとに、国内初となる先頭車前面ガラスや

大きな窓など、外観・ 内観ともに「いままでに見たことのない新しい車両」を目指しました。

さらに、基本デザインを監修する妹島 氏とともに、車内のテキスタイル(布地)はデザイナーの

安東陽子氏、照明デザインは照明家の豊久将三氏が タッグを組み、新型特急車両を彩ります。

西武鉄道の未来を担う新たなフラッグシップトレインとして、引き続き開発に取り組んでまいります。

〜デザインコンセプト〜

(1) 都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急

(2) みんながくつろげるリビングのような特急

(3) 新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急

1.エクステリアデザイン ・前面ガラス 国内初となる大きな三次元の曲面ガラスを採用し、

やわらかな印象の先頭デザインとしました。先頭のやわら かな曲面が全体の編成へと自然に

連続するように緩いカーブのある車体断面としました。 ・車体カラー 都市や自然の中で

やわらかく風景に溶け込むデザインを実現するため、アルミ素材の車体に塗装仕様としてい ます。

その色合いにもひと工夫し「あたらしい風景」を作り出せる特色のあるカラーデザインとしました。

・客室窓 お客さま一人ひとりがくつろげるリビングのような空間とするため、等間隔で連続

していく窓配置としました。 その大きさにもこだわり、心地よい居住空間を目指しました。

2.インテリアデザイン ・客室 大きな窓のある明るい白い壁のシンプルな室内に、

あたたかな黄色配色を基調とした座席シートが並びます。 シート・床面の絨毯・

カーテンのテキスタイルは、統一感のあるデザインを心掛けました。また、

シートは今 までの特急にはない身体をやさしくつつみ込むソファーのようなデザインとし、

ご利用頂くお客さまそれぞれ が自分の時間を持てる新しいパブリックスペースを目指しました。

・照明 シンプルなボールト(曲面)天井からの間接照明により、やわらかな光あふれる

照明デザインとしました。ま た、荷棚にも補助灯を付加し、読書などにも適した照度を確保します。

・エントランス お客さまを最初にお迎えする各エントランスにも、あたたかみのある黄色配色を基調とし、

ご乗車の際に落ち 着きと安心感を与えるデザインとしました。また、一部の壁には曲面デザインを採用し、

壁面に寄り掛かれる 余裕のある空間としました。 

・サニタリ 各トイレには清潔で安心感のある黄色配色を基調とし、空間スペースも最大限確保できるよう

配慮しました。 また、トイレを配置する号車は、お客さまの動線を考慮し1号車・5号車としました。

なお、1号車には多目的 トイレと男性用トイレと洗面所を配置。5号車には当社初となる

女性専用トイレを配置し、同車両にはパウダ ールームと共用トイレと男性用トイレも配置します。

・車内設備 すべての車両で「SEIBU FREE Wi-Fi」をご利用いただけ、また、各座席には

「電源コンセント」を搭載し、ご 旅行や行楽時、ビジネスなどにも活用いただけます。

なお、5号車には「AED」を装備します。 さらに車内LCD画面表示器や車内設備案内板には、

英文表示に対応し、インバウンドのお客さまにも快適にご 利用いただけます。

 3.その他 (1)導入両数 56両(8両×7編成) (2)運行開始 2018年度末頃を予定

※具体的な運行開始日・運行経路についてはあらためてお知らせします。

引用ここまで〜

今回西武鉄道から発表になった新型特急電車ですが、地下鉄対応車両だそうです。

(鉄道コム解説より)

★いよいよ2019年度以降JR東日本vs関東私鉄連合による神奈川民乗客争奪戦争か?

今日本国内では少子高齢化と運転免許取得率の大幅な低下と共に自家用自動車の販売不振

更に公共交通機関の運転士不足など複合的に問題を抱え始めています。

先日の東名高速事故のバス運転士は68歳のベテラン運転士でした。

特に関東圏でも首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)は路線バスの運転士の慢性的な人手不足に

なっています。このままでいけば日帰りバスツアーもいずれ継続困難になるかも知れません。

デフレが慢性化して旅行など公共交通によるツアーの人気は「安・近・短」がここ数年顕著に

なっています。

そこで関東鉄道各社は近距離の観光路線に注目しています。

今回の西武鉄道新型特急電車は将来を見据えた投資と言えるかと思います。

この他東武鉄道は100系スペーシアの後継車両の導入を予定しています。昨年デビューした

500系リバティーはたぶん200系特急「りょうもう」の置き換えと鬼怒川線の快速を置き換え

両方を狙ったものと思われます。

ここまでは現時点である程度プレス発表などで判明している内容ですが、ここから先は

あくまで管理人の「妄想」です(笑)

今回の西武新型特急が地下鉄対応なら?そうですね!現在運行中の西武40000系S−TRAIN

がありますが、そのまま特急電車に置き換えれば収益も増加するし、西武鉄道がなかなか

テコ入れ出来なかった「観光特急」という位置付けを確立するチャンスでもあります。

現在S-TRAINはみなとみらい線元町・中華街から東急東横線経由ですが数年後このような計画が

あります。

★神奈川東部方面線 相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線の2路線が現在建設中です。

URL→http://www.chokutsusen.jp/

つまり東部方面線相鉄・東急直通線が完成予定が2022年度予定です。

西武特急新型車両を使い相鉄線の海老名〜新横浜〜東横線〜西武池袋線と神奈川県県央地域から

秩父観光列車の運転も夢ではないのでは?

そうなると東急田園都市線の中央林間〜地下鉄半蔵門線〜東武スカイツリーライン〜

東武日光線・鬼怒川線なんて妄想も膨らみます(^^;

元々神奈川県の厚木市や海老名市は小田急線がありますがロマンスカーは新宿始発で都内へは

観光よりも買物へ行く時かビジネス需要しか利用できませんでした。

今後はJR東日本と関東私鉄連合による観光やビジネス客の争奪戦争が勃発??するのでは?

ないかと思います。

小田急もMSEによるメトロはこね号などありますがどういう動きを見せるか今後に注目したい

です。(EXEのリニューアルなど観光より新宿方面ビジネス狙いか?)

ここまでされてJR東日本も黙っていないでしょう(笑)・・・

私の妄想(笑)では現在房総方面で活躍するE257系500番台(総武快速線地下乗り入れ対応)

を使い一気に相鉄海老名〜西谷〜東部方面線羽沢駅〜横須賀線〜山手貨物線〜宇都宮線経由

〜東武日光線・鬼怒川線へ・・・なんてコトもあり得るのではないでしょうか?
(小田急との対抗も考慮して新宿経由になると思います)
まぁ・・・現段階では色々妄想しているだけですが数年後神奈川民乗客争奪戦が激化しそうです。

 

 

 

 

 

 

【JR東日本】185系特急電車引退数年以内に中央線で運用中のE257系へ置き換え方針を固めたと報道〜(共同通信より)〜いよいよ185系も模型で懐かしむ時代になりそうです〜

  • 2017.04.08 Saturday
  • 16:40

皆様こんにちは(^^)

本日はちょっとキニなるニュースが入って来ました。

 

 

 


4/8共同通信 14時56分配信より引用〜
JR東日本が、旧国鉄時代に製造した車両185系を、東京と静岡県の伊豆半島を結ぶ

急「踊り子」から数年以内に退役させる方針を固めたことが8日、分かった。

老朽化したため。185系の退役でJR東が定期運用する特急列車から国鉄時代に

造った車両が消え、1日に30周年を迎えたJRの発足後に登場した車両に統一される。
 踊り子は伊豆半島にある人気観光地の伊豆急下田、修善寺までそれぞれ走っており、

両の置きかえで旅行者の利用促進を狙う。後継車両には、

中央線の主に新宿(東京)―松本(長野県)間を走る特急「あずさ」や

新宿―甲府間などの「かいじ」に使っているE257系を転用。

いよいよ185系も模型で懐かしむ時代になりそうです。

(画像は当鉄道所属のKATO185系0番台特急「踊り子」号です。)

今後数年以内にはこちらのE257系0番台になるそうです。

(画像は当鉄道所属のKATOE257系0番台です)

 

185系というとやはり@横浜市民としては数年とは言えやはり引退は寂しいものです。

特に私の地元路線横浜線には土日には185系で特急「はまかいじ」号が運転されています。

地元横浜線を走る185系200番台(B3〜B5編成)特急「はまかいじ」号も

引退になると思われます。

長年親しんだ列車だけあってE257系になっても残して欲しい列車です。

(画像は当鉄道所属のMA185系200番台特急「はまかいじ」号です。)

ただ現在運転されている185系は京浜東北線のD-ATC対応なので運転可能となっていますが

置き換え予定のE257系が設備投資等の理由により更新されなかった場合最悪は廃止も

考えなければなりません。

 

今後の詳細な続報を待つしかありませんが管理人もキニなるニュースの話題でした〜

【写真特集】祝!JR発足30周年おめでとうございます! 写真で振り返るJRへ継承された国鉄形車両達を振り返る

  • 2017.04.01 Saturday
  • 11:02

皆様おはようございます(^^)

1987年(昭和62年)4月1日に日本国有鉄道からJR7社に引き継がれて

本日で30周年を迎えました。

私は当時22歳いやぁ〜何とも月日が経つのは早いですね〜(^^;

私の人生の中でも国鉄時代よりJR時代の方が長くなってしまいました。

本日は過去の実車画像でJR黎明期の国鉄形車両達を振り返ってみたいと思います。

国鉄→JRに営業は引き継がれましたが当時は累積赤字が膨大になっており

多くの車両は国鉄形車両を継承しておりました。

 

 

シンカンセンと言えばやはりこの0系ですね!

1964年(昭和39年)東海道新幹線開業から2008年まで現役で姿を見ることが出来ました。

私世代50代くらいはシンカンセンというとやはりこのお顔を思い出します(^^;

2008年10月 広島駅にて

国鉄末期の1985年(昭和60年)に登場した100系新幹線

JR化後もバブル景気と共にグランドひかりなどで活躍しました。独特のシャープな先頭形状は

新幹線の新しい時代を予感させてくれました。

2011年 岡山駅にて

東北・上越新幹線が開業したのが1982年(昭和57年)です。この200系新幹線は

0系譲りの先頭車にスノープラウが付いたやや面長の団子鼻は当時話題になりました。

2004年7月 東京駅にて

国鉄時代全国の幹線を走りぬけた485系特急型電車はJR化後も塗装変更やリニューアル

などを経て活躍しました。

1994年 日暮里駅にて

昼夜兼用の特急型電車として登場した583系電車は運用効率も良くJR化後も

夜行寝台や臨時列車などで活躍しました。

2016年11月 尾久車両センターにて

中央本線信越線や房総地区で活躍した183/189系電車現在も豊田車両センターに

所属する3編成が活躍しています。

2013年6月 上野原駅にて

近郊型の標準形式として長年親しまれた113系電車JR化後も東京圏や西日本で

活躍しています。

1998年 新子安駅にて

国鉄時代205系と共に近郊型の新しい標準型として登場した211系

1998年 新子安駅にて

直流区間の山岳区間用として開発された115系電車現在も高崎地区や広島地区などで

最後の活躍をしています。

1999年 上野駅にて

交直区間用近郊型の415系電車 首都圏では常磐線を中心に活躍しました。

1994年 日暮里駅にて

西日本地区で快速用として誕生した117系電車クロスシートを生かして

現在も活躍を続けています。

2011年10月 岡山駅にて

国鉄時代ローカル線の近代化に貢献したキハ40/47/48系です。

首都圏でも3月のダイヤ改正前まで烏山線で活躍する姿が見られました。

2011年10月 岡山駅にて

通勤型車両の近代化と省エネをコンセプトに1979年(昭和54年)に登場した

201系電車です。

1994年 東京駅にて

1985年(昭和60年)山手線に於いて103系を置き換えた205系電車です。

ステンレスボディの軽量化された車体と使い勝手の良さから長年活躍しています。

1998年 横浜線 小机駅にて

国鉄時代最大の車両数を誇った103系電車。

西日本地区では更新車の姿を見ることが出来ます。

1994年 日暮里駅にて

国鉄時代山岳路線などの急行用電車として登場した165系電車もJR化後塗装変更や改造車など

さまざまな活躍をしました。

1998年 新子安駅にて

東京駅でのブルートレインを牽引してきたEF66国鉄形とJR形E2系新幹線の並び

・・・E2系も早くも引退となりこの写真も過去のモノに・・・

国鉄時代から引き継がれたブルートレイン 2015年の北斗星引退を最期にその歴史を閉じました。

1994年 東京駅にて

東海道筋のブルートレインはJR化後も多く残りました。

1998年 新子安駅にて

東北・上越・信越方面へのブルートレインで賑わう尾久客車区

1998年 

国鉄形電機も数多くJR貨物などへ継承されました。

1998年 新鶴見信号所にて

EF81形電機機関車はJR化後もブルートレインの牽引から貨物までこなし現在でも

現役で活躍しています

2013年10月 黒磯駅にて

直流区間山岳線用として登場したEF64形も今では愛知にいる罐だけとなり

今後の去就が気になります。

2004年 新川崎駅にて

本日はJRグループ発足30周年記念企画としてJRへ継承された国鉄形車両を見て来ました。

今後国鉄形車両はJR形車両へどんどん置き換えされていくと思いますが今後の

鉄道車両の変遷を暖かく見守りたいと思います。

【新型車両情報】東急電鉄 田園都市線に新型車両2020系を2018年春より3編成導入発表!

  • 2017.03.17 Friday
  • 20:33

皆様こんばんは(^^)

本日は鉄道実車ネタになります。地元横浜でお世話になっている東急電鉄田園都市線に

2020系新型通勤車両を2018年より30両(3編成)導入する旨公式HPにて発表されました。

地元民としては突然の発表で驚きと嬉しい限りです。

私も田園都市線は年に何度か利用しています。(殆ど都内へは東横線です)

現在の5000系以来の新型車両導入は興味が湧きます。

以下 東急電鉄HPプレスリリースより引用〜

 

 

当社は2018年春、田園都市線に新型車両「2020系」(以下、本車両)を導入します。

本車両 は、2020年の東京オリンピック、さらに2022年の当社創業100周年に向けて、

田園都市線に より親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすることを目的に命名し、

導入するもの です。2018年春に30両(10両×3編成)、以降も順次導入を予定しています。 

 

 

 

 

新型車両「2020系」の概要 ■導入時期 2018年春 ■導入車両数 30両(10両×3編成)

(以降、順次導入予定) ■新型車両コンセプト 当社は多摩田園都市をはじめとした「街づくり」

を起源とし、沿線のお客さまへ「美しい生活環境」 を提供することを目指してきました。

今般、製作する新型車両は、ご利用されるお客さまのさらなる 安全性と快適性を追求します。

また、「沿線の街や駅との調和」や「美しい生活環境」といったキー ワードを大切にしながら、

沿線のお客さまに親しみをもっていただくとともに、これまでにない新し さを感じて

いただけるような外観、車内空間としました。 ■主な特徴 _適性の向上 ・

当社初となる空気清浄機「ナノイー(※1)」の設置と、冷房および暖房機能の向上により、

車 内環境を改善 ・座席はハイバック仕様を採用し、座り心地を改善 ・ドア上や座席上等に

液晶ディスプレイを配置し、多言語案内の充実化を図るとともに、ニュース や天気予報など

充実した情報サービスを提供(1両あたり36台(※2)) ・荷棚の高さを低い位置へ変更し、

荷物の積み下ろしをしやすい形状に変更 ・フリースペースを全車両に設置し、

車椅子やベビーカーをご利用のお客さまに配慮 環境性の向上 ・

低騒音型の主電動機や駆動装置を採用し、沿線環境および車内空間の騒音を低減(

旧型車両(※ 3)の車外騒音と比較して約10dB) ・次世代半導体素子を用いた

制御装置による主電動機の高効率駆動や、車内の全照明と前照灯・ 尾灯へのLED灯の採用

により、使用電力を削減(旧型車両(※3)と比較して約50%) 0汰汗の向上 ・

機器の状態監視が常時可能な大容量情報管理装置の採用により、車両故障の未然防止を図り、

運 行のさらなる安定化を実現 ・踏面ブレーキとディスクブレーキの併用によるブレーキ性能の向上 ・

車内防犯カメラ設置により、車内犯罪行為を未然に防止 ※イベント企画、営業開始日、

車両の製作状況などについては、順次、お知らせします。 ※1 「ナノイー」は

パナソニック株式会社の商標登録です ※2 中間車両を基準としています

※3 8500系と比較しています

車内には、空気清浄機を当社として初めて設置し、座席はハイバック仕様を採用することによって

車内 の快適性向上を図ります。また、デジタルサイネージをドア上と連結部、さらに座席上には

3連で配置し、 多言語案内の充実化を図るとともに、ニュースや天気予報など充実した情報

サービスを提供します。安全 面では、車両機器を常に監視できる大容量情報管理装置を採用することで、

車両故障の未然防止を図り、 運行のさらなる安定化を実現するほか、防犯カメラを設置し、

車内のセキュリティを向上させます。さら に環境面では、騒音や使用電力を低減することで、

沿線環境に優しい車両を目指します。 本車両は、当社が展開する沿線の商業施設などの

デザインを手掛ける株式会社丹青社がデザインを監修 し、沿線の駅や街との親和性を高めます。

沿線のお客さまに親しみと、これまでにない新しさを感じてい ただくことを目指し、

エクステリアは、コンセプトカラー「INCUBATION WHITE」(

美し い時代へ孵化していく色)を使用し、車両の先頭形状はまるみを帯びたやわからみのある顔を

イメージし ています。さらに、インテリアは、沿線の風景をイメージした座席や照明も含めた

室内全体のカラーコー ディネートにこだわり、親しみやすさと心地良さを感じていただけるような

デザインとしました。 田園都市線は、1966年4月の溝の口〜長津田間が開通し、

本年度で開業50周年を迎えました。開 通以来、1979年に地下鉄半蔵門線との

相互直通運転開始、2003年の東武伊勢崎線、日光線との相 互直通運転開始など

鉄道ネットワークの拡充により、利便性の向上を図ってきました。

当社は、今後もいつでもどこでも安全で安心・快適な移動ができる

「いい電車」を実現し、魅力ある沿 線を目指します。

 

 

 

 

 

個人的には良い試みだと思います。

田園都市線の特に朝・夕の通勤ラッシュは慢性化しており、新型車両導入で少しでも

沿線イメージの向上を狙いたい東急電鉄側の意向もあったと思います。

田園都市線は一番混雑区間が地下区間で団子運転が問題であり、また、渋谷駅は

1面2線というメトロ仕様なので遅延が慢性的になっています。

東急電鉄としては大井町線の鷺沼延伸運転や東横線への振替という手段をとって

いますが根本的には解決に至っていません。

少子高齢化から混雑率は減少すると思われますが依然沿線は高い人気があり、

すぐには混雑緩和には繋がらないと思われます。

空気清浄機付き空調や新型シートの採用などで通勤時の評価を上げる試みだと

思います。

桜の咲くころ新型車両に乗車してみたいですね〜(^−^)

 

本日はココまで〜

では〜                またまた〜         (^^)v

 

 

 

【2017年3月4日JRグループダイヤ改正】烏山線キハ40系気動車引退に寄せて私とキハ40の想い出

  • 2017.03.03 Friday
  • 08:11

皆様おはようございます(^^)

本日は3月3日ひな祭りですね〜卒業シーズン真っ盛りの界隈ですが鉄道界隈でも

色々な動きがあります。明日3月4日から2017年JRグループダイヤ改正に伴い

今年も引退するJRの車両達が数多くいます。

特にJR東日本管内では新潟地区の485系3000番台上沼垂色や関東近郊区間で唯一

国鉄形の気動車を運行していた烏山線からキハ40が引退などがあります。

本日は私の出身地栃木県宇都宮市と関わりにある烏山線のキハ40引退の話題について

想い出を綴りたいと思います。

キハ40との出会いは私が中学3年生の頃1979年(昭和54年)に国鉄烏山線に

それまで使われてきたキハ11.キハ10系に代わり当時最新型のディーゼル気動車

キハ40系2000番台が投入されることになりました。

当時は最新型気動車の投入とあって地元の新聞でも取り上げられて話題になりました。

宇都宮運転所には10両のキハ40系が投入されその後多くの形式に発展して全国区の

ディーゼルカーに発展します。

私自身は地元宇都宮始発の線区でありながら実は乗車したのは高校時代に数回のみでした。

既に高校へ進学すると直ぐに原付免許を取得して殆どバイクで移動することが多かった

私は烏山線のキハ40に乗車するよりも撮り鉄でバイクで移動して主に沿線での撮影対象という感じ

でした。

それでもアノ気動車のサウンドが聞きたくて何度なく”乗り鉄”した想い出があります(^^;

今更ですがもっと乗っておけば良かったな・・・

宇都宮〜宝積寺間は当時の幹線であった東北本線の架線がある区間をほかの列車のダイヤに影響が

ないように全速で走る姿が意外にもカワイイ存在に思えました(^−^)

 

2004年(平成16年)7月 宇都宮駅で出発前にホームでアイドリング待機する

烏山線キハ40-1000 管理人撮影

 

結局この帰省した時に撮影した時が最期となりました。

本日をもって烏山線からキハ40が38年目で引退となりますが「頑張ったね!ありがとう!」と

静かに見送ってあげたいと思います(^−^)/

 

 

 

 

 

【新型車両情報】東武鉄道新型特急電車500系の愛称は「リバティ」に決定!運行形態も発表(東武鉄道ニュースリリースより引用)

  • 2016.10.27 Thursday
  • 19:19

皆様こんばんは(^^)

<秋の東武鉄道祭り!>本日は実車ネタです。東武鉄道の新型特急形電車500系の愛称と運行形態が

本日報道発表になりました。

 

以下 東武鉄道ニュースリリースより引用

 

東武鉄道(本社:東京都墨田区)では、2017年春に予定している東武本線のダイヤ改正に合わせ
て導入予定の新型特急車両「500系」の車両愛称名を「Revaty(リバティ)」に決定しました。
新型特急車両「500系」は、「さまざまな運行形態で運用可能な速達性と快適性を持った特急列車」
をコンセプトに開発された、当社では26年ぶりの新型特急車両です。車両愛称名「Revaty」と
は、 孱孱瓧鬘蕋紕遙」(併結・分割機能を活かした多線区での運行)、◆孱味蕋癸紕鬘遙」(当
社路線を縦横無尽に運行する自由度の高さ)から生まれた造語で、多様な運行形態により様々なお客さ
まのニーズにお応えすることを表すとともに、この愛称名を通して、お客さまに長く愛され親しまれる
特急車両になってほしいという思いが込められています。
ロゴマークは、車両の色と調和する様々な色の三角形を複数組み合わせ、頭文字の「R」をイメージ
することで、3両固定編成を併結・分割し、広域な路線をシームレスに運転する多様さを表現しました。
「Revaty」の運転区間は、東武本線の起点駅である浅草から、途中駅で列車を分割しながら、
東武日光や鬼怒川温泉、相互直通運転をしている会津鉄道の会津田島(野岩鉄道経由)のほか、伊勢崎
線の館林、さらに通勤時間帯には東武スカイツリーライン 浅草〜春日部間および、浅草から東武アー
バンパークライン 大宮方面、清水公園・野田市方面への直通や、大宮発運河行きなどの列車も設定し
ます。当社の広域な路線を自由自在に運転し、観光から通勤・通学まで、さまざまな目的に合わせて幅
広くご利用いただけます。
当社では、「Revaty」導入により新たな運行形態を構築し、今まで以上に特急列車の利便性・
快適性の向上を図ってまいります。
「Revaty」の概要は、別紙のとおりです。

以 上

 

 

 

1 車両愛称名について
(1)車両愛称名 「Revaty(リバティ)」
(2)コンセプト
2 ロゴマークについて
◆「Revaty」の頭文字である「R」を、様々な色の三角形を複数組み合わせることによってデ
ザインしました。三角形は、3両固定編成を併結・分割し、広域な路線をシームレスに運転する多
様さを表現しています。
◆それぞれの三角形には、車両のエクステリア色と調和する色を採用し、ロゴマークに立体感を演出
しています。
「500系」車両の最大の特徴である併結・分割機能を活かし、多線区で様々な運行を行う
「多様性」を表現するとともに、響きが良く覚えやすい短い言葉にすることで、末永く愛され
続ける愛称名としました。
【キーワード】
「Variety」:多様、さまざまな
→併結・分割機能を活かした多線区での運行
→文字の並び順を変えると r〔i〕e・va・ty
「Liberty」:自由
→当社の路線を縦横無尽に走り回る自由度の高さ

 

運転概要について
(1)運転開始時期
2017年 春(予定)

 

 

(2)運転区間および特急列車愛称名
運転区間 特急列車愛称名
東武スカイツリーライン 浅草 〜 日光線 東武日光 特急リバティけごん
東武スカイツリーライン 浅草 〜 鬼怒川線 新藤原(鬼怒川温泉方面) 特急リバティきぬ
東武スカイツリーライン 浅草 〜 会津鉄道 会津線 会津田島
※当社の鬼怒川線から相互直通運転を実施している野岩鉄道を経由し、
会津鉄道まで運転します。
特急リバティ会津
東武スカイツリーライン 浅草 〜 伊勢崎線 館林 特急リバティりょうもう
東武スカイツリーライン 浅草 〜 春日部
特急スカイツリーライナー
※一部、100系(スペーシア)車両
東武スカイツリーライン 浅草 〜 東武アーバンパークライン 大宮/野田市
特急アーバンパークライナー
東武アーバンパークライン 大宮 〜 運河

 

 

(3)運転区間別列車運転パターン
【中・長距離区間特急】
特急リバティけごん・特急リバティきぬ・特急リバティ会津
下今市にて列車を併結・分割し、浅草〜下今市間を6両編成、下今市〜東武日光間/下今市〜
新藤原間/下今市〜会津田島間をそれぞれ3両編成で運転します。
(特急リバティけごんの一部列車は、浅草〜下今市間においても3両編成で運転)

 

 

 

特急リバティけごん・特急リバティりょうもう
東武動物公園にて列車を分割し、浅草〜東武動物公園間を6両編成、東武動物公園〜館林間/
東武動物公園〜東武日光間をそれぞれ3両編成で運転します。

 

 

 

 

【近距離区間特急】
通勤時間帯における着席ニーズにお応えするため、東武スカイツリーライン 浅草〜春日部間お
よび、浅草から東武アーバンパークライン 大宮方面、清水公園・野田市方面への直通や、大宮発
運河行きなどの列車を運転します。都心と首都圏有数のベッドタウンが広がる埼玉県・千葉県を通
勤するお客さまに、より速く・快適にご利用いただける特急列車を設定します。
特急スカイツリーライナー
浅草〜春日部間を6両編成で運転します。(一部、100系(スペーシア)車両)
特急アーバンパークライナー
春日部にて列車を分割し、浅草〜春日部間を6両編成、春日部〜大宮間/春日部〜野田市間を
それぞれ3両編成で運転するほか、大宮〜運河間を3両編成で運転します。
(一部列車は、春日部〜大宮間を6両編成で運転)

 

 

以上

 

 

今回発表されました愛称名「リバティ」ですが、私が新卒のボーナスで初めて購入した

システムコンポの愛称もリバティでした(^^;(懐かし〜ぃ)

さてさて今回の新型特急形電車500系の運行形態が本日発表になった訳ですが、

まさかの東武アーバンパークラインに特急が新設されたことです。

しかも、春日部から分割して大宮方面と野田市・運河駅まで有料着席サービスとなる特急になります。

このほかにも日光線系統の「けごん」と伊勢崎線系統の「りょうもう」の併結運転など

結構フレキシブルな運用が期待できます。

2017年春から運転開始とのことで、来年は鬼怒川線でのSL運転も控え益々目が離せない東武鉄道です。

 

 

 

 

【新型車両情報】京急の主力車両 新1000形 (ステンレス車) がマイナーチェンジして登場!

  • 2016.10.11 Tuesday
  • 19:51

皆様こんばんは(^^)

本日は地元を走る京急の実車ネタです。

京急プレスリリース10月11日付けにて新1000形(ステンレス車)の増備車両が発表になりました。

プレスリリースによると車端付近にボックスシートを新たに増設するうえにスマホ時代に適した電源コンセント

装備という内容です。

6両固定編成は銀1000と共に800形を置き換えで8両固定の方は2000形?

置き替え用になると思われます。

今後は早めに800形と2000形の記録を残して置かないと・・・(汗)f^^;

今回はSAS車ですが1800番台同様に京急バーミリオン塗装で登場は嬉しいニュースです。

気になる番台区分はどうなるのでしょう・・・連番か?新番台区分になるのか?気になりますね〜

今後着席座席サービスや電源コンセント・Wi-Fi設備が標準装備になる時代になりそうです。

1800番台に続き京急にまた新たな顔の登場が待ち遠しいです(^^)v

 

京急プレスリリースURL⇒http://www.keikyu.co.jp/company/news/2016/20161011HP_16125NN.html

 

 

 

本日は地元横浜を疾走する赤い彗星??京急ネタをお送り致しました。

 

本日はココまで〜

では〜                  またまた〜        (^^)v

 

【惜別】高崎支社の115系.107系が211系に置き換え。昨年高崎訪問の画像から振り返ってみました。

  • 2016.08.10 Wednesday
  • 16:22

皆様こんにちは(^^)

首都圏地域でも国鉄形車両の淘汰が進んでおりますが、近郊型115系の牙城だった

高崎支社管内の115系・107系が211系に置き換えされることが正式に決定して

高崎支社のHPにプレスリリースも掲載されました。

URL⇒http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/pdf/20160809_info.pdf

 

 115系1000番台 T1145編成 2015年5月10日 高崎駅にて

D51-498と共に出発を待つひととき・・・ 2015年5月10日 横川駅にて

115系の並び姿ももうすぐ見られないのは寂しい限りです。2015年5月11日 高崎駅にて

107系と115系がのんびり昼下がりのひと時・・・2015年5月11日 高崎車両センターにて

 

出発に備えて待機する115系 2015年5月11日 高崎車両センターにて

165系の床下機器を使った貴重なサウンドでもファンから支持をされていた107系

2015年5月11日 高崎車両センターにて

 

この光景もあと僅か・・・国鉄の残照がまたひとつ消えてゆきます。

 

115系1000番台・107系と共に今までよく頑張ってました。

今後はしなの鉄道などへの譲渡など話題も出てくるかと・・・

是非引退最終日まで無事故で最後を飾って欲しいと願っています。

【懐かし撮り鉄】2004年(平成16年)9月10日鎌倉総合車両センター一般公開(再掲載)20系客車・183系0番台・113系・101系国鉄車両祭り!

  • 2016.07.12 Tuesday
  • 12:43

皆様こんにちは(^^)

本日も懐かし撮り鉄の時間が参りました(笑)f^^;

今回はちょいと最近ですが、2004年(平成16年)9月10日にJR東日本横浜支社鎌倉総合車両センター

一般公開の画像をお送り致します。

※当時画像編集の際誤って画像圧縮をかけて保存してしまった為画質が悪い写真があります。

 

かつて国鉄大船工場として親しまれた鎌倉総合車両センターこの2年後2006年には

工場部が廃止されて鎌倉車両センターに改称されました。(横クラ)

この日は家族連れで賑わっていました。

工場地帯入口付近には沢山の工作車両が展示されていました。

コイツは「エスカルゴ」君 工場内車両牽引車です。なんともカワイイです(^^)

南武支線で活躍していた101系

「稲城長沼」幕が泣かせます。

当時鎌総に保存されていたナハネフ22-1(現在は鉄道博物館にて展示)

いつみても美しいデザインは色褪せないですね〜

なんと・・・解体されていた101系の残骸です。

当時(2004年)千葉房総地区ローカル運用で活躍していた113系です。

横須賀線時代はここが寝庫でした。

 

「通勤快速」幕を掲示した東海道線113系(横コツ車)

場所を移動中にこんなゲテモノ(笑)君も居ました(^^;

房総方面で当時現役だった183系0番台、隣は211系この並びも今は拝めませんね〜

やっぱり「国鉄」が一番カッコいいです!

 

この日廃車解体予定の101系君は子供達のお別れ落書き電車になっていました。

12年前ですからこの子供達も20歳くらいか・・・

工場内にはクハ185や253系などがジャッキアップされていました。

 

本日は懐かし撮り鉄シリーズちょいと前の画像をお送り致しました。

 

 

では〜                またまた〜         (^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

日本ブログ村鉄道模型カテゴリーランキング

日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックのご協力をお願い致します

現在の時刻

鉄道コム

鉄道コム
アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【ジオコレレイアウト製作記】新レイアウト 駅構内線渡りKATO ポイント 4番 脱線対策 究極の??工事施行しました
    くさたん (07/25)
  • 【ジオコレレイアウト製作記】新レイアウト 駅構内線渡りKATO ポイント 4番 脱線対策 究極の??工事施行しました
    大佐 (07/25)
  • 【ジオコレレイアウト製作記】新レイアウト 駅構内線渡りKATO ポイント 4番 脱線対策 究極の??工事施行しました
    くさたん (07/22)
  • 【ジオコレレイアウト製作記】新レイアウト 駅構内線渡りKATO ポイント 4番 脱線対策 究極の??工事施行しました
    横濱模型 (07/22)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<国鉄名車両列伝シリーズ>KATO 20系寝台特急「あけぼの」プチディテールアップ工作 車端部床下機器の取付工事施行しました(^^ゞ
    くさたん (07/20)
  • 【Nゲージ鉄道模型】<国鉄名車両列伝シリーズ>KATO 20系寝台特急「あけぼの」プチディテールアップ工作 車端部床下機器の取付工事施行しました(^^ゞ
    大佐 (07/19)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品発売情報】KATO10-1447 E001形<TRAIN SUITE 四季島>【特別企画品】発売予告
    くさたん (07/17)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品発売情報】KATO10-1447 E001形<TRAIN SUITE 四季島>【特別企画品】発売予告
    トータン (07/17)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品発売情報】KATO10-1447 E001形<TRAIN SUITE 四季島>【特別企画品】発売予告
    くさたん (07/15)
  • 【Nゲージ鉄道模型新製品発売情報】KATO10-1447 E001形<TRAIN SUITE 四季島>【特別企画品】発売予告
    くさたん (07/15)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM